陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

オールド・グルガオンのアチャール(漬物)屋さん

自家製アチャールのお店へ行ったよ!
SNSで自家製アチャールとチャツネを売るお店があると、紹介されていたので、行ってきました。
南デリーから車で40分で、
↓街の様子。このごちゃごちゃ感。なんともまあ、懐かしい雰囲気。場所は、ドライバーさん曰く、オールド・グルガオン(グルグラム)。因みに「グルはヒンドゥー社会における「師」、グラムは村の意味」と、Wikiは言ってます☺️。む、村?あの巨大都市が???

⬇︎初めてグルガオンへ行った時のお話

 しかし、ここ、オールドに実際来てみると、ほんの数十年前は、グルガオンと言えば、「人がひしめき合う」という枕詞がつくとしても、元祖の村はここであって、日本人を含む多くの外人が住み、最前線の会社がひしめき合う、あのキラキラの街は後から加わった夢のような別世界…って事が実感できました。雰囲気は、いかにも、インドって感じで、オバハンの心は、郷愁でじわじわと刺激される。


さて、目的のお店は何処でしょう?運転手さんも迷っています。まぁ、休日だし、慌てない、慌てないって気持ちです。

迷い時間およそ5分で、到着。
7735E79E-8845-423E-82A2-08C6723B8400
ここが目的地のアチャール(インド・漬物)屋さん、Aachar Gahar。

*インド料理の付け合わせによく、マンゴーのスパイシーなピクルスがでてきますよね。あれのことをアチャールと言うそうです。また、スパイシーな甘く無いジャムみたいなの、あれはチャツネと言うそうです。

さて、肝心のアチャール屋さんです。
DCE93CEC-8A75-44E3-B7FF-45936EFE25EF
店内には幾種類もの自家製・アチャールがずらり。
きてヨカッタ〜!!

お店にはハンディキャップのある、お兄さんがいらして、一つ一つ説明してくださいました。

もちろん、試食ok。そしてインド人らしいディープな、お・も・て・な・し。いくつも、いくつも、いくつも試食させていただき、チャイまでご馳走してくださいました。1瓶ずつでよい、と何度も何度も何度も言っているのに、それぞれのアチャールを詰めるたびに、「2瓶いるか?」とお約束質問する生粋インド人お兄さん。ここに小一時間居るだけで、4コマ漫画ネタ満載。そのうちに可笑しみを越え、一瞬ジーンとし、胸がいっぱいになり、涙ぐんでしまった。
歳です😅。

お兄さん曰く、アチャールを漬けていらっしゃるのは彼のお父さん。お店は1989年にこのお父さんがオープンされたのだそうです。ということは、このお店はあの巨大ニュー・グルガオンの成り立ちをずっと見守ってきたのですね。

私たちに一番馴染みの深いマンゴーアチャールは、「おばあちゃんが漬けたの梅干し」のような、記憶に刻まれる、深い味わい。
0DC4ADE5-A36A-475B-BE34-B4E94EAFE143
こんなに湿度と気温が高い場所で、1年常温保存可能なんて、相当塩を使っているはずだけど、発酵食の特色で、塩味が丸い。発酵のおかげで、腸内フローラが育って、インド生活の中で、万が一食あたりしても、それらが自身の治癒力を助けてくれるだろう……、そんな味です。
2385B5DB-C25C-4FA0-9CD5-FA85B529376C

その他、ヒンガン・マンゴー、スイート・マンゴー・チャツネ、ジンジャー・ガーリック・チャツネ、スイートライム・アチャール、ガーリックアチャール、ジンジャーアチャール…などなど、とにかく日本のお漬物と同じで、インドには、家庭の数だけお漬物があるんだという事がよく分かりました。
07B221EC-63E4-4FFB-8B03-397387E9C436
2385B5DB-C25C-4FA0-9CD5-FA85B529376C



こんなに買ってしまった😅😋。

18F6DFA1-8A84-4867-8EAD-41C156C634BE

運転手さんの分もあと二つ加えて合計1250ルピー。お兄さんは、お釣りは結構ですと私たちが言った250ルピーを固辞されました。

さてさて さてさて、
「アチャールをアテに、インドビール!」なんて、最高だし、コレらで何か新しいお料理を作ってみよ~って考えていると、ワクワクしてくる。まずは、もうすぐやってくる「おにぎりアクション」用に、カレーではない、インド風おにぎりを作ってみようかナア~…楽しみ~~。

↓場所
220/5, Jacobpura, Sector 12, Gurugram, Haryana 122006 インド  ここは、人を選ぶお店と、思う。インド好き、インド料理好きな方々を是非ともお連れしたい☺️。
Aachar Ghar +91 99995 97758 https://goo.gl/maps/Fzwbbjfnatue7Xg47

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村



Yukettaのラダック紀行(2)〜1日目

ラダック到着
65AF5B7F-942E-4133-A278-C8454438A695
デリーを出ておよそ1時間弱、飛行機が高度を下げるとラダックの山々が見えて来ました。無事到着です。
41B9BDBB-6517-40E7-89C0-E1052B2BC2B7
空港内は、迷彩服着用・長い銃(名前なんていうの?)持った人が数人(顔は穏やか)。撮影禁止。ここは中国との国境地帯で係争地であった事を目の当たりにしました。

空港トイレは、旧式和式、トイレットペーパーは、無し。これからの旅を前に、デリーで拍子抜けしていた気が引き締まりました(コレは、高山病回避の水分コントロールもタイヘンダ😅)。

通信事情は悪いです。同行した人のうち、Airtelだけが通じました。
また、日本からインド入りした時に提示する必要がなかった、PCR検査陰性証明がここでは活躍。用紙に氏名、パスポート番号、ビザ番号、これからの所在地(ホテル名)を手書きする。時間はかかるけど、誰が何処にいるかキッチリ管理。それは緊張状態地なら仕方がないナ、と思いました。係の人は皆さん、穏やか、親切、仕事は丁寧。

ラダック・レーの宿
ウェルカムで、白い光沢のあるふわっとしたショールをかけて頂きました。これは後で宗教的な意味合いがあるのだと知ることになり、ここからすでに、チベット仏教と共に旅はありました。

宿は、「Hotel Singge Palace」。
Singgeは、ライオンの意味と、ガイドさんが教えてくださいました。チベット仏教に登場する神聖な動物、雪獅子のことでしょう。
宿のスタッフの皆さんは、とても親切で誠実。
部屋は豪華ではないけど、清潔です。お手洗いは水洗、トイレットペーパーがありました。また、石鹸、シャンプー、コンディショナー、ボディーシャンプー付き。シャワーは温かいお湯がすぐに出る様になっています。湯船は無しです。Wi-Fi完備されており、通じやすいかったです。
部屋の広さは…日本の隔離ホテルより広いかナ😆。

レーの街並み
ラダックの中心地レー。2CAC5D70-89D5-44DC-B263-DC83D101CDAF
多くのディーゼル車が走る。理由は、価格がやすいから。
2BA2EA71-1581-493E-8855-5116035651A3
バイク少年、顔が写らないように~と、カメラを構えたのに、先頭少年は、後ろの彼にも合図し、カメラ目線を要求し、私のスマホに向かってピース。若者らしい茶目っ気が可愛い。しかし、ヘルメット無しです💦。どうか、気をつけて青春を謳歌してくださいと、後ろ姿を見守る。
C5F21A14-CE7C-43A8-8E93-2832864F897F
空が怖いくらい青い。

旧レー王宮
5E3DB063-B199-4A5D-90BA-B5B372ABD66B
タルチョ(山頂や峠橋に結びつけられ、経文が書かれた五色の旗)の、それぞれの色の意味は、
青-空/宇宙
白-風
赤-火
緑-水
黄-土
険しい岩肌の頂点にこのタルチョがあり、それを見上げた右手に、旧レー王宮の門。
DD4A922E-47FB-443E-B94E-AC58CD92624A
王宮と呼ぶには、西洋のそれと比べ、慎ましい建物。
標高3500メートルから、6000メートルを臨む。
旧王宮から、ラダックぐるり。 王宮は、街を見下ろし、360度様々な表情の山肌を仰ぐ。


8CA28D21-A4C2-4D5D-8C65-C60D94042CBA
ポーズを取るときに照れのないインド人。きっとみんな天性の役者なのだと思います(^_-)。


D16A534B-94C0-4363-90AE-207431AB0A99
慎ましい王宮には、仏間がありました。ほっこりと精神が休まる空間。
53103E65-7992-4272-90B5-D9D279856B86
ダライ・ラマ法王をはじめ、さまざまな高僧の写真が祀られいる。ラダックの仏教徒は朝晩の祈りを欠かさないという。しかし、ダライ・ラマ法王は、祈りの回数ではなく、理解をすることが大切と仰ったそうです。
1C91207E-1E27-466A-B55E-DD636F2BC7B3
貴重なものでしょうに、幾世代をも超えて来た経典をサクッと見せてくださった。
8073D613-5061-4038-8923-9F02027F20A6
ウィスキーの瓶にお花。
8A1F1BF9-C197-45F2-8B8C-D904188479D5
「チベット仏教徒は、おおらかだな。」
と感じました。しかし、その時にガイドさんの説明にあった「パンチェン・ラマ」を、後から調べてみてからは、チベット仏教徒の、おおらかさや笑顔の奥には、パンチェンラマ・ラマ10世の無念や願いが潜んでいることをしっかり心に刻もうと思いました。
C74B8D60-796D-4D04-98BB-5B78E4C49D78


バイクもけっこうみかけました。
43168833-B15B-4B89-8196-2E1E2BDB344B
ここにもタルチョ。きっと安全運転をされる方ですね☺️。


シャンティ・ストゥーパ(仏塔)
24D6CC92-C049-46DD-A2F0-7F0A8E8A469D
暮れなずむ山々に堂々と。なんだか新興宗教の建物っぽい(批判ではありません)作りだなぁと、感じたのですが、これは、1985年、日本山妙法寺によって建立された仏塔でした。景色は素晴らしいです。



1日目のラダックごはん
ストでレストラン等がお休みだったので、ホテルの食堂で、頂きました。
◉マサラパパド
50CF9794-3FB1-4F1A-97A4-4FE231016EB8
マサラパパドを初めて食べたよ!
辛くて美味しかった~。
毛穴がうわっと開きました。

◉トゥクパ
D6FE2D0A-4ABE-4BC6-9652-DE948E026D3C
チベット風肉うどん。旅の初日に優しい。
また、初日にラダック料理が頂けました。

◉シェフのスペシャル中華風鳥料理
A23F3513-11DD-4F5D-A79A-29D4A3B99B5C
ラダックは中国との国境でもあります。

◉マッシュルームのお料理
F425A09D-832B-40F4-943E-A99FEA03A9B6
名前を忘れました。衣につけて揚げたマッシュルームにソースが絡んで、美味しかった~。

◉シャンティ・ストゥーパで頂いたハーブティー
73061B4E-D648-420B-8983-CA6548726096
右/ラダック・ハーブティー。優し爽やか。干したお日さまハーブの香り。
左/チベット・ハーブティー。優し甘み、ジンジャー蜂蜜ハーブ入り。寒い時、あったまるだろうなあ。

体調
お食事は美味しく感じたのですが、いつもより満腹感が早くきました。酒量も同じく、あまりたくさん呑めません。尿意は感じますが、量が少ない。また、靴下の痕が足首についていたので、身体が浮腫んでいるな、と思いました。早めに床に着きましたが、身体が火照って入眠できず。寝るのは諦めて、本を読みはじめました。そして、ようよう火照りがおさまったなぁと感じたら、知らないうちに寝ていました。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

カレーうどん

インドだからひよこ豆入りだよ!
IMG_2325
バサント・ロックにも出来たSeela Martで見つけた、冷凍うどん、使えます☺️。
サイト↓
Seela MartのFacebook
好みを言い出せばキリが無いけど、外国で使う冷凍うどんとして、私はこれで充分アリガタイ。
これからも購入します。Seela Martは宅配もアリ。

実は良人が旅行後半からお腹の調子が悪いと言います。
しかし、
夫:お粥はイヤだ。
妻:じゃあ素うどんは?
夫:カレーうどんがいい。
ふーむ。こういうの、「ワガママナヒト」と言うのではなかろうか🤔。

付け合わせは、芋だけ煮☺️。
FullSizeRender
器は前任地の骨董屋さんで求めました。
IMG_2336

可愛い子だけど、いずれここ、インドでお別れすると思います。器も一期一会。縁ある方の元へ行くのでしょう。だから、使えるうちに使って楽しく写真UPしよー🥰。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Yukettaのラダック紀行(1)~旅準備・出発まで

連休を利用し、インド国内旅に行って来ました。インド国内旅行は初めてではないけど、今回の駐在が決まってからは、初めてです。訪れたのは、インドの最北部、チベット文化圏でもあるラダック。なんと昔は一妻多夫制だったとか。インドでは、何処の土地も「なんじゃ、そりゃ!!」な刺激を与えてくれるから、今回も楽しみにしていました。


ラダック旅準備
①出発二日前/PCR検査
インドのPCR検査は鼻と喉両方です。
IMG_2320
費用は500ルピー(750円くらい)。
検査したのはこちら↓ 
8C55CFDC-2D5B-47AA-A9A5-B1BD1F34177F

②前日
高山病回避のために、良人が準備してくれたダイアモックス。
F9248A7F-B760-4734-9BAC-65A398E322F2
高山病対策を色々と読み、最終的に自分の判断で、半錠1日二回を、出発前日から服用しはじめました。
B4C0197C-A74B-48BF-AD4F-27BF84B3412F
一錠4ルピー(6円くらい)。
副反応は、ビールなど、発泡する飲み物を甘く感じることです。
◉その他の“私の”高山病対策
※水分を頻繁にとる
※深酒をしない
※無理をしない
・頭痛時にはロキソニンが役立ちました。
   ○全て個人的な考え・行動・感想です。

③前日・その2
☆ラダック予習・ラダックの便利な言葉
◉「ジュレ〜」
こんにちは、ありがとう、ごめんなさい等々に使える振り幅の広い言葉。良人と一緒に、sachi jokoさんに合わせて練習しました。これは、もの凄〜〜く役に立ちました。

④その他
☆ラダックの気候◉観光シーズンは、4月から10月上旬
◉雨季は7月中旬から、8月中旬
となると、酷寒でないラダックの風光明媚を満喫するには時期をよく考える必要があるでしょう。
☆旅の装い
8月末の旅でしたが、今回は、パンゴンツォ泊があるので、半袖から、ヒートテック、防日差し、防寒の為の軽め・大きめショール、ダウンまで、日本の夏から12月初旬装いの準備をしました。靴は軽いウォーキング用のシューズのみ。インド式用足しが出来ない人(←ワタクシ)は、トイレットペーパー、携帯ティッシュは必須です。


☆必要書類(2021年8月現在)
◉陰性証明
◉FRRO
◉パスポート

さあ、これで準備は整いましたヨ!!




出発日
デリー国際線空港は、トイレ個室全てにトイレットペーパー。身構えていた私は、嬉しく拍子抜け。
ポーターさんに安心して頼れるだなんて、だなんて、なんて、、んて、、、て、、、、…と、心の中でエコー。
70AB9898-8DA1-4101-8F6B-7FFF1F41C59F
インドは随分と旅しやすくなりました(セキュリティは厳しい、従って時間がかかる)。

飛行機は満席。
34A7FA58-C531-435E-98FC-0F112FC48EC2
真ん中の席は防護服を着なくちゃいけません。でも、インド・コロナ対策、ここまできたね。よかったナア。
また、以前に比べて乗客に若い人が多くなったなぁ、と、またまた感慨にひたる…。

出発後1時間で、ラダック到着。76683628-A366-4FD2-BC72-82FB5996055D
ラダックの面白空港。

さて、どんな事が待ち受けているでしょう。
きっと、Aal Izz Well な、旅に☺️

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

デリーの高くない家具屋さん

私は、家電、ベッド、クローゼット、テーブル・ソファー付きの借家に住んでいて、インドは本当に暮らしやすくなったことを日々実感しています。しかし、便利さに慣れてくるとさらに欲しいものが増えてワガママになってしまいます。

最近ずっと、あったらいいのにナア、欲しいナア…と思っていたのが、ちょっとした台。しかし、大きなモール等で見る家具は恐ろしく高い!また、アナタは何処の国の人ですかと、家具に尋ねたくなるほど、インド感個性がまるで無く、ツマラナイ。
それに、数年後は帰国で、持って帰ることの出来ない家具にお金をかけるのもナア…と考え、色々探していたら……ありました!
⬇︎


車で10分以内で辿り着ける、小さな家具屋さん街。
そうそう、こんなマーケットで昔は家具を買いました。
あの日も暑かった。
IMG_1193
しかし、
休みの日なのに、お客さん、少な〜い!
昔のような活気も、な〜い!!
面白家具が色々あるのに残念ダ。
IMG_1191
IMG_1194
我が家は、550ルピーのこれを500ルピー(750円くらい)にしてもらい、3つ買いました。⬇︎
IMG_1379
こ〜んな風に、ハゲハゲ+ガタガタがあると、
「懐かしのインド感」があって誠にヨイ。
IMG_1378
お手伝いさんが、私の古いハンカチにアイロンを当ててのせ、緑を置いてくれました。
FullSizeRender
これは、来るPM2.5シーズンに備えた室内緑化計画にも、一役買ってくれそう☺️。
また、買いに行っちゃいます🥰。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ