陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

買い物(雑貨・土産物品)

楽しく過ごそう!

あっちゃ〜!44万人って😭。
IMG_8286

10日は、一旦感染者数が下がったので、このまま下がりますように~っと、スマホに念を送ったけど、しゃーない。
起きている事実を嘆くのはナンセンス。飛行機が飛んで、インドが受け入れてくださるなら、規則に従い、篭れと言われれば篭って過ごします。

だけど、楽しく過ごすんだ~♪。
という事でヘッドホン買っちゃいました。
IMG_8287
人生初のハイレゾ・ノイズキャンセリング(^^)。お店で試しに使わせて頂いたら、最初の静寂でゾクゾク、ゾクゾクした。もうもう怖いくらいのマジヤバ音世界💖。そこから、ビックカメラの親切なお兄さんが全部セッティングしてくれたのです。
他にも
「ほう、そうですか!」
というお話を色々伺い、昭和脳で、ハイテク、IT苦手な私でも凄く勉強になりました。都会の電気屋さんに行くって、大事だね。お店は全て対策をし、冷たい質感の機械の使い方を、あたたかく説明をする準備をして、お客さんを待っている。
ありがとう💝

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

インド人へのお土産

お土産欲しい
昨日、英語クラスのクラスメイトからメッセージがきて、最初は、
「元気か?」
「わぁ、ありがとう、アナタは?」
みたいなやりとりだったのが、結局
「Plz bring something from there to me...」
となり…私は↑これを読むな否や
「出た~!やっぱりインド人‼︎」
と、苦大笑い。

20年前の昔は、お手伝いさんから、庭師さん、運転手さん、テニスのコーチに至るまで(床拭きのスイーパーさんは省く)私が一時帰国をすると知ると
「マダーム、香水を買ってきて」
「金のボールペンが欲しい」
「ボクにはミキモトのペンを」
と言われ、そんな金あるかいな、とゲンナリしたものですが、香水やペンが、サムシングになったのは、インド人の変化なのでしょうか?
また、昨今のインドの成長ぶりと、日本の停滞ぶりをみていると、
「ジャパンの何かが欲しい」と、
言ってもらえるうちが花なのかもしれません。

ニッポンのお菓子
連休中は、夫とスーパーへ。
IMG_8119
彼が立ち止まる場所は、
私が立ち寄らない場所。 

私は、買い物時、野菜、魚、肉、調味料、酒売り場以外は素通りなので、未知の世界です。
IMG_8120
そんな訳で、夫に付いてお菓子売り場をまわるとそこは、食品アイデア、包みの面白デザイン、かわゆいデザインの宝庫で
「こんなん売ってたんか〜!!」
の連続でした。
IMG_8124
この「ベビースター・なが〜いメン‼︎」なんて、おもしろいけど、スーツケースにぎゅうぎゅうにつめたら、バリバリになって、ふつ〜メン‼︎になってしまうなぁ🤔。
IMG_8123
これらは日本の人へのお土産になるし、不二家のペコちゃんが舌を出している、赤い袋の可愛いらしいデザインのミルキーなんて、外人に日本語で「カワイイ」と、言ってもらえることがあり、そんな時は、こちらも「ヨシ!」と心の中でガッツポーズをするほど嬉しいです。

しかし、皆さんご存知の通り、国民の殆どがヴェジタリアンのインド人にお菓子をお土産にする時は要注意。原材料に、動物性エキスが入っている率が高いからです。

さて、昨日のサムシング彼には、消えるボールペンでもプレゼントするかナア🤔。他にも必要になる場面があるかもしれないから、少し多めに買って行こうか…。
そうだ、そうだ、ニッポンの文具も結構喜ばれる事がこれまでにもありました。お土産選びはいつも悩ましい。それでも、まだまだ、アイデア商品が豊富な日本でヨカッタです。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

Yukettaのシッキム・ダージリン紀行⑨ダージリンでダージリンティ・テイスティング

ガイドさんおすすめの紅茶専門店へやって来ました。雰囲気の良い可愛いお店です。
5EC5526B-8929-4746-8E33-1A2F28CDE68C


紅茶専門店Mayukh
D7994297-C7A8-4F11-8C5A-5C1306F737C5
テイスティングは、「ダージリンティーだけ」との希望を伝えると、次々と保存瓶が出されました。
128A3DC0-3C10-44AE-A384-50CCA6A90D21
6E7DE5C8-F4B0-4F82-B5BC-AFB86732E8F1
341E3424-36A5-4E3E-9CDB-4487551A2FC8
0F16F2FC-AECB-49BA-83FD-75C19671B2DC
FAA091DD-0867-4316-89CE-71846E484097
このお店の主な紅茶は、しっかり密封された袋に茶葉が入り、それを保存瓶に入れ、蓋を閉じた状態で保存されていました。
9ACF3ACF-FC49-42F5-BFE6-F0BFF40B8E55

お茶はキチンと量ります。
3B2B5FFD-20A1-4708-829C-BF9F24284906

オータムナルが間に合わなかったので、ファースト、セカンドフラッシュのみで6種類。
A747F10C-4F56-4244-BC33-8EB382FA26F0
お湯は高い位置から。
26F91D53-47FC-473D-B6F0-51D1B3749BEA
FD955144-148F-4D02-9362-3022AA95F8FA
最後の一滴が落ち切るまで暫し待ちます。


02D9E2DB-A298-4CC4-A9EF-E8630B37AD6E
この、テイスティングカップ。ミッタルさんでテイスティングする時にも使われる、お馴染みのものですね。Mayukhのカップは柄が入っていて可愛い。コレ、一人分最後の一滴まできっちり飲むのにもちょうど良い。欲しいから買ってしまおう。

因みにこちらはミッタルさんのテイスティングカップ↓
IMG_3897
IMG_3895
FullSizeRender
IMG_3898
この虚飾のなさがミッタルさんの良いところ。


テイスティング
D7994297-C7A8-4F11-8C5A-5C1306F737C5

さて、テイスティングです。
1665D516-92BF-4533-8687-DA87C977F78F
酔っ払げないから、ワインと違って、飲んじゃえるところがイイね👍。
また、開いた葉の香りも楽しめます。正にアロマなメディテーション。

いやはや、同じダージリンなのに、それぞれ特徴が際立ちます。ファーストフラッシュのみとか、セカンドフラッシュのみでテイスティングしてもきっと茶畑による違いをはっきり感じられることでしょう。
とりわけ、セカンドフラッシュは、シッキム・ダージリンで出会った乾燥青菜・グンドゥルックに通じる発酵香を感じ、風土が生み出す味わいに感激しました。すごいなぁ、土地が育てるものって!
しかし、お茶世界は奥深い。入り込んだら抜け出せなくなりそうです。


お店の名前はMayukh。SNSあり。インスタとFacebookでこまめに商品の紹介をされている、店主の顔、思いが伝わるお店です。

↓お店のインスタグラムの動画。

https://www.instagram.com/tv/CRA4UVqA6yu/?utm_medium=copy_link
ご主人が、イチオシ、ムーライト・セカンドフラッシュを説明する様子です。口に含む時に、ズズズっと音を立てて、まるでワイナリーで繰り広げられるようなテイスティング。この月の光の下で摘まれたというセカンドフラッシュは、良人がいたく気に入っていました。

60FC0804-0157-41F4-89F3-13B1F6BEA2BF
6種類のうち、ファースト二つ、セカンド、シルバーニードル、計4種類購入してしまいました🥰。私が気に入ったファーストフラッシュは、チベッタン柄の包み袋がかわゆい。

お店の内装もスッゴク可愛い。
B373776D-45CE-425B-AA40-61196C5B7C2D
2E3D452E-7B04-4B18-A836-C5298E596C6Fチベッタンの器使いも勉強になります。


もちろんフレイバーティも各種ありました。
A79B51CD-46B0-485F-903B-D3B2989A96AE
トゥルシー(ホーリーバジル)・レモン・グリーンティなんて、インドならでは。私は、酒もお茶もコーヒーもブレンドされていないストレートが好きです。ですから、フレーバーティなんてものは、お茶の産地がないおフランスあたりにでも任せておけば良いと思っていました。でも、ヨーロッパの借りものではない、インドにしか出来ないブレンド・配合お茶文化を発信していくなら、それは素晴らしいと思います。きっと、この世界はいっそうの発展がありそう。

紅茶好きな方はMayukhの品物にも空間にも満足されるでしょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

今年のカシミール・サフラン

今年のサフランをゲット!
スマホがブルルと震えたのでそれに応えると、低い声で
「コンニチハ」
と、外人日本語。ウッ、気持ち悪いやつか!と身構えたらミッタルさんで、予定より早くサフランが入荷したお知らせでした。身構えて、ゴメンなさい。
早速お店にむかいました。
FullSizeRender
今年のカシミール・サフラン、1グラム290ルピー。
コンノートの方へ行ったので、この日も、ミッタルさんのご主人のお話を伺えました。
ご主人曰く、サフランは最も価格の高い食べ物の一つ。このサフランはカシミールから来ましたが、広いカシミールの限られた場所でしか育たないのだそうです。一輪の花からたった三本育つ雌しべを乾燥させ、更に、その中の黄色いものは、人の手で、一つ一つ取り除かれるのだそうです。
またサフランは、他の国でも生産を試みているそうです。例えばスイスの高地。インドのカシミールとほぼ同じ気候条件なのでサフラン生産を試みだそうですが失敗。一方、北イタリアでは成功。しかしコストが高すぎて「ホビー」の段階なのだとか。

サフランWiki情報
Wikiを覗くと
夜明けに開花した花はすぐに枯れ始めるため、収穫は必ず迅速に行わなければならないうえに[11]、花期は1 – 2週間に集中する[12]

◉1グラムのサフランを採るのに160個ほどの花が必要であり、収率が低いために貴重で、1グラムあたり500 - 1,000円程度と高価である。

とでています。インドで手ごろな価格で購入できるサフラン。気軽にこのハーブが使えるって実は稀有な事なんですね。
 また、サフランはほぼ2年保存が効くと賞味期限表示は謳いますが、その先も香りは少し落ちるが、使えるのだと、ご主人は仰いました。

↑この、サフランのページ、面白かったです。サフランひとつで、それが食卓にのぼるまで、歴史、地理、生物、経済と普遍的な世界が見えるものなんですね~。

あちこちサーフィンし、ついつい夢中になって時間が経つのを忘れてしまいましたが勉強になりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ミッタル・ティへ

コンノートプレイスのミッタルティ
デリーの紅茶の老舗、ミッタル・ティへ行き、ついにミッタルさんにお目にかかれました。
ミッタルさん、20年前と全然変わっていない~!
人生に疲れた私は悲しいほどおばあさんになっちゃったのに、
ミッタルさんは、今も穏やかで優しくて、お肌もツルツル・ピカピカ。
FullSizeRender
紅茶ってお肌によいのかしらん。
☆写真は、どうぞどうぞ使ってくださいとご主人は仰いました

 今日のテイストティは、ニルギリのブラックティ。最初に甘味、あとから僅かに渋み。美味しいお茶でした。 
IMG_5534
ああ、ニルギリも行ってみたいなあ。


 ミッタルティは、お茶そのものが良い。昔、ダージリンの茶畑巡りをし、ダージリンでダージリンティを購入したことがあるのですが、ミッタルさんのダージリンティは、ダージリンのダージリンティと比べても遜色ない美味しさでした。
 インドには綺麗な包みのお茶屋さんもありますが、それは、ハロッズやフォション等オホホでヨーロッパなお店に任せておけば良いと、実は思う。インド好きで、インドでお茶を買い、点てたい人は、自分が使うスパイスが欲しい人と同じで、包装紙よりも現物が重要だから。

サフラン
 今回は、今月末一時帰国する折のお土産用サフランを注文。
小さい方は90ルピー。
IMG_3880
なんと、来週、新しい今年初のサフランがカシミールから入荷するのだとか(お値段は少々上昇中)。因みにサフランは、お料理だけでなく、朝の紅茶やハーブに数本入れる…という楽ちんな楽しみ方もできますヨ。
FullSizeRender
IMG_2608サフランには4000年以上の栽培の歴史があり、効能は鎮静剤、去痰剤、媚薬、消化不良、感冒、不眠症等々。身体を温めるので女性の身体にも優しいそうです☺️。←ネット情報




ミッタル・ティはスンダルナガールが、昔からあるお店ですが、ずっと変わらない優しいミッタルさんはコンノートのお店、午後からいらっしゃいます。



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ