宿もよかったし、シッキムはもっとゆったりと過ごしたい場所でした。この時期、3泊もすればきっと素晴らしい御来光と、朝日に輝くカンチェンジュンガが仰げた思います。名残惜しいけど、次の目的地へ。
3AC03262-D3D6-41C7-B3D7-F395D7A66129


ガントクの露店で買い物
ダージリンへ向かう道の途中に、露天がひらかれていました。 
55377C06-66DD-49DE-B77D-CF18809561C3
↑キネマ(納豆)。
👇開けるとこうなります。IMG_6705

6B46A340-7C20-4399-8EF9-839D4F2F7ADC
↑干しキネマ

2871B34A-5BBD-45A9-8C77-50FE0F66470D
↑グンドゥルック(無塩発酵の乾燥青菜)。

とうもろこしを熾火で焼いています。
93E8DA88-CD66-4917-B18E-D1C8B042048D
C6FDED19-C2F5-4490-9B06-87F6FE278117
7FB41F56-B567-4CA6-9F5D-9C0A4FDC7AB3

お母さんが、焼きとうもろこしにこすりつけたのは、レモンと塩。


E8572CB8-3E24-468C-9BBE-4A4DCC6E4195
食感は、カリッ。甘くなく、酒呑みが好きな味でした。

再びツーリストセンターへ
IMG_6027
シッキム州を出る手続き。
安心した場所で、お手洗いを済ますことができるのはありがたいですが、入境手続きは時間がもったいないなあと感じました。

州境のビューポイント
ツーリストセンターを後にし、ダージリンへ向かう途中のビューポイントへ。
FullSizeRender
右上が、ガントク、その下がカリンポン、左上奥がカンチェンジュンガ、左手前がダージリンです。
空気が澄んで気持ちヨカッタ~。


茶畑
AA5A5F5A-4F75-448D-BEE9-8D586B839CAE

ダージリンの茶畑に、少しだけ足を伸ばしました。


0AB82BBA-9AFD-4047-B758-345C398096D2

お茶は先の芽のあたりだけ使うのです…等の説明を受けましたが、11月現在、本格的な茶畑巡り工場見学はまだ再開されていませんでした。流行病が、早く治って経済が回りますように、祈るばかりです。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村