陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

買い物(雑貨・土産物品)

ファーストフラッシュシーズン到来/デリーの老舗紅茶屋さん

夕食後に水出しカモミール。
IMG_7233
 すっごく良い香り。お陰でよく眠れました。
昨日、スンダルナガールのミッタルさんで購入。

お店は20年前と変わらず、全くそっくりそのままでした。
IMG_7194
店内も変わらず。まるでタイムスリップした気分。
IMG_7196
ジワジワ泣いちゃいました。


さてさて、世間は疫病でてんやわんやなのに(インド新規感染者ついに10万人超え😅)お茶の葉はすくすくと。ミッタルさんには、ダージリンのファーストフラッシュが到着していました。
IMG_7205
つい3日前にデリーに入荷したそうです。
ミッタルさんのダージリンティーは、本当に美味しいです。実は私、ダージリンには2度訪れているのです(20年前ですが🤪)。ダージリンは、北インドで見かける目がクリクリと大きなインド人ではなく、私たち日本人と同じような顔をした人々が住む街です。11月から2月くらいに訪れると、ヒマラヤ山脈のうえにぽかっと浮かぶ白銀のエベレストを見ることができます。また、エベレスト初登頂時のシェルパ、テンジンさんが没した場所でもあります。お話しがどんどん逸れてしまいますが、エベレスト登山記念館もあり、ここでは、女性として初めてエベレスト登頂を成した田部井淳子さんも紹介されて、なんだか誇らしい気持ちになります。モンスーンの時期に行くと、霧のヴェールを纏う茶畑を見ることができます。茹だる暑さのデリーと違い、夜はちょっと寒い。私が滞在した宿では、部屋の暖炉に炭火を起こしてくれ、それは風情ある光景でした。↓


そこで、ダージリン茶畑巡りをし、親切なガイドさんの説明を受けながらダージリンティを何度も頂いたのですが、そのダージリンのダージリンティと比べても、デリーのミッタルさんのダージリン茶は全く遜色ありません。ミッタルおじさんが店頭に並ぶ前に相当吟味、厳選してくださってるのだなと、ダージリンから帰ってきた後でそう感じたことがありました。お店には、紅茶だけでなく、フレッシュな香りのするインドのスパイス、乾物があります。
IMG_7202
IMG_7201

昨日、購入したデリーに到着したばかりのファーストフラッシュは今のレートでおよそ700円。オーガニックで等級はFTGFOP1(SPL)、最高級部類です。1年くらい経ってもその爽やかな香りは衰えません(ばら撒きお土産を余らせてしまい、何度か1〜2年過ぎたものを飲みました😅)。
オーナーのミッタルおじさんはコンノートプレイスのお店にいらっしゃるのだとか。ミッタルさんも堅実な商いをされ、お店を大きくされたのですね。今度会いに行こう。お顔を見たら泣いちゃうな、きっと。

        にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へにほんブログ村

Devan’s/デリー・南インドコーヒーの先駆け店

カンナ・マーケットのコーヒー豆屋さん、Devan’s。
CBA2963A-D836-44D8-BC38-D2CB526E17C4
実はインドのコーヒーは、紅茶より歴史があり、とても美味しいのです。
ここDevan’sの創業者はVasudevan氏。
28779A2E-4FE0-483A-B6EE-CE27258BDE00
彼は人々に新鮮な南インドのフィルターコーヒーを提供する先駆者でした。お店は1962年創業。


実は20年前、私も大好きだったお店です。その頃習っていたナポリ人のイタリア語の先生も、「ボクもコーヒー豆はここ」とおっしゃっていました。当時はアラビカ種を中心にブレンドされたコーヒー豆(だからエスプレッソ好きのイタリア人も好むハズ)が一種類しかなかったのですが、
(↓コレが当時からあるスペシャルブレンド)
AD22A039-FAD7-4505-A986-68A55AB98C91
この豆が本当に質がよく、私はお土産にも使っていました。今回の来印後、会社の自粛期間が終わってから直ぐに豆を買いに。
懐かしいお店の包装が変わりなくてまずジーン。
67529B6A-895D-4E99-AE85-117A73DDC91E
こちらは普段使い用。
F254DBBF-0260-493A-AB50-FC4C7B968B81
こちらの包装をコーヒー好きの方へのお土産用に使っていました。

現在は代替わりをし、若い店長さんが店を大きくしました。
52E317AE-9804-435D-8A47-D2B56F0FAE4C

Deva's Coffeeのホームページ
デリバリーサービスもしていますが、昔は一種類の豆しか買えなかったのに、今ではお店で美味しいコーヒーを頂くことができます。
D94FC9DE-8E18-433E-9F8D-8AF4AFDB73B3
後ろにあるコーヒーグッズは店長さんのコレクション。香港で揃えたと仰っていました。
中にはこんなものも(^^)
400E6AFB-5D46-4817-AC59-41AFDB79DEF6
店長さん、本当に世界のお茶文化にこだわりのある方なのですね〜。

こちらはフィルターコーヒーを淹れる様子。
実は淹れ方も、コーヒー豆を目の前で挽くところから始まり
656DE2C7-B3D4-4518-B350-30DBDC9AA424
カップは蒸気で温めてくれます。熱そう。でもコレ、消毒にもなりますね。
C5A08BFC-65EE-4F9D-A283-90EC2BF30819

そして、フィルターコーヒーをオーダーすると、甘くないチョコレートの焼き菓子が付きます。
542B3486-87A4-40DE-ACA2-16BAA34C96E2
並々と注ぐところ、インドだなア。
焼き菓子はトングを使ってサービス。
95BCF5E0-7424-4603-95B3-18E0F84B2DEE

何種類ものコーヒーメニューが味わえるし、
EDC85EC3-2AF1-4CF5-A191-0B006595F8EA

フィルターコーヒーだけでなく、本格的なマシーンを使ったエスプレッソも頂けます。
D854A492-EEC0-4C15-8357-8EA7F099AE05
あくまで私の感覚ですが、フィルターコーヒーはクオリティに対して値段が安いと感じ、反対にエスプレッソは高いと感じました。

また、豆だけでなく
7839858F-B1BD-44CE-BFE5-B76BD241E378
お茶も販売!

さて、インドのコーヒー豆は簡単に次のように分けられます。
◉ロブスタ種のコーヒー豆
◉アラビカ種のコーヒー豆
そして、モーンスーンコーヒー(英名/Monsooned Malabar)
モーンスーンコーヒーとは、大航海時代が産んだコーヒー。インドからアフリカの喜望峰を回ってヨーロッパへ向かう航路は、赤道をまたぐため高温多湿な上、約半年間かかる行程でした。この船底で生豆がヨーロッパにつく頃には黄金色に熟成乾燥し、その時代に黄金コーヒーと言われた豆なのだそうです。
このモーンスーンコーヒーは現在のインドでも販売され、このDevan'sのお店で飲むことも、購入することもできます。
9F16F8A6-E60F-4DBD-9151-01312AE6BC1F

モーンスーンコーヒの情報はWikiから引用

ここもそうですが、20年前自分が大好きだったお店が、維持されているどころか、質はそのままに更に発展を遂げていることに、インドとインド人の計り知れないエネルギーを感じます。
2C62E279-144C-4FF5-B145-812AEE6029B1

*お店はカンナ・マーケットにありますが、ドライバーさんには「カーンマーケットではなく、“カンナ"・マーケット」と念を押して確認した方がトラブルを避けられます。“KHANと、KHANNA”、日本人の発音がインド人には聴き分けにくいのだそうです。

44030CBD-6646-4F16-B429-36CA7170D1B5
    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

室内緑化計画

苗木屋さん発見。
81018D88-88C6-4AE7-90F6-44A325C58C3F
カーンマーケット近くにある大きめの苗木屋さん。 

お花の苗木がいっぱい!
169B046C-C78E-49D4-84D6-C0FF8102F1D5
デリーはPM2.5が飛んでいて、長時間外に居ない方が良いそうなのです。だから、バルコニーと家の中に緑を置くんだ~♪。3A3D184C-6953-4346-969F-BF49C66EDD4F

帰宅し、マスクを取って、空気清浄機がブンブン働いている家の中の緑の前で深呼吸……いいじゃないですか。緑化した自宅を想像しにっこり。
楽しみ~。

E6A61917-C771-489B-8B80-8AF3A6CA67E0
ガーデニンググッズも揃うし、各種の野菜やハーブの種も販売していました。
E29F6537-FD67-48D2-86E0-F2AC0215503A
苗木を扱うおじさん&お兄さんは、とても親切。何処の国でも、草木を扱う方は同じだナア。

👇Kamal Nursery/苗木屋さんマップ情報など



苗木屋さん、もう一つ発見。
2FCF7677-E88F-4E60-829C-E08E912ED9AA

ここも広々として、なかなか良い。苗木が燦々お日さまの下で気持ち良さげ。 

前述のKamal Nurseryもそうでしたが、野菜やハーブの苗木もありました。
IMG_6672
自分で育てれば、農薬の心配もないネ☺️。

陽の光に負けないエネルギーを放っていたハイビスカスを購入。
D3C47C03-BCA1-4D5C-B8DB-F5A315E1D686
室内用緑を買う予定だったのに、私は雰囲気に流されやすい(^^)。お店のおじさんの説明によると、ハイビスカスは一年中花をつけるそうです。いくつも買って室内とバルコニーの苗を時々入れ替えることにしよ~っと。

苗木屋ワンちゃん。
493AED87-FB5C-4328-A4DE-BA007499182F
力抜けてるなぁ、インドです。


👇Masjid Nursery/苗木屋さんマップ情報等


今朝もスマホの画面の空気室指数は「とても悪い」。これが、10月になり気温が下がるといっそう大気汚染が顕著になるのだとか。秋までに室内緑化計画をのんびり少~しずつ進めまーす。
ワクワク🥰。
        にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

インド・オマケ文化


八百屋さんから帰ってきてから袋を開けると、買った覚えのない、唐辛子がちょろっと入っていたり、インド人のオマケ文化に毎度ほっこり&にっこりさせてもらっています。
 F660476E-FCF8-4596-A742-AED3B27E2A4F


最近余裕が出てきたので、近所の花屋によく行くのですが、お店のお兄さんが毎度、作った花束の切り残しを、二輪三輪、オマケでくださいます。

これが、あまり手を加えずに活けるだけで、妙に良い感じに。

萎んでいた百合が花開いたり、
47C7EF03-92BE-48A2-8DDA-0B0D638A6D82


百合と薔薇が喧嘩しない事におどろいたり…。
2F36B611-05A6-47AD-94FA-72770AB2575C
やっぱりオマケでほっこり&にっこりさせてもらっています☺️。 

 
D952B7ED-9433-47BA-BAC8-7386F9CBD7DC
ちなみにこのチドリソウの花束、百合のオマケ付きで200ルピーでした。

かすみ草みたいなお花は、好きなものを1束買えばやっぱりオマケでつけてくれます。
2C07F8C8-B6D6-4092-8EDA-9418D72CFA1F
下の葉っぱは処理してくてるし、好きな長さに切ってくれる。
世界のどこでも花を扱う人は優しい。

アーモンドの花?で、
25D4CB56-058D-491D-9E64-516500751D5A

お花見気分。
B70C0300-B5BC-4EAC-8413-8E9F1FEB8BA0
この桜のような花の時期が終わると、灼熱がやってきますね。
時はどんどん過ぎていきます。 
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 
PVアクセスランキング にほんブログ村

インドランキング 

ニューデリーのハイセンスな雑貨屋さん/Good Earth


昨日ご紹介したGood Earth
スマホでデリーのカーンマーケットを検索すると、必ず上がってくる店です。我が家がようよう片付きつつあり、ニューデリーでの「食」の方向性も定まり、雑貨を選ぶ余裕が出てきたので、行ってきたのでした。
B473FBB0-122F-49EA-A83F-AB9F0E21712B

本当にとても素敵なお店です。
 
「ひゃー、シンジラレナイ!」
今回インドに再来して、この国の大変化を前に、何度このフレーズを言ったか!!!基本お買い物は単独行動で、開店時刻。店員さん以外ほぼ誰もいないお店で、一人
「わー、すごっ、へーっ、すごっ」
と、何処へ行っても、日本語感嘆詞をぶつぶつマスクの中で独りごちております。

そして今回は、そのハイセンスな品揃えに驚きました。
 6CA33B9D-3823-4D26-915B-4FA6C22A43A0
11DCD204-D27C-4C5D-BDD7-0F4751990698


かわゆいゾウさん柄のディナーセット
FFE90B7E-F279-4D80-9042-678B91F12886
可愛いっ、欲しいっ。
2913CF15-5428-42FA-88FF-F170AE040599

大理石のチーズ用まな板(まな板と表記していいのでしょうか😅)、
FED45824-FD81-44C9-893A-46CA8E9E4D80

大理石なら、チーズも温度の影響を受けにくいから、チーズが好きな方にはたまらないでしょう。
お菓子作りや、日本の狭い台所でのパンこねにも良さげ~。
DC7D1831-8D64-4E1F-9E95-E6380604F5B2


ファブリックの色使いも洗練されていて、日本の家屋にも合いそうです。
C05A31A2-8985-43C0-A8FF-3FAF589A5E1D

銀器も素敵。
1426155E-9362-41FC-BDE3-58FB183B1880

「インドの銀器はお勧めよ~」と、初駐在時にお金持ちセンパイ奥様に教わった(彼女もまた、センパイ奥様に教わったのだそう)。
353DFD44-9DD9-4CA8-AFC9-658B9B6B7CB8
 
しかし、とても普段用には使えません(重いし…手入れが…)。
それに遺品整理で苦労したので、物を増やしてしまうのも躊躇われます。でも、お客さまをご案内したり(無事の帰宅を待つ奥さまにも喜ばれそうなものばかり)、たまにこうして来てみて、目の保養をするのにとても良さげなお店です。
3階まであり、一番上の階では、昨日ご紹介したように、お食事ができます。
E17F04AB-0524-4898-B029-1C019025D9C4
コロナ前はここで、奥さまランチなどもあったのだろう。それは、楽しかっただろうナ。
でもきっと、人も活気も戻って来る日は、こちらに向かってやってきているでしょう。
 
 にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

インドランキング 
プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ