陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

デリー風景/生活/観光

変わってないインド

コロナ禍だったので、多少のチョロまかしは目を瞑ってきたが、最近、それが目に余る件続出。
デルタはつい昨年の事。しかし、ああ、インドではコロナが終わったのね。よかったね。だが、なんて立ち直りの早い、逞しい人たち。

そう来るなら、こちらは戦闘体制モードへ切り替え。つい先日もヒジョーにムカついた一人の横柄なインド人がいたので速攻遺恨を晴らすことに。最後にムカつきインド人の連絡先を「舐めんなバーカ」と言いながら削除。その時
「あっ、やっと本当のインド生活が始まった」
と感じました。

 自分が相当守られている生活をしているのは分かるし、これを言わなきゃ、考えなきゃダメなのかと、思うとガックリするけど、やっぱりダメなものはダメ。いちいちガックリしないレベルへ自分をバージョンアップ。
 二十数年ぶりにインドに来たばかりの時は、インドの大変化に目を奪われていたけど、やっぱりインドの根元部分は変わっていない。残念ながら。
FullSizeRender
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

トゥルシー(ホーリーバジル)の根元にお線香

シバナンダヨガセンターの仏陀像の前にあるトゥルシーの鉢から煙が出ています。
「えっ、なんで?」
と言いながらそばに寄って、よく見ると、鉢の中で、お線香があげられて(倒れて)いました。
前にも書きましたが、インドの人々は、トゥルシーにお祈りをするそうです。
4263F1BA-0A9B-4147-96A4-D8E46EC5A84A
こんなんでヨイの?という、お線香のばら撒き方が、いかにも、いかにも、インド的~だけど…
これ、いい!
我が家も真似っこしよ🥰。
この雑な感じなら、私にもすぐ出来そうです😅。

ソウダ!
新たに買ったトゥルシーを大事に育てて、玄関に置いて、お線香あげてみよう!
きっとこれからやってくる、モンスーン怪獣のどんより邪気が払われるね✨。
楽しみ~、わくわく、オーム🙏(落ち着け自分)。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

国際ヨーガの日

ハッピー・インターナショナルヨガデー!
昨日は、国際ヨーガの日でした。この日にインドでヨガができて幸せです。

ヨガ友さんとの心地よい距離感
先週、ヨガ友さんに、ヘッドスタンドのワークショップと先生がアメイジングだったと話したら、たまたまそこに瞑想の先生がいらして、この先生の瞑想のクラスも素晴らしいと彼女は教えてくれました。
「瞑想って退屈しないの?」
とたずねたら、その先生のクラスは6段階に分けて瞑想をするそうで、
「全くもって退屈しない」
と決然と言いました。
退屈しない瞑想⁈
興味がググッと。恥ずかしながら、私は瞑想すると、グウッと寝てしまうのです。座禅なら幾たびも警策を頂くことになるでしょう。愚かな私にも助けになるかもしれないから、次回のワークショップに参加してみよう。一方、ヨガ友さんは次回のヘッドスタンドに参加するそうです。お互いに情報交換したらサクッと帰宅。お茶で言うところの淡交が心地よいです。

 IMG_5087


苗木屋さんに来たよ
さすが、マリ(庭師カーストの皆さん)さん、全ての植物があおあお、いきいきと!
IMG_5282
この一ヶ月の酷暑で、緑を保つのは大変だったでしょう。労働する人は尊いです。

IMG_5286
花をつけた韮があったので4つほど購入。可愛い花韮は、サラダのトッピングにするんだ~♪。
IMG_5303
それから、なんと、なんと、なんと、トゥルシー(ホーリーバジル)がいっぱい!
IMG_5288
IMG_5292
IMG_5287
ズラ〜っと右にも左にもその裏にもトゥルシー、トゥルシー、トゥルシー。
家にあるのに一鉢買ってしまいました。
運転手さん曰く、インド人はトゥルシーにお祈りするそうです。彼ももちろんそうだとか。
確かに、摘んでも摘んでも花芽をつけるトゥルシーを前にすると、自然に「ありがたい」という気持ちが湧いてきます。御来光と一緒だね。せっかくインドにいるから、私も花芽を摘む前に、この聖なる苗に手を合わせよう。





ハッピー・インターナショナルヨガデー
昨日、シバナンダヨガセンターの仏陀像の前には、トゥルシー(ホーリーバジル)が置かれていたよ!
IMG_5363
ナムナム。
朗らか爽やか静かな気持ちになります。
今日も明日も明後日も誰にも彼にも、
平穏な日がやってきますように。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

インドでビジネスシャツを作る/夫用テイラー探し

近所のテイラーさん
私は、歩いて3分の近所のテイラーさんにブラウスをお願いしているのですが、その仕上がりを見た夫が、不満気です。
E81E7AD7-7893-4B8F-8F2E-D8671A4A9F46
私は可愛いと思うのだけどナア。縫いの細かい仕事が、今ひとつなのだとか。
「コノヒト、着る物に、こんなに拘りがあったけ?」
と、夫について暫し自問…………あっ、そう言えば、夫の前々前々職場はアパレルでした(なんちゅう悪妻じゃ😅)。そこで、運転手さんに事情を説明。「よしきたマダム」とばかり運転手さんはデリーのテイラーさんをリストアップ。こうして私たちの「夫用テイラー探し」が始まりました。

3月某日
Nehru Placeの生地屋さんHP Singhに、良人を引っ張って行ったよ。
F50EFE93-DB5A-43ED-B305-2CF3DEACCFC9
始めは、「ネーループレイスと言ったら、電気屋街じゃないのぉ?」とぶつぶつ言っていたのに、ここのズラ〜リ生地を見た時、買い物好き夫の、煩悩がむっくり。その着火瞬間を見ました😆。
まずは、シャツを二枚ここで作ってもらいましょう。

ワタクシ用の生地も含めてしまった😚↓。
D439A18F-BFCA-4400-BB6D-503AF5BD1B3C
1DCA5F06-35C7-492A-A4BD-63B5939594E1
こちらが値段表。ビジネスシャツを2着のために採寸をしてもらいました。仕上がりは一週間後。


https://g.page/hpfabrics?share


5月某日・二店目/Mobeen Tailors
運転手さんオシ店。ありがとう、運転手さん。
98F93F52-660F-426B-9511-E85ABDB388E9
↑ここは、カーン・マーケットの昔からあるテイラー。お店に入ったとたん、「あっ、私ここ来たことある!!」と、初駐在の最初の頃に、先輩奥さまに連れてきて頂いた記憶が蘇りました。インド生活は大変だったけど、日本人同士の助け合いが苦でなく感謝だった良い時代でした。
1A18532B-B548-4057-84EA-479AA5DD6613
 さて、先ずは良人のビジネスシャツ用の採寸と生地選び。さすが、カーン。最初に出されたコットンの手触りがしなやかしっとり。
 HP Singhは、これでもかっ!ってくらい、たくさんある生地から選ぶ、生地選びを含めて楽しみたい方のお店です。しかし、ここは大体の好みを言うと、さっと、そして次々とインドお商売方式で生地を出してくれる。ある程度目的が絞れている方用。お店を吟味しに来たのですが、私たちもお店に吟味されている。おそらく常連になればお客の好みを把握し、一目で本日の顧客の目的を感知するお店でしょう。
B141BDE7-92D8-4017-B676-ED7694EC8006
 そして、お値段も立派、仕立て代込み1着2400ルピー。接客は丁寧、昔ながらのインドを感じます。出来上がりは一週間後。




インドのテイラー
 テイラーのうち、半分はムスリムの人と、ドライバーさんが教えてくれました。ふーむという気持ちをTweetしたら、インドに長くいらっしゃる方が「針で縫うという行為が不浄とされていたという話を聞いたことがあります」とリプライをくださいました。世界で見かけるインド人テイラーさんは、もしかしたらそうした人々、所謂、インドの宗教の少数派なのでしょうか? 彼らの逞しさを思うと、さもありなんという気がしてきます。また、ヒンドゥ教をはじめとするインドの食の禁忌の複雑さを知ると、ムスリム等、国内ではマイノリティにあたるインド人の方が海外で生きて行きやすい気がします。海外生活って母国の食生活からどうやって折り合いをつけるかにかかっているので。しかし、この辺りは曖昧なので、もう少し知識を深めていきたいです。



6月某日/三店目・Vedi Tailors/コンノート
IMG_3481
 こちらはシーク教の方が開いているお店。
シーク教は、インドの中でもっとも自由な宗教のひとつという印象を受けます。そして、みなさんよく働く、という印象も私は持っています。最初にかけた電話の声主は、ごちゃごちゃ喋らない、簡潔且つ、ラブリーな、愛嬌のあるおじさんでした。運転手さん曰く、夫の会社の人もよく利用していたし、今はテイラーはたくさんあるけど、昔はテイラーといえばここだった、とのこと。入店しても思い出は蘇らないので、おそらく私には初めてのお店です。しかし「この店、面白いかも!」と感じ、夫を連れてくると約束し、店を後にしました。

夫を連れて、いざVedi Tailorsへ
4926F8F9-CACC-49C1-AAFA-BDB9E3659B32
 良人が好みの色を言うと、サクッとエジプト、イタリアコットン生地が出されました。
1E915104-0572-4CB8-AD8B-256247E29E56
 イタリアン・コットンの質の良いこと。こちらも先ずは試しに採寸、ビジネスシャツをオーダー。土曜オーダーで仕上がりは水曜日。HP、カーンと比べ仕上がり期間が一番短いです。
95A6039E-D4EB-4D01-A211-3511F2E45209
(マスクがこのスタイルになるまで、耳が出せないシーク教徒の人は大変だったろうなあ)
店長らしい若者は、ナイスなガイでした。シャキシャキなお仕事。そして、3店の中で一番楽しく、明るい値切ゲームができました。夫は3店の中で、この店の雰囲気が最も気に入った模様です。理由は一番インドっぽいから。
さて仕上がりは?




3店作品
FullSizeRender
3店のシャツが全て揃いました!
◉ HP Singh/Nehru Place
FullSizeRender

 Mobeen Tailors/Khan Market
FullSizeRender
二枚重ねて包んであります。
 Vedi Tailor/Connaught Place
FullSizeRender
 現在のところ、甲乙つけ難い仕上がりです。
さて、実際に着たときの着心地、形、また洗濯後の変化、繰り返しの洗濯にどれだけ耐えるかで、どこのお店にするかを決めます。半年後くらいに結果が出るでしょうか。 いずれお気に入りになったお店でスーツも作ってもらいましょう。夫も、良い仕立てのスーツを着こなすインドセレブ男性にちょっと近づけるかナ。
 ああ、インド生活をじっくり満喫するには、時間があまりにも足りません。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

友だちランチ

「シャトー ドゥ ポンディシェリ」という、おフランスな名前のお店を教えてもらったよ。
6F7E21A3-D822-4807-A5B0-B9D6E7EC639C

ポンディシェリは南インドに位置する首府の名前で、元フランス殖民地。お店の名前はそこから。シャトーという慇懃さはなく、カジュアルで気さくなマスターが仕切るお店でした。

「おお、これは!」と思ったのがココナッツ・ラッサム。
58362942-EE86-4F60-8DDA-2B06508DC713
タマリンド酸味がないラッサムを初めていただきました。エビが入っているのですが、もしここに酸味が加わったら、濁り系トムヤムクーンではないですか!帰宅後、タイとの緯度関係を見てしまいました。やっぱりベンガル湾ぐるりから、南シナ海へ至る、海繋がり・アジアばんざーい食は面白い。
BBF112E6-4555-4F87-A4E4-53151A95B2BB

最後にオーダーしたトゥルシーのお茶には可愛い茶漉しがついてきました。
D4C2CF5E-A3E3-4D72-AA6A-93DEF6828420
オベロイやハイアットのティールームよりも、自国のお茶に対して真摯です。インド人のお茶愛をしっかり感じることができました。

フランスの元植民地であるベトナム料理も評価が高いから、実際にポンディシェリへ行ったら、「おお、これは!」の連続なのでは⁉️と、空想。
行ってみたいナア。

↓お店のWebサイト


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ