陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

解凍しても美味しい♪インドのヒラメ

ヒラメの煮付け、冷凍解凍ヒラメ編。
ちょっと火が強かった😅、煮付けは難しい。
9ACB59C2-4448-4AA7-9398-EE800B615992
今回は、2月にINAで購入し、即冷凍したヒラメ(内臓、鱗処理済)を、使う時間に合わせて、冷蔵庫で自然解凍してから煮付けました。

魚の解凍は、かたく絞ったクッキングペーパーに包み、冷蔵庫でゆっくり、ゆっくりと……デリーの魚屋さん「大河」が、開店したばかりの頃、店主さんが、えっちらおっちら、それはそれはご苦労を重ねて日本から運んでくださった鮪の解凍方法をこう教えてくださいました。こうすると、確かに魚の水分が抜けにくく、ビシャビシャにならない。そして、それは何処の国へ行っても役立つやり方でした。
もちろん、その日に買った生の魚の煮付けには劣りますが、身はホロリ、しっとり。インドで買って冷凍解凍したヒラメ、
「あっ、冷酒ホシイっ!」
ってくらい、充分イケます😋。

これは夫が食した後のお皿。冷凍ヒラメ、完食です。
723659D2-705D-4E53-B8EF-BE5BB5618B88

彼はダメなところはたくさんありますが、お魚は綺麗に食べるのです。小骨の多いヒラメもこの通り。エンガワあたりは結局面倒になって、骨ごと口に入れ、吸い、骨を口から出す(しかも、手で😅)という、不細工な食べ方を私はしますが、夫は全てお箸で丁寧にゆっくり食べます。彼のおばあさんがそういう人だったそうです。

さてさて、コロナウィルス患者激増で、いつどんな決定が下されるかわからないので、再ロックダウンがあっても楽しく美味しく暮らせるように、ただ今準備中。生ものも同じく、出来ることから淡々と。パンデミックの暮らしって、大袈裟に捉えるのではなく、実は地味で地道なことの継続なんだナ…って思っています。
  にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

ドーサとホットサンド/夫料理インド編第三弾

先週末は、良人が台所に入りせっせと調理しました。

⬇︎こちらはインドAmazonのお菓子・スナックのアマポチが流行りの夫が、
「これはヒ〜ット!」
と喜んだドーサ。
E21BAC1E-9428-40AD-8CC2-1FEEAF41DF08


ちょっとレンチンするだけでふわっと軽いサクサク・スナックに。
EAB6D6A6-73D0-4BFC-AEEF-0AF94F030C35

コレはインド風アペリティフになりますな☺️。
C4DDCE69-7339-4C37-9B73-6D0A8EC43757
ビールにもスッゴク合います。
今はまだ外出できるけど、新規感染者激増で今後どうなるか予測がつきません。再びのロックダウンが始まったら、アマポチや、Amazonでないアマポチも開拓して、市場ではできない楽しみを見つけて行きたいです。

そして、こちらは夫作・ホットサンド。
988B1881-4C91-4B5D-AF31-807094BC3D31

実は私はランチパックを食べたことが無いのです。食わず嫌いです。何故なら、せっかく膨らんだものを、たとえ端っこであっても潰してしまうのが、なんだか気の毒で…。誰が気の毒って、パンを焼いた人や、膨らんだパンそのものです。おそらくこれは、20年以上前の初駐在時、インドでふわっと膨らんだパンが食べられなかった後遺症。当時もパン焼き器は持ってきていたけど、突然、しかもほぼ毎日来る停電に怯えながら(Panasonicのパン焼き器は1分なら電気が切れてもパン焼きが再開できる。だからパン焼き中に停電が来たら急いでジェネレーターに切り替え)それでも、焼きあがったふわっふわパンを食べる感動は、なんと表現して良いかわかりません。だから、端っこであってもそれを潰すなんて…その姿もあまりみたくない…と言う凝り固まった考えが私の脳内にこびり付いているのでしょう。

それはヨクナイ!
っと言うことで、似た発想のパン料理として、インドで買ったホットサンドメーカーで、良人がホットサンドを作ってくれました。
CC93FEF8-4AE2-4561-934E-47C25E7FDC79
パンは半分以上潰れていますが、カリッとして、「膨らんだ焼き立てパン」とは、まったく別の食べ物で、とても美味しかったです。
そうか、やっぱり私、頑固ものの食わず嫌いだったネ。日本に帰国することがあったら、ランチパックも食べてみようかナ。
幾つになっても、生まれて初めて体験ができるのはきっと楽しいことです。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

酷暑に冷た〜いスパゲッティ①/蛸と緑酢の冷スパ

夏だ!
最高気温39度だ!
冷スパのシーズンだ!
FullSizeRender
インドのちっちゃな蛸が、湯がくだけで、プリンと、でも、柔らかくて美味しい😋。
今回は土井善晴さんのレシピ「蛸の緑酢」を冷スパに応用しました。

土井善晴さんの「たこの緑酢」⬇︎


この緑酢にオリーブオイルを足して、冷スパのソースにします。
FullSizeRender
すりおろしきゅうりとニンニクと酢と薄口醤油(塩+少々醤油でも可)でつくる緑酢は、インド酷暑の熱さましになる、素晴らしいソースだと思います。
FullSizeRender

色目は土井善晴さんの緑酢と比べて悪くなりますが、食あたり回避の為、私は一応、熱湯をかけてからきゅうりの皮を全て剥きます(これからの時期の食あたりはツライ😂)。

皮付きで胡瓜を擦り下ろすと鮮やかな緑に。昨年退避中制作。コレは帰国まで我慢。
6826F155-44D5-480D-A062-47061A40EE47

緑酢は、蛸だけでなく、湯がくだけの冷しゃぶや、蒸したりゆがいたりしたささみやむね肉、お刺身、焼き魚などにも使え、応用範囲が広く、暑い日のお料理が爽やか〜〜な風合いになるのもヨイ、です☺️。

蛸は、INAマーケットで、見つけたら即キロ買いしています。
FullSizeRender
蛸は、買ってきた日もおいしいけど、冷凍→解凍→湯がく、でも、充分美味しいです☺️。因みに写真は解凍後湯掻いたものを使用。

天気予報の気温を見ていると、冷スパはこれから週一ペースで作ってしまいそう😅。
    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

マリーゴールドの花輪「マーラー」

このところ願掛けをしておりまして、毎朝、昔デリーで買った木仏さまにお水かけと、新しいお花をお供えしているので、近所の花屋に通っています。運の良いことに昨日、インド人がヒンドゥの神さまに捧げる、マリーゴールドの花輪「マーラー」を作る場面に立ち会えました。


その様子を動画にしてみました。

実は朝一番の涼しい時間に行ったら、前日に作った花輪しかなく、
「コレでいいよ」
と指差しながらいう私に、花屋のお兄さん達が口々に
「新しく作るよ」
と仰り、この場面に出会えたのです。
マーラーの値段は30円くらいのもので、それなのに、わざわざ新しい輪を作ってくださる…こんなところにインド人の信心深さや、「祈り」に対する真摯な姿を目にし、肌で感じ、清々しい気分になりました。花を捧げたり、贈ったりって、神さま仏さまや、亡くなった人、大好きな人、憧れの人にしかしないことなので、多くを語らなくてもその心内を理解してくださる花屋さんってやっぱり優しい人がするお商売だと思います。
朝の喧騒の中、花輪を作るそこでは、穏やかな時間が流れていました。
EDAE6CB2-4804-4E56-9491-FBFBDC813C45



マリーゴールドの中のお釈迦さま
09DD8B47-A3EC-4511-B9A6-D1508766307C

 にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

メロンシーズン真っ只中

インドのメロン。
FullSizeRender
小ぶりだけど瑞々しくて、柔らかくて安くて美味しいです。

イタリア産生ハムも売っているから、真夏の究極手抜き料理、生ハムメロンもサクッと出来てしまう。
IMG_6952
これからさらに気温があがるけど、暑くて調理する気が起きないときはコレに限ります。

また、インドの、ビールにもスパークリングワインにも合います。
FullSizeRender
オレンジの果肉も同じくらい美味しい。
IMG_7010
もちろん、朝のフルーツにも良いです。
IMG_6622
美味しいだけでなく、瓜類は熱冷ましにもなって、エアコンつけ過ぎ回避にもなりますね☺️。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へにほんブログ村
プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ