陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

デリーうちご飯

第三回Chef’s Tour @CRパーク&@INA

昨日は、Chef’s tour でした。このツアーは、日本人宅で長年料理人を務めるインド人シェフが、デリーの有名マーケットを案内するツアーであると同時に、寄付金集めのミニミニボランティアになります。ご参加、ご協力頂いた皆さま、ありがとうございました。


インドの海魚で、煮魚
CRパークの魚屋さんが、どーんと大きな魚を見せてくれると、ツアーのお手伝いしてくれるインド人シェフさんが、
「マダム、これは海の魚Surmai。これは良い状態と、魚屋が言っています。私もそう思います。インディアン・ピーポーも、この魚を美味しいと言います。」
と、給います。
IMG_8167
 画像は、Natures Basketさんから拝借
そこで私は、
「ヨシ、買った‼︎」 
となり、切り身の薄さを2〜3センチに指定して購入。

夕食支度時に、霜降り。夫帰宅後、煮汁を沸騰させ、お魚投入。煮汁をまわしかけながら、一気に、およそ10分。
FullSizeRender
薄く切ってもらったので、しっかり火が通りました。
一口目は、
「おおお、完璧!」
と思いましたが、やっぱり煮魚は素人には難しい、繊細な料理。食べているうちにどんどん味が染み込んでいくのですね~。最後の一口は、
「濃かったかな😅。」
となりました。
煮付けのカレイのように、身が皮部分に覆われていないからかなあ🤔。インドでは、このように魚を輪切りで売るので、
「煮魚黄金比の水の量を、自分の好みより少し増やした方が良いかもっ!」
っと、メモ📝。
FullSizeRender
お野菜は、トマトプロジェクトの遠足で収穫したにんじんと蕪をスライス。「味が濃くなっちゃったなあ」となった最後の方のお魚と食べると、ちょうどよかったです☺️。
いずれにせよ、身が柔らかく、海魚なので、川魚特有の臭みはなく、皮近くは口の中でとけるほど(噛みイラズ)。無茶苦茶おススメ印度魚です。

因みに、CRパークのお魚屋さんは、必ずエラを見せて新鮮さをアピール。ここで買いか、そうでないかを見極める眼力が求められます。日本では必要ないスキルだけど、「生きてくスキル」はアップしそうです☺️。


「Surmai」
別名、「Taiwan Sawara」。
英文と睨めっこしながら、市場魚介類図鑑で調べてみたのですが、おそらく、ヨコシマサワラではないかと思われます(間違っていたらごめんなさい🙏。その時は訂正文を載せます)

味の評価度は「究極の美味!!」。
私もそれに100パーセント・アグリー。本当に美味しかったのです。この図鑑によると、日本に冷凍サワラとして輸入されているもののほとんどがヨコシマサワラなのだとか。西京漬とかにもできるみたいです。多分、さつま揚げや、つみれ、かまぼこなどの練り物にも良さげ〜。今度試してみます。

「Chef’s Tour @CRパーク&@INA」は、小さなチャリティーなので大々的な宣伝はしていません。ご興味がある方は、DMか、PC版のメッセージでお知らせください。
次回のChef’s  Tour は、今年度最後。
来年度もできるといいナア。
インドの神さま、どうか来年度もいさせてください✨。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

インド野菜で、鍋、鍋、鍋。

蛸つみれ鍋
IMG_8091
冷凍庫掘り起こし作業をしていたら、ごろっとINAで買った蛸が出てきたのでつみれに。

が!!山芋の配分失敗😅。

ぐずぐずつみれになってしまいました。しかし、顎が疲れるのが嫌な怠け者夫には好評でした。
IMG_8092
コクをだすために、脂出ししてカリカリにした鶏皮が入っています。

タレは、タイスキ風に、甘辛と、しょっぱ辛二種準備。
そして、インドお野菜もたっぷり~^_^⭐︎⭐︎。
IMG_8093
既に何度も書きましたが、インドのからし菜の太い茎部分が、デリーの中心で茎愛を叫びたくなるおいしさ。
昨日収穫したグリーンガーリックは、いかにも、滋養がありますっ!という味わい。
コールラビも、柔らかくなって旨かった〜!


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

郊外のファームで収穫遠足

トマトプロジェクトさんの遠足に参加したよ!

アーダルシュ・オーガニック・ファーム
郊外にある有機農法をしている農園です。
そこで、ウコンを掘り上げたり、
IMG_8064
アロエの花をみたり、
B2D920F6-4279-4463-9340-A3F3C9B380B4
あちこち生えてる大麻に、ウヒョーと驚いたり、
あまりの多さに結局慣れてしまったり、
IMG_8066
まだ小さなブロッコリーや
IMG_8067
カリフラワーに胸キュンとなったり、
IMG_8069
温室ではない、太陽の光を浴びる苺を摘ませてもらったり、
B6F5E936-40A1-4CE6-8A48-76644282BC7A
7A25A45B-06AF-414A-9D2B-17A2BA8CC51F

水耕栽培でない土レタスを切ってもらったり
IMG_8070
…とまあ、生まれて初めて体験の連続でした。
普段口にする野菜でも、知らないことばかりです。

収穫あとは、牛糞と、藁で、お芋やニンニクを焼いてもらいました。
E2F2AE84-817D-480D-BF2F-ABB7121FBDD8
段取りよく火おこし。
IMG_8072
丸焼きビーツ、旨かった~🤗。
IMG_8073
そして、トマトさんのお話しで、ここのファームの有機農法のやり方や、これからのインドの有機農法がどうなって行くかを伺うことができました。香りの強いものを交互に足しながら作物に虫がつきにくくなるアイデアは、家のプランター野菜にも取り入れてみようと思います。
アーダルシュさんの誠実なお人柄にも感激。
また、毎日土に触れる人の、プロならではの感性と、優しさに接し、綺麗な味の収穫物をいただき、心と身体が洗われました✨。

ピカピカ苺
3D480130-681C-4429-A1DC-3249C35CDC91
甘党夫は、練乳で、
F9D7CC01-3F35-43B6-B557-0B406FD793F0
酒呑み私はお友だちがくれた泡と共に。
52055884-0113-488D-9700-0D5AD4662257
プリティ・ウーマン♪。



ぽかぽかポテトサラダ
デパ地下風、ぽかぽかポテサラ。
FullSizeRender
トマトさんの遠足のクライマックス、牛糞と藁で焼いて頂いたジャガイモを使って。

IMG_8061

ガーリックとしらすをいため、ジャガイモを投入。お酒で蒸し焼きし、ホクッとさせました。火を切り、マヨ投入後、きゅうりとざっくり。隠し味に、青唐辛子が入っています。
ぽかぽかほくほく、あったかいうちにどうぞ~♪
っと、朝から晩まで充実した休日でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村 

インドであったかつみれ鍋

鯖のつみれ鍋
IMG_7891
鰯の方が好きですが、鰯はインドの魚屋さんに毎日あるわけではないのです。そこで、ほぼ毎回出会える鯖を使いました。

トマトプロジェクトさんの自然薯をすりおろすとふわっふわ・つみれになりました。

夫が、つみれ入れ係担当。
FullSizeRender
鯖は一キロ500ルピー。
野菜も安いし、コスパ良し鍋です。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

初めて野菜

オニオンなんちゃら
新鮮お魚で有名なチッタランジャンパーク(CRマーケット)で、いつも見かける野菜。


IMG_7872

お店屋さんに尋ねると「オニオンなんちゃら」(よく聞き取れなかった😅)。花芽は摘んで捨てるのだそうです。私はてっきり「ぶっといニンニクの芽」だと思っていたのですが、オニオンの一種なんですね。


マニプールの女の子が、これを料理する時にバンブーシュートを使うと教えてくれたので早速、一緒に強火でガーッと炒めてみました。
IMG_7896
味付けは、ナンプラーとマッシュルームソース。

にんにくの芽とおなじで、オニオンなんちゃらには、味が入りませんが、バンブーシュートに味が染み込み、一緒に食べると、ご飯が進むお惣菜に。バンブーシュートを使う理由がよくわかりました。

このオニオンなんちゃら、中のワタワタ部分が、火が入ることで甘くなります。使い勝手がよく、和の日々のお惣菜と仲良しになりそうな野菜でした。CRパークの生の小エビと合わせて、かき揚げにしたら、色よく揚がるだろうナ😋。
この日は、青ネギと一束ずつ買って、70ルピーでした。

次回のChef’s Tourで、なんちゃらオニオンの場所と、バンブーシュートが買える場所(おそらく、其処彼処で売られていると思う)をご紹介しまーす☺️。

名前はスプリング・オニオン・フラワー
今日わかったのですが、なんちゃらオニオン、英名は,Spring Onion Flower 。マニプールでは、Maroi Mapan あるいは、Tilhou Mapanと発語するそうです。マニプールの人は、これを茹でたり、シンプルに炒めたり(炒めにバンブーシュートは、マスト!だそうです)、それから、唐辛子や豚肉と炒めると、スッゴク美味しいのだそうです。



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ