陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

インド到着まで

先ずは疑え病


子持ち黒カレイの煮付け。
8A9035BC-84BC-4F2B-B83F-F527E6BE77E7
切り身をそのまま調理出来る…。日本ほど魚を料理するのに恵まれた国はあるでしょうか?しかも安くて美味しい。
ありがた~い😂。
CF59295E-A149-4AA8-8B9B-8F50E944FE0B
しかし今回は調理前についつい、手が勝手に動き、皮部分をしっかり包丁でなぞり、ちゃんと鱗が取れているかを確かめていた。5ヶ月しかいなかったのに、既にインド在住特有の「先ずは疑え病」が染み付いている~😅。

20年前のインド赴任中は、帰国すると、母親に
「お姉ちゃん(私のこと)が、怖くなって帰ってきた。」
と、泣かれた。
ロックダウンと、隔離でおそらく尖っていると思う。母のような本音をぶつけてくれる人はもういないので、数少ない友人を失わないよう、言動に気をつけよう…。



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


デリー到着

到着時刻が近づき、機内の照明がレインボーに
5700BBB7-E2DD-45CF-8D8A-E870BD61601F

定刻前に無事到着。
8E89166A-814B-48A1-8C40-8CEEFC3E82C0

機内から出ると、空港内では乗客はマスク、フェイスガード使用を求められますが、なんとCAさんは全身防護服。着陸と同時に着防護服を着て、お客さんをテキパキと案内するCAさん。じっと飛行機の扉が開くのを待っているだけでも汗が出てくるからCAさんは、大変でしょう。頭が下がります。
また、現在コロナ最前線で働く人々はこんなに息苦しい状況で一日中いるのだと、改めて大変さを実感しました。
機内を出ると、フェイスガードとマスクを通り抜け、ふわっとスパイスの香り。
インドに私、戻ってきたのですね〜。と、一瞬の感慨。が、しかし、ここから最大の難関、入国です。気持ち引き締め!
 接触アプリをやパスポート、陰性証明の書類等がすぐに出せるように準備したのですが、ボーディングパスに、「アナタの陰性証明書は大丈夫ですよう」という証明スタンプを押してもらってからは、他の書類よりもボーディングパスを何度も提示することになります。
 税関検査を通った後、到着ロビーの出口でも、パスポートよりも、そのスタンプのついたボーディングパス提示を求められました。普通はここで盗難に遭わないように、きっちりパスポート類をしまい、空港建物の出口に向かうところですが、この建物の出口でもボーディングパス提示を求められるのです。
 だいたい、ボーディングパスって飛行機に乗って着席した瞬間、必要度が一気に下がるので、大抵私はコートや手荷物鞄の奥に仕舞い込んでしまいます。提示を求められる度に、深く仕舞い込んだボーディングパスをわちゃわちゃ取り出す……(^^)って事を何度かやってしまいました。
CED20CC9-C29D-40EA-81BE-31A78F2F3786
一方、空港で提示を求められると言われていた接触アプリは、一度も提示しないですみました。
コロナ感染状況も、一週間後にはどうなるかわかりませんし、そのため、その対応にあたる人々もご苦労されていることでしょう。今後も規則や情報がクルクル変わると思われます。ですから、想定外の出来事が「ボーディングパスを何度も何度も見せる」、というくらいですんで幸運だったと思います。
また利用した航空会社ANAのインド人スタッフさん達が、とてもよくしてくださいました。フェイスガードが曇って、自分の預け荷物を探すのにも苦労したのです。そうそう、羽田で荷物の写真を撮っておいて良かったです。自分の荷物写真を見せるとスタッフさんが探してくださいました(ありがたかった〜(/ _ ; ))

29EFA941-E730-46EF-9A98-EF731A0D7023

20年ぶりのインディラ・ガンディー国際空港。
まるで別の国です。
AEC58513-D40E-405D-B969-7F89E6ED1F99

懐かしい雰囲気が少し。
さて、ここから私はインドの変化に何度も驚くようになります(驚きすぎてヘトヘト)。
南アを出て10ヶ月の退避を経てようやく引っ越し完了。
またよろしくね、インドさん。


追記
こちらのサイトの各国の感染状況や出入国情報がわかりやすいので、インドのページを貼っておきます。
https://townwifi.com/aftercorona/country/india/
トップページはリンクに貼っておきます。









 

羽田空港離陸

インドに入国し、一週間が経ちました。
ここまでのメモ書きをこちらに残します。
 
まずはPCR陰性証明の件です。
Jetroのこちらのページ(https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2020/2c20af56d573a1f7.html)にあるように
 ◯英文陰性証明書をアップロード
 ○申請受諾レターの受領、印刷
までは準備したのですが、羽田空港のカウンターで新たに書類を書くことになりました。これは、昨年既にインドへ出発した良人も知らなかった書類です。
9D6E04F8-D0EB-4182-83E0-C1E950440785
入国の折に提示を求められると聞いた、
CED20CC9-C29D-40EA-81BE-31A78F2F3786
日本のcocoaにあたるインドの接触アプリ等わかっているものはあらかじめ準備しましたが、このように、インド入国に必要な事柄はクルクル変わっている最中なのだと理解しました。今後も入国・出国は突然の変化に対応できるよう余裕を持って行動しなくては。
とはいえ、退避時間も長かったし、丁寧に準備したつもりが年明けからドタバタになってしまいました。
初駐在から全く成長しない私です。


カウンターで荷物も全て受け取ってもらえ、パスポートコントロールも無事終了!
ラウンジでホッと一息。
CDE99191-574D-4337-8731-9F2423D15635
大好きなコンビニおにぎりともしばしお別れです。

空港は、出発ロビーも含め、非常に静かでした。
F82B5772-3725-453B-85AA-C7DE510C9517
免税のブランドショップも閉まっている。
今頃なら春夏ものの明るい新作が、それは華やかに飾られていただろうに。高級店は縁がないけど、こうしたお店はウインドウの洗練された品物を見ているだけで、「いつかは、いつかは!」という思いを刺激し、どんなにか旅人の心が明るくなるものだったのだろうとシミジミ。
どうかコロナさん、この辺りで鎮まって頂けないでしょうか。お願いします。

1FAC9F99-51D4-45A2-93F3-705BB8F2C25E
 

さて、出発です。1月8日に宣言された緊急事態の事もあるのでここまで来ても油断できません。
 2347FB6A-9208-4110-B59C-0253B57A434C

飛びました。

今回は飛んでも、インドに入国するまで喜ばないように(飛行機が引き返しなんてことになったら凄くガッカリするから)しようと自分を戒めていましたが、それでも離陸の瞬間は嬉しい。
飛行機会社さん、大変なときに飛ばしてくださり感謝、感謝。

D0C8DA86-5FD8-48DF-BB51-387DCDE385FA
離陸後暫くしたら左手に富士山。パイロットさんありがとう。
富士山に住まわれる神さま、ここまで守ってくださりありがとうございます。
少しでも役立つ人間であるよう頑張ってきます!

〜次回は到着の出来事〜

渡航前PCR検査


渡航前pcr検査をしました。


http://www.kameda-kyobashi.com/ja/consult/SARS-CoV-2-PCR/index.html(亀田京橋クリニック)
IMG_4184
◉検査の流れ
平日午前8時15分、午前8時30分の2回検査、結果と陰性証明を同日16時30分~17時の間に受け取れる。

◉検査の様子
クリニックの体温検査計は、マスクをしていない人が前に立つと、アラームが鳴る😱。
受付は、症状の無い人のみ。
検査は、長い綿棒のようなもので鼻の奥をグリグリ、グリグリ、更にグリグリタイプ。

基本的に、検査室に入る人は技術さんと、検査を受ける人のみ(我が家は、夫婦二人で入室)。
技師さんは全身防護服の上、ゴム手袋は二枚重ね。一人の検査が終わる毎に手袋を一枚外し消毒。そして新たな一枚を重ね直す。

技師さんのグリグリ技術はスペシャル!と思う。私は、涙はじわっとでたが、クシャミも咳もでなかった。
もしクシャミが、ブシャーっと出て技師さんにかかったら、あの防護服を着替えなくてはいけないよね。また、集中力が求められる技術だと思われるので、一日何時間もできるお仕事では無いと納得。


◉検査結果
午後4時半、良人が結果を撮りに行ってくれた。結果は陰性。元気だけど、少しは心配だったのでホッ。

お値段は😭😭😭。
簡単な検査では無いが、せめて、人生の大切な区切り、冠婚葬祭の前日くらいは、もう少しハードル低く受けられるシステムができるといいね…と、独り言ちた。


◉陰性報告書
A605F3DD-7C62-4889-9D4F-1EB1A42ECB71

夜、良人が陰性報告書手続きをしてくれた。
ありがとう。

お刺身祭り〜その2

おさしみ祭り第二弾
376BDED1-4898-41CA-9A16-4874F4793522
 
ホタテのオレンジカルパッチョ。
9925E14A-ADF6-4CD9-9E15-256EA7426699


具材を切って並べるだけ、味付けは塩とオリーブ油だけ。
73DA91FA-85F7-4818-83C6-2B9C3984ACFB
食べる前にぐしゃぐしゃっと混ぜます。
 
カンパチの昆布締め柚子皮和え。
DE695E86-3B7C-4364-9DE6-3DBBD8A790D0
歯応え、舌触りがサイコーです。

 FCB2F934-DF3E-4C55-A787-83875B073DD1
サーモンのクリームソース。
87D40ACC-2DA1-4D17-8386-C4E9A9234797
サーモン、トロトロで美味しい(^^)

34556325-5E76-4543-8D13-53BCD59296C9
ソースは、マヨ、生クリーム、おろしニンニク、わさびをくるくるです。
DB609965-F1C0-4FF1-A281-8FF808E3B544
 
あとは、昆布締めではずした昆布で、大根の煮物。
BAFE6296-1E08-4D0E-AB39-2E572E15F1AA
日本の冬大根、柔らか〜い、サイコー!!
AE4107C2-6454-4FFA-9533-E0BE82E1AE57

気がついたら、お篭り期間おさんどんもあと少し。
あっという間でした。

プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ