陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

インドで外ご飯

コンノートの老舗カフェ・ハウス

ユナイテッド・カフェ・ハウス
良人をユナイテッド・カフェ・ハウスへ連れて行ったよ!
IMG_0624
コンノート・プレイスにある老舗カフェハウスです。私も以前、お友達に連れてきてもらいました。

間口に対して奥行きに広がりがある、ヨーロッパスタイルのお店の作り。
IMG_0573
The Hinduというチェンナイに本拠をおく日刊紙の記事によると、来年80周年を迎える歴史あるお店なのだとか。お店のレシピは、400〜500種類と言われ、マネージング・ディレクターは、いつでも150〜200種類の料理をメニューをのせていると語ったそうです。

6A101105-DA2C-4FA4-B43A-DA0C8A71604E

メニューが多い理由は、このお店の歴史にあります。
1942年にパキスタンからやってきた酒屋の息子ハンス・ラージ・カルラが、レッド フォートに兵舎を構えていたアメリカ軍兵士に対応するため、レストラン & バーを設立。そこにコーヒーハウスがなかったので、彼は現在の土地を購入し、ユナイテッド コーヒー ハウスをオープン。
ちなみに1940 年代、インドでは外食をする習慣が人々にはなかったのだそうです。日曜日に中心地に集まるのは、コーヒーを飲みながらおしゃべりしたりする為で、彼らは会食に重きを置いていないから、食べたとしてもスナックくらい。そこでお店では、オールドデリーのストリート・スナックを売っていました。

A3E45FF3-7A70-446A-90EC-B687C0F828C5

インド独立後は営業時間を延長。60年代にはレストランとして本格化。当時はオールドデリー(現在のメニューに、ニハリもありました!)や、パキスタンと周辺料理。

C510FB16-8433-4B1B-A394-9E1A44A897E6
その後、メニューは更に拡大し、マドラス、ボンベイ、カルカッタ、アングロ・インディアン、コンチネンタル フード、アジア料理など、あらゆるものを提供するようになります。
☆アングロ・インディアン料理とは?
イギリス支配のインドで、イギリスの役人がインド料理をイギリスの味覚と混ぜ合わせて作らせたのが始まりの料理(英・Wikiより)

1E07FB7E-23A4-46A0-B42A-024F362A3630

今では英国時代のクラブ フード (チーズ ボール、カツレツ、サモサ、チョップ) が好まれているそうです。
0D9AD2E9-EB1F-4E1D-8591-8DD0B6071DAC
コーヒーハウスはインド人で賑わっており、私たちの隣に座っていたカップルは、ピザを仲良く食べていました。平和な風景。


65766DEE-49A3-474C-8D30-89E97D14B5AA
マウスフレッシュナーも重厚銀器で運ばれてきました。
04C845A7-92F5-428B-9F17-2F70EB5E93A4
甘・すうっと味のバランスがよかったです。
F7E9C515-DAB4-4DF5-97CE-F1F29113386D


私たちは、
「パキスタンもインドだったんだよなぁ。」
などと、しみじみしながら、パキスタンとの分離前のインドを知るこのお店で、インドの近現代史に思いを馳せるのでした。

こちらの記事を参考にして書きました。↓




にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


インドのサットゥ粉を使ったスーパードリンク

「Sattu Cooler/サットゥクーラー」写真左
IMG_0122
インドの面白飲み物の一つ。ポットベリー・ルーフトップ・カフェに於いて。

サットゥって何?
「Times Food 」というフード雑誌アプリによると、サットゥ粉はインドのビハール、ジャールカンド、西ベンガル、ウッタル プラデーシュ各州で使われ、以前は「貧しい人々のタンパク質」と呼ばれてきたのが、昨今その栄養価が見直され、着実に人気が出ている「powerhouse of energy」と言われる、最新スーパーフードなのだそうです。
Wikipediaには、まだ日本語のページがないので、まだ日本ではあまり知られていないかもしれません。しかしインドでは、サットゥ粉は簡単に買えるようなのでディープなインド好きさんや、健康志向の高い方へのお土産に良いかもしれないですね。

サットゥドリンク初体験
先月、ヨガ友さんに、このお店に連れてきてもらい、彼女に全てお任せチョイスにしてもらったら、始めにこのサットゥ・クーラー・ソルティが出てきて、私は
「お、お、面白味〜!」
と驚いたのです。
IMG_0046
それは「卵の黄身冷たいスープ」と言った味わい。おそらくブラックソルトが使われているからでしょう。
私は、
「コレは、卵好き良人が好きにチガイナイ!」
と確信。
このドリンクがオシャレ~に飲めるポットベリー・ルーフトップ・カフェに、昨日やっと良人を連れていけました。

https://g.co/kgs/tzFyuV

サットゥ・クーラー・スイートもあり、こちらは万人受けするドリンク。
味わいは
私「カスタードの味〜!」
夫「きな粉ジュース〜!」
でした。

ポットベリーのビハール料理
お料理も面白い美味しいですヨ。ビハール州の代表お料理、リッティチョーカーだけでなく、
IMG_0061
Saboodana basketという、タピオカを使った揚げ物スナック(ビール飲みたい💦)↓
IMG_0123
IMG_0124
↑魚と野菜を使ったパリッとスナック(名前を聞くのを忘れた💦)。もちろん、グレイビーを使ったお料理も美味しいのですが、サットゥドリンクを飲みすぎたせいか、すぐにお腹いっぱいに。
ダイエットという点でもサットゥはスーパーフードですね。

IMG_0126


シャプール・ジャット散策
ポットベリー最上階での食後はシャプール・ジャットの界隈を散策。
IMG_0071
煌びやかなブティックと、昔ながらの、ここに住まう人々の息づかいを感じられる数々のお店が共存。

FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_0073
服飾の町でもあるのですね。お洋服が好きな方は、時間を忘れることでしょう。

ポットベリーのグランドフロアー
くるっと一周し、ポットベリー・カフェに戻り、グランド・フロアーで、マサラ・レモネードを頼みました。
FullSizeRender
コレも面白飲み物。
IMG_0091
むっちゃインド味。

これまた面白いのがお料理の運ばれ方。厨房が上の階にあるので、小窓からお料理が。 
IMG_0084
IMG_0082
ニコニコしてしまう光景です。


店内は、最上階もここも壁に、心がぽかぽかあったかくなる、マドゥバニ・アートが描かれています。
IMG_0131

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

コンサート後の食事

Diva
イタリアカルチャーセンターの中にレストランがあるので、月1~2回の、センター主催コンサートの後に、お食事出来ることが、豊かな気持ちになり、とても嬉しいです。
IMG_0015
ブッキング時に、予約は取れませんとお店は言っていたのに、なんだか入れてしまえるのも、インド的、且つ、イタリア的で、まことにヨイ。いい加減というか、融通が効くというか☺️。


女神さまチョイス
ここにはつい、数日前にも、お友だちと来ました。
IMG_0017
やっぱり女神さまチョイスが素晴らしく、彼女は、数あるメニューの中の、うんと美味しいホームメイドのパスタを指差しました。
IMG_0019


夫チョイス
夫がここのガスパチョが好きで一昨日も注文。
IMG_0016
それはガーリック、酸味控えめの優しいガスパチョ。イタリアンレストランらしく、ブッラータが浮ぶスープになっており、暑さや湿気に疲れた胃に、すうっと馴染んでいきます。

ちなみに私は、前菜をズラッと並べて、ひたすら呑むスタイルが好きです😅😅😅。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村


Shahpurjatでさよならランチ

Shahpurjatvillage
IMG_9070

「古いものと新しいものが交差する場所」と、紹介してくれたヨガ友さんはシャープールジャットのことをこう語りました。

細い道から見上げると、空が糸のように狭い。
IMG_9095
染物屋さん、写真をとりなさいと言いながら、
なんと優しい顔をするのだろう。
IMG_9086
胸が痛くなるほど。

表には煌びやかなブティックが幾つも。
IMG_9106
IMG_9107
20%引きのクルタが8000ルピー。



さよならランチ
狭い階段を登った先には…
IMG_9072
マドゥバニ画(Wikiにはミティラー画と紹介、しかしインドではマドゥバニ・アートの方が通じやすい)と、
IMG_9081
緑と、
IMG_9149
ビハール料理の世界が待っていたよ!
FullSizeRender
FullSizeRender

あっ、コレはキララ・トラベルさんの料理会で教わったリッティーチョーカーだ!!👇
IMG_9077
ここは、シャプール・ジャットにあるカフェです。
トップフロアは、お食事、1階はカフェ(スパイス入りレモネードがインドインドしていて面白い)。
FullSizeRenderお店のFacebook👇
https://m.facebook.com/ThePotbelly/

Google map 👇
https://www.google.co.jp/search?client=safari&hl=ja-jp&cs=1&output=search&q=The+Potbelly+Rooftop+Cafe&ludocid=7787312970844948780&gsas=1&client=safari&ibp=gwp;0,7&lsig=AB86z5X5N3owat05eErVoa_kK8cl&kgs=d7d51847c4550ada&shndl=-1&source=sh/x/kp/local/3&entrypoint=sh/x/kp/local#

ここでヨガ友さんのFarewell lunch,さよならお昼ごはんをしました。
拙い語学を駆使して築き上げた友情と友人が去ることは本当に寂しい。虚しい。
「さよならだけが人生さ」の言葉は年を追うごとに更に更に苦くなる。
それでも‼︎
IMG_9159


さて、集まった女性はみんなスーパーでした。今度去ってしまうイタリア人のヨガ友さんは、お嬢さんを紹介してくれました。なんでもお嬢さんは、インドコスメをイタリアに輸出しているのだとか。母娘二代にわたり、別の職種でインドのemployment visaを取得してこのコロナ禍を乗り切っている。もう1人のインド人ヨガ友さんが紹介してくれた女性は、インド人でインドからドイツに商品を輸出しているのだとか。コロナ禍の苦労話は涙ものです。

☆ employment visa(就労ビザ。これの取得は本当に大変だったと思う。彼女たちの話によると、インドはヨガを習う為のビザは出してくれるけど、ヨガを教える為のビザはなかなか出してもらえないそうです。どこも自国労働者ファーストなのです)

IMG_9160
一方私は二つの言語の間で未だに苦悩しています。が、しかし、昨日集まったメンバーはみな、同じ苦悩を持ちつつ自分の道を切り拓いて、私のヘタクソ外国語に辛抱強く耳を傾けてくれる。神さまが与えてくれた機会と考え、この数十年の山道をなんとか乗り越えたい。アホはですね、努力しかないのですよ、全く。
さあ、新しい日が始まった!今日もがんばろ〜✊。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

デリーでベトナム旅行気分

デリーのLittle Saigonへ行ったよ!
IMG_6766
入り口から既にベトナム世界🇻🇳〜…って、
IMG_6775
ベトナム行ったことないケド😅。
お母さんとお父さんとわんちゃんが迎えてくれる一見素朴な店。

しかし、お料理は絶品です。
DB1EF31D-1060-496F-8503-A4734C74D8C8
実はお母さんは、某高級ホテル・ベトナムレストランのシェフだったそうです。
夜8時頃に行った私たちが一番目のお客でしたが、あれよあれよという間に、インド人で席は埋まり、お店の方は外にもテーブルを出していました。
インド人にも人気のお店なんですね~。

テイクアウト、デリバリーあり。
行ったばかりの翌週、夫は早速ランチ・デリバリーを利用。 
バインミーをオーダー。
CFF0A878-3272-403C-AB70-3E0E93115CDB
パンの中に、鶏レバーペーストとたっぷりお野菜。鶏レバーとコリアンダーがオツな味わいです。
355B2CCE-8DA6-4AE5-A03B-643E0357D19D
良人は、大満足お昼ご飯だったと曰っておりました。

残念ながらお酒は飲めません😂。
お料理は、肉団子などは甘めに味付け。辛味はタイ料理ほどではありません。そしてインド料理のようなスパイス香もありません。
D68DE43E-6AD9-4F1F-9DCB-2EEB9BA79C51
しかし、生野菜を香りの良いハーブと一緒にいっぱい食べるからヘルシー感満載、ばんざーい🙌な、美味しさです。
90F9E019-22C2-493C-9A18-C609EFD8CEAC
870F4628-EBEA-421E-A864-9480F55CEDD4
これをクルクルっと♪。


シメのライスヌードルもスルスル食べちゃえます。
38ACD425-92F0-4C58-9EF5-EEEFD9C2F5DF

予約した方が良いです。
http://facebook.com/little.saigon.delhi
お店のサイトはFacebook。住所、電話番号はそちらから。そこからお店のWhatsAppに入ることもできます。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ