陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

インドで外ご飯

Yukettaのシッキム・ダージリン紀行⑪ウィンダメアの部屋とディナー

荷解きをしているとコンコンとノック。チェンバー・メイドさんがやってきました。

変わらないウィンダメアの部屋と部屋サービス
メイドさんは、夕方のベッドメイキングをしにいらしたのです。IMG_6291
夕方は、湯たんぽをベッドの中に入れてくれる。
IMG_6290
これがあると、脚をベッドに入れたときに、ポカポカ・ぬくぬく(デリーの自宅にあっても良いかも💡!)。
IMG_6288
そして暖炉には火が入ります。
IMG_6293
これはお願いすれば何度でも、火を入れ直してくださいます。こうして部屋は、エアコンでは成し得ない暖かさにつつまれます。親しみやすい顔をしたチェンバー・メイドさんたちは、テキパキ仕事をこなして、にこやかに部屋を後にしました。ああ、これがウィンダメアのサービスだったと、なぜここが好きだったのかを思い出しました。
IMG_6328
IMG_6289
浴室には、大きめギザ(湯沸かし器)。現在はもっと大きなものもあるけど、初めてウィンダメアに来た時は、湯船にお湯を張れることが本当に嬉しかったのです(20年前のデリーのギザは小さかったのです)。


ダージリンの老舗宿・ウィンダメアのディナー
IMG_6302

英国スタイルテーブルコーディネートで、暖炉と蝋燭が温かみを演出。
IMG_6298
お食事は印英折衷。「洋食を頂きながら安心と共にインド料理も試してみよう」スタイル。流れる音楽はビートルズ前のスタンダード。
「クリスマスに来たら素敵だろうなあ。」
って空間でした。

IMG_6304
IMG_6305
IMG_6307
IMG_6310
IMG_6311
IMG_6313
IMG_6315
IMG_6316
IMG_6317
ワインのチョイスはSulaのみ(オーナー、大丈夫か)。給仕さんたちは、素朴、丁寧、優しい。ダージリンの魅力のひとつが、ここの人々。
一つ一つのお料理を丁寧にサービスしてくださる姿を見ながら、
「ああ、ダージリンに来た」
って思うのでした。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

Yukettaのシッキム・ダージリン紀行⑦ダージリンで軽食&昼食

ダージリンに入り、車はまた上り坂をぐんぐん登っていきます。つと、助手席に座るガイドさんがこちらを向き、ビーフは好きかと尋ねます。
えっ、インドでビーフ?
ガイドさんは、昼食前だけど、少しだけダージリンのビーフを試しませんかと提案しました。

ビーフ三種とどぶろく
ダージリンにはビーフを使う食品や料理がありました。インドではありますが、生活しているのはヒンズー教徒だけではないので、お肉を食べる人々もいるのでした。

◉ビーフジャーキー 
30CBA6DB-9AA1-428B-A6DC-60CD4D4714B4

◉ビーフのソーセージ
AAAD833E-8BB1-4D7F-847E-5FAA361928C3
つなぎはひよこ豆粉?

◉ビーフのモモ
85954001-9AF5-45EB-A6BE-9E209805C49C
AC08F1EC-DE07-4F81-B9F5-E9AC97B10DA9

◉牛骨スープ
7490A094-24CD-4B8C-B1B4-97823A93B1E1


◉そして…、ダージリンのどぶろく‼︎
34B0F90E-0146-47E2-A764-7A8776D028B6

発酵させた穀物に熱湯をかけ、待つこと10分。


6920DAB0-D3BF-4870-8C50-52C52427DB38


竹のストローで頂きます。味わいは、
「お酒はぬるめの燗がいいい~♪」ってな雰囲気。ぬるめの燗って、この、たち昇る発酵香がいいんっすよ。熱燗だとね、それが消えちゃうの…とひとりごちる(良人は下戸)。そして会ったこともないダージリンの酒呑みと握手した気分になるのでした。お店には、ダージリン産ウィスキーもありました。寒いところだからお酒文化は豊かでしょう。呑んだくれたかったが、短い旅の途中なので我慢。
4702F0EA-CCDB-48C6-9C1E-08D50F6B4B49

隣の部屋から、歌声が聞こえてきます。カラオケ無しで皆んなが歌を楽しむ時代が日本にもあった。
いいナア、それ。
世界を紹介する旅番組の画面に入り込んだような体験でした。
EEF4127F-75C8-44D2-953F-697BD77DF667
3D0EC8C8-D7B5-4747-9F56-5017DFFBD154



ダージリン、昼食
納豆(キネマ)のカレーなどなど。
42202BA1-257C-43EB-B132-D48A3BCD0F61
シッキムにも、ダージリンにも納豆があります。ミャンマーにもあったから、大豆を発酵させる食文化って、実は地図上ではかなり広がりがあるのではないかと、現在推測中です。

↓こちらはダージリンのグンドゥルック。
IMG_6150
ほぼ高菜炒めです。博多の、うまかもん、からかもんの世界。乾燥青菜でこれが出来るなんて!ダージリン出身のお手伝いさんのご主人が、コックさんなので、いつか真面目に作り方を教わりにいこうと思います。

カクテキみたいなこちらは、ダージリン風ジャガイモ料理。
D6C5B0C3-FBD9-4976-9AFF-9B42E29C3571
味付けは塩と、マスタード粒と、チリ、カイエンヌかな?絶対ビールに合う!!これも、自分レシピに加えたいです。

調味料に味噌が加われば、長野や山形で頂く料理に近くなる気がします。山のお食事ですね。

最後が、フツーのインドカレー。
577A47C3-B3F1-4089-BF54-42EF936F9DD6
初めてインドで、インドのカレーを食べた時は、強い個性を感じたけど、こうしてダージリンのローカル食の中にあると、個性は埋没。いたって普通のおかずスープです。
F5612074-C9A9-47B7-8FED-20582F3717FAしかし、いずれも、ご飯をガツガツ、ガツガツ食べてしまうお惣菜ばかりでした。10代の胃袋が欲しい。
また、食堂のお食事でしたが、ダージリンがシッキムと比べ都会であることが料理から伝わってきます。食堂のご主人も気さくで、片言の日本語を、茶化さず話し、親しみやすい顔を皺くちゃにして微笑むのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

Yukettaのシッキム・ダージリン紀行⑤ガントクの朝

旅も中盤。御来光を拝するため、この日も早起きし、朝5時に出発しました。

太陽にフラれ、わんちゃんに懐かれる
御来光とカンチェンジュンガを、拝みに展望台に来たら、トコトコとわんちゃんがやってきて、目の前に座ってくれました。
FullSizeRender
日が昇るまでただ待つだけの時間、ずっとそばにいてくれた(実は寝ていた)。
IMG_5968
インドの野犬は優しい。きっとインド人が犬に優しいのだね。シッキムの野犬はデリーより体が小さいような気がします。
IMG_5971
よく見ると他にもワンちゃんが。犬の猫化でしょうか。
この日は雲が多く、御来光は諦めました。翌日の予報は雨。今回、御来光は全滅か。
IMG_6076


シッキム、ゴンジャンク・モナストリー
チベット仏教僧院を訪れました。
IMG_5975
チベット僧院に来ると、沙弥小僧さんたちに会う事があります。
FullSizeRender
彼らは、子どもらしい顔し、とても元気っ子なので、見るたび心が救われ、その様子から希望と活力を頂いています。
彼らは、貧しい家庭の子供たちで、寺が彼らを預かり、教育もし、将来は僧侶ではなく、一般の社会に出て行くのだとか。寄付は僧院へのお布施ではなく、NGOから。
IMG_5988
こちらの絵は、ゾウさんが木の実を食べるためには、他の動物の協力が必要です、と言った教えを描いているそうです。
IMG_5981


Bakthang Fall
天気予報「ほぼ快晴」でも、朝日にフラれた私たちですが、引き続き朝食前の観光で、バクタングの滝へ。控えめな滝に見えますが、モンスーン時期になると溢れんばかりの水量になるそうです。
IMG_6084
橋と、滝の高い位置に、チベットの五色旗、タルチョが掲げられている。

旅人が誰も彼も無事に帰宅出来ますように。そしてチベットがあるべき人のもとに戻って来ますように。
IMG_6710



二日目宿の朝食
シッキムの朝日に輝くドーサ三連写。

IMG_6017
IMG_6092
IMG_6091
ダイニングでは、目の前で南インド朝ごはんのドーサを焼いてくれます。北東インドで、南インド風な朝ごはん。これも流通が良くなったということでしょうか。南インド朝ごはんはスパイス控えめで胃に優しい。一応イングリッシュブレックファーストも準備されていて、夫婦で少しずつ試しましたが、インドごはんが美味しいなあと思いました。


IMG_6009
IMG_6014
IMG_6018
IMG_6090
IMG_6005
IMG_6010
IMG_6012
しかし、シッキムならではのお料理はありませんでした。とはいえ、昔はインドの主要都市でない土地に行くと、朝昼晩とスパイス入りインド料理だったので、随分選択肢が広がったナアと思うのでした。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

Yukettaのシッキム・ダージリン紀行④ガントク宿と宿食

朝7時50分の飛行機に乗る為に、3時に目覚めてしまった私。日が暮れるともうヘトヘト。婆さんやナア😅。一方、シッキム州都ガントクのホテルのバイキングは午後7時30分から始まると言います。それまで待っていたら寝てしまいそうなので、アラカルトを先に頂く事にしました。

一日目の宿食
IMG_5940

「チキンのモモ」のソースが面白かったです。真っ赤ですが唐辛子を使わないパプリカのソースです。辛いソースに慣れているのであっさり爽やか風味が新鮮。注文してから時間がかかるタイプなので、皮はもちっとして、噛むと肉汁がじゅわ。肉餡はしっとり。待つ価値のある美味しさでした。
FullSizeRender
FullSizeRender
⬇︎ダイニングからの見晴らし。
IMG_5925
もちろん、外でもお食事できます。今のデリーの大気汚染を考えたら、屋外お食事なんて、最高の贅沢です。

お酒はシッキムのビールHitを注文したら、無いと言うので、インドの代表ビール、キングフィッシャーを注文。試しに、別の給仕さんに尋ねるとHitがキングフィッシャーより先にやってきました。
IMG_5934
NoがYesに、YesがNoに…アキラメナイ、が必須、インドです。

Hitは麦香がふわっとビールでした。
 後からキングフィッシャーを持ってきた、「Hitは無い」と言っていた給仕さんは目を白黒。本当に知らなかった風情なのは良いけど、厨房は一体どんなカオスが繰り広げられているのだろう。
 お食事中に一人で2本ビールは呑みきれなかったので、キングフィッシャーは部屋に持ってきてもらうようお願いしました。コンコンとノックされたドアを開けたら、キングフィッシャーと共にパリッと仕上がったパパド付き。
577EC933-8695-45BB-A6E5-7824FEF6F22A

さーて、あったかい部屋で1人酒盛りしますか😋(良人は下戸)。

000A7FF2-3F22-47BA-AE59-7D180F81402E

注文の件はこれで帳消し。アメイジング、インドです。

38C6A50C-5D64-4FE9-A179-AFA2E8294AE5


ガントクの宿
シッキムの州都、ガントクの宿街の夜景は、まるで、山の上の温泉のよう。
IMG_5915

今回の宿は、Deltin Denzong。 

なんと、宿内にカジノがありました。
IMG_5912


チベット土産が販売されています(デリーでも買えるけどネ)
8C88042F-2B73-414E-8335-5AD04E401D68
チベッタン・グッズ、
なるほど、こんな風に置くと可愛くて落ち着いたインテリアになりますね。
810F5BAE-CE99-4922-95FE-A0E889B1B991
壁に貼り付けるタイプの棚も、デリーの露店家具屋で売っていたし、
「そうか、あれは、こうやって使えばいいのか!」
と、嬉しい開眼。帰ったら参考にしてみようと思います。

◉お部屋
CAA60A09-47F6-4E7C-8324-45F35ADD7BE2
2CB3AA5B-1428-4512-83FA-12A49A6A5443
39521A44-6E54-454A-92C4-20A62FCAAA8B
こちらも、可愛いだけでなく、東アジアの落ち着きがあって、入るなり、大好きになりました。スパもあるようです。空気の良い山懐で、散歩したり、スパを楽しんだりなんて、最高。今回は一泊なのが残念。次回はゆっくり長逗留したいです。
宿泊のコスパはかなり良いと思います。



部屋からの見晴らしも良いです。
48F092DA-0B5B-4D9A-8B6A-79BCC325C03A
天気が良けれは部屋からカンチェンジュンガが見えるらしい。
ああ、明日が、あくる朝が来るのが待ち遠しい。
そんな宿って……👍イイね✨

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

インデアンアクセントで夫婦お誕生会

先週末は良人の誕生日でした。私の今年の誕生日に一緒にいられなかったので、デリーのインデアンアクセントで2人の誕生日をお祝いしました☺️。


シェフのインド愛
全料理を語っていると終わらないので、今回は、さまざまなアイデアに満ちたシェフのテイスティングメニューの中から前菜にフォーカス!
A5FABD62-07C4-45DB-A952-A569E376F002
なんと、インドの屋台のスナックがズラリと遊園地のように並べられるのです。
インドの屋台って、 
「試してみたいけど、お腹壊すのヤダなァ、でも試してみたいナア。」
と思った事ありません?
また、屋台世界に足を踏み入れ
「面白〜い!美味しい!あっこれなら、ここでクイッと甘くないオトナ発酵呑みものがあったらサイコーなのにナア…」
と、思ったこと、ありません?
なんと、インデアンアクセントは、前菜の段階でその希望をオシャレに叶えてくれるのです。メニューの名前を見ると、インド全国屋台スナック集合前菜であることがわかります。
それら洗練させ、それぞれを可愛らしい姿にし、そしてポーションは控えめに。小さな一つ一つのお料理から、シェフの溢れんばかりのインド愛が伝わります。

例えばDahi Bhallaの作り方YouTube
これも手が込められていて、本当に美味しそう。ちゃんと作ると5、6時間かかるみたいです。これが上の写真の左側のようにちっちゃな手のひらにのるサイズのお皿で、供されるのです。
それがこちら⬇︎
B9027084-BC18-47A3-AE5F-61A7266D73D4
インデアンアクセントのシェフがインスタで、たまに、立派な体をかがめて、細かい作業をされている動画をあげているのですが、失礼ながらいつも 
「シェフ、可愛い~♪」
と思いながら、イイねボタンを押してしまいます。

5色のゴールガッパ(パーニープーリー)
6F30A9F3-0EB3-47C6-83D7-ECFCA995AAA1
ホントに可愛い~(こればっか😅)。
良人はパーニープーリーにー思い出と思い入れがあるので別にアラカルトとして注文。
DA6FD1EF-8393-4F55-AF91-A81A72CB127F
お誕生会ですからネ。食べ過ぎ等、ヤボは申しません☺️。このメニュー、頼んでよかったです。右側は、デュラムセモリナ粉、左が小麦粉のプーリー。歯触りも、後に残る味わいも違います。
とまあ、スターターに入る前からインド食文化の新しい発見があり、本当に美味し・楽しい・シアワセ時間です。


58658ED9-1488-4029-8792-7DEA2F15DEB2シェフズ・テイスティング・メニュー 

仏料理のお口直しソルベの酸味を、クルフィで。
1B0CD82A-1202-41E7-A61F-225D5F565532
働き者のインドのお母さんが毎日台所で磨き上げる昔ながらの圧力鍋そのままを・小さくした器に入っています。カワイイ。
61F46F19-FE15-4327-A7EA-D824E6FBB331
メインは王様気分。
しかし、味をあまからの甘めに寄せているかなあと、酒呑みは思う。もしかしたらメインはワインより、シェフが考案するカクテルの方が相性が良いかも…次は…と、メモ📝☺️。


インターナショナルなシェフ
攻めてるなあと感じたのは、コシヒカリを使ったマッドクラブの米料理。
DD5C80BD-F89E-458E-AFE2-9BD15FE1A5F6
バターライスとなっていましたが、お米は炒めてはおらず、米の白さを生かした蟹たっぷり・さっくり混ぜご飯でした(ポーション小さめのところがニクイ)。
それから、ピスタ・ラウジのカッサータ。
4DF1682D-45C1-4981-96ED-2C33EE633EDA
シチリア人もビックリ納得の美味しさ。甘いもの苦手な私が陥落・完食しました。確かに南伊とインドの食の相性は良いのかもしれない…。
シェフはおそらく食べ物愛と共に、国内も世界も歩いている。自国文化だけでなく、他国の料理への深い尊敬の念を感じるコースでありました。

540E5BBE-9A3B-47EF-8085-FAD95AA9E937
デザートワインも加わり、奥さまゴキゲン。
「インデアンアクセント、次回に訪れた時も更に進化している」
と確信しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ