「シャトー ドゥ ポンディシェリ」という、おフランスな名前のお店を教えてもらったよ。
6F7E21A3-D822-4807-A5B0-B9D6E7EC639C

ポンディシェリは南インドに位置する首府の名前で、元フランス殖民地。お店の名前はそこから。シャトーという慇懃さはなく、カジュアルで気さくなマスターが仕切るお店でした。

「おお、これは!」と思ったのがココナッツ・ラッサム。
58362942-EE86-4F60-8DDA-2B06508DC713
タマリンド酸味がないラッサムを初めていただきました。エビが入っているのですが、もしここに酸味が加わったら、濁り系トムヤムクーンではないですか!帰宅後、タイとの緯度関係を見てしまいました。やっぱりベンガル湾ぐるりから、南シナ海へ至る、海繋がり・アジアばんざーい食は面白い。
BBF112E6-4555-4F87-A4E4-53151A95B2BB

最後にオーダーしたトゥルシーのお茶には可愛い茶漉しがついてきました。
D4C2CF5E-A3E3-4D72-AA6A-93DEF6828420
オベロイやハイアットのティールームよりも、自国のお茶に対して真摯です。インド人のお茶愛をしっかり感じることができました。

フランスの元植民地であるベトナム料理も評価が高いから、実際にポンディシェリへ行ったら、「おお、これは!」の連続なのでは⁉️と、空想。
行ってみたいナア。

↓お店のWebサイト


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村