陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

デリーの休日

「ちびまる子ちゃん」な絵~Crafts Museum クラフトミュージアム

「ちびまる子ちゃん」な絵
デリーのクラフトミュージアムへいきました。
F93ACAA9-E1D7-4513-A726-1F082822820F
初めてのつもりでしたが、入り口をくぐると、
「アタシ、ここ来たことあるかも‼︎」
と、ゾクゾク・ワクワクし、その後、絵画が展示されている場所に足を踏み入れた途端、まさに走馬灯のように20年前の記憶が蘇り、一路迷わずこの部屋へ。
4AED02AE-F825-4EAD-B681-B4395932D711
実はこのミュージアムの本命と思われる、織物や刺繍の素晴らしさは、ほぼ、いや、完全に忘れていました。
しかし、この部屋のこの絵を初めて見た時に 
「あっ、ちびまる子ちゃんの世界!!」
69C29124-B676-4075-96AC-E87722BA2EC7
と感じた記憶はしっかり残っていました。
10865217-41DC-4CEB-9B3D-D229AB958762
確か、エッセイで、さくら先生が「みんなが幸せになりますように」と、祈りながら表紙を描きましたと、書かれていた記憶も、もの凄い速さで脳に戻りました。
C481505C-A4FD-426C-856C-BE76AF0B3090
帰宅してからは、検索しまくり😅。
私が「ちびまる子ちゃんの世界!」と感じた絵、Madhubani Art と、いうそうです。色彩に暖かみがあって、カラッとしたお日さまの恵みを感じる幸せ絵だなぁ🥰。

Madhubani Art、Wikiページ⬇︎


日本語Wiki⬇︎

E961A4DB-DFB3-4139-B8A5-EE45737BD861
ゾウさんの中に、これだけ精霊がいる、ということかしら。インドの人は優しいナア。
FF3CC366-543D-4583-9D09-AC97D741A17F
外壁に吹きさらし状態だけど、この絵からは私はピカソを感じる。
17E58C21-8F6E-4669-BC37-7BB75847E9BA
慈悲深いお顔。素晴らしい!と感じたけど、これも無造作に置かれている〜💦。
B9DEE38E-06B3-468F-B953-88DE87CBB2E4
ヤマトタケルノミコト発見。
6AE2939C-6884-4766-9B11-DC3D6A7676EA
ハニワ発見。
8D2D2BE6-9707-45A8-91A8-D4C939A63CF7
この巨大且つ繊細な彫物は、覚えていました。


Madhubani Artクッション。
35110BF0-3C61-4661-A56D-C6622E8B07EA
やっぱり可愛い〜。
いやはや、ご紹介したのは、ほんの一部です。もっと色んなことを少しずつ理解して、また訪れたいです✨。


ミュージアムのカフェでご飯をたべたよ!
F88E488D-A7A3-4E47-8A45-874FA32103C5
クラフトミュージアムは、ちびまる子ちゃんなお部屋と、巨大で繊細な木彫り「だけ」覚えていましたが、このカフェの記憶はゼロ。それもそのはず、20数年前はなかったからです😅。
ここで初めて食体験🙌。
41ABB0B1-1293-4C7C-B872-ECF7074E38D4
優しい給仕さんが、スターターとして、お勧めしてくださいました。
かつて、「インド・どさ回り」をした良人も知らなかった、そのお料理の名は、パラック・パッタ・チャート(palak patta chaat)、発音、合っているかなあ😅。
お皿の端に3つチョンとのっているのは、ひよこ豆の粉をつけて揚げた、ほうれん草です。これが、カリッポリッ😋。それをですね、ヨーグルトに、柔らかいお豆やスパイスが入り、ザクロで飾られたペーストをのせて頂くのです。お腹に優しく、スパイスのおかげで食欲が増し、
「ヘルシー値が最高❣️」
って味です。
マトンのカレーは、お約束・間違いなしの一品。
1E178A54-570A-4D5C-AEED-FB0148EF550D
1C83950A-ED4A-4A7D-B8DD-F3AF29FD53D2

ココナッツのフィッシュカレーも同上。
909904F5-F1AB-4D5F-B114-CC76CC64C250
グリーンのハーブソースとカレーの絡みも同・同上。
6DBCFBE2-C7AC-4DFC-A41B-8D7EFA93465B
9CD77BA0-FD67-4DEB-B742-DACAABF8286F
カジュアルな雰囲気ですが、お料理からは、化学調味料香皆無。
綺麗な味のお食事でした。
C67F2B58-E95E-41BE-9DC2-3CC0B396E2C0
4A7E170C-81C2-4E8F-B5C6-DE05960A88F2 
それから、それから、インド人がナイフ・フォークを使ってカレーを食べる姿にもオドロイタ。
時代ですね😊。
しかし、日本も洋食のライスは、フォークの背にご飯をのせて(ぎゅっとしないと、つるっと落ちる😅)食べましょう…って時代があったからナ☺️。インドはまだまだ変わり続けると思う。
IMG_3094
店内の空間広し。密ではありません。

⬇︎ナショナル・クラフツ・ミュージアムWebサイト
http://nationalcraftsmuseum.nic.in
ミュージアム内のお手洗いは水洗ですが、トイレットペーパーはありません。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

夫婦でアーユルヴェーダ・マッサージ

アーユルヴェーダの施術を受けたよ!
CCA6C75E-AB7E-4EAF-BC4D-9DE0641E4637
今回は、カイラリ・アーユルヴェーデックセンターに夫を連れて行きました。アーユルヴェーダのマッサージは、鬱々した天気が続く時に、ぴったりの健康法だネ。
FC257E28-CE83-429C-A760-29CA5512A711

受けたのは定番アビヤンガ+シローダーラ。シローダーラで毎度のことながら心身共に溶けました。
このコースにスチームが付いています。しっかりオイルを身体に擦り込んでもらってからスチームに入ると、温まるし、科学的根拠は全くありませんが、なんだか身体の芯の底にまで、オイルの良い成分が入っていきそうな気分になります。しかし夫はこのコースにスチームが付いていたことをすっかり忘れていたそうです。
IMG_6829
↑こんなにも特徴的なスチームの機械を忘れるとは(この中に入って首だけ出す。中から蒸気がシュワ〜)!!

F07B240C-30E9-4228-B9C3-8FF5D8BCF8CD
という私も、このクレンザーのような身体を洗う粉の存在をすっかり忘れていました。見た途端、記憶がものすごい勢いで戻り、変わらないカイラリに感激しました。

施術後は心地よい疲労感と共に、よい香りの優しいお茶を頂きました。
BCF240D3-53B0-4569-B522-437EA9169952

施術師さんはケララの方。今コロナで大変な州ですが、ご家族はご無事とのこと。どうかはやくおさまりますように。
二人とも明るく優しかった。
いつか彼女たちの故郷、ケララのアーユルヴェーデックセンターへ行き、ヨガとデトックス三昧の休日をおくりたい。
D8A36AA2-8B69-4A6C-A975-8CA866402CCF
カイラリ・アーユルヴェーデックセンター
デリー店は、Meharauli-Gurugaon Rdを、グルガオンに向かって車を走らせ、クトゥプミナール駅を越えたあたりを左折すると、風景がいきなり懐かしのインドに世界が変わり(マスク率も減り😅)
AD183259-69E5-4BF9-8CB6-B5C6620140F3
更にガタガタ道を2、3分進むと、到着します。
(センター内で働く人々のマスク率は100%)
色んな意味で即席アメイジング・インディアが体験できるでしょう。

デリー・カイラリ・アーユルヴェーデックセンターの過去記事


紫蘇に穂がついたよ!
AF6930B6-B54B-4BC2-8CA3-44F6D0CAC433
あたしゃ本当に嬉しい😆。
これがタネになる頃は、デリーもいい気候になるね☺️。
季節は動いている🥰。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


休日映画鑑賞/「クンドゥン」ダライ・ラマ法王の半生

映画「クンドゥン」受け継がれた血も生粋のカトリック信者で、司祭を志した事もあるスコセッシ監督が描いたダライ・ラマ法王の半生。
圧倒的な映像美。自然は畏怖が込められ、家屋のシーンはチベットの旗・タルチョの五色が尊重された上で、イタリア系アメリカ人ならではの写実的で光と影の動く絵画映像が繰り広げられる。あの赤は、暴力と罪ばかりの人生でありながら聖母マリアを慕い続けたカラバッジョだと感じた。
出演者は、亡命チベット人という。普段は明るく人懐こい笑顔を浮かべるチベットの人々の、心の底からの慟哭を、よくもここまで映像のもとに引き出したと思う。
また、インド人の底辺に流れる、どの宗教に対する畏敬の念というものも垣間見られる。
音楽もよかった。経文と西洋音楽の合体は、これまで幾度も試みられてきたが、この映画のそれは洗練され、精神に響くものだった。

何故私はこれを観ていなかったのだろう。まずは自分の状況把握力の狭さを恥じる。

しかし、彼の国の圧力が入ったため、アカデミー賞常連監督のハリウッド映画でありながら資金繰り、配給には苦労したらしく、封切り当時は日本でも都内一部の劇場だけで上映だったという。
それでも、ネットのおかげでこうして鑑賞する事ができた。因みに、あんなに沢山作品があるNetflixにはこの映画自体、「クンドゥン」の列記はなく、有名な配信会社からのダウンロードも出来ず苦労した。
しかし、頑張れば観られる。
暴君の暴力が隠し通せる時代は終わったのだと信じたい。チベットの運命は、人々の関心という手に委ねられている。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


休日映画鑑賞/セブン・イヤーズ・イン・チベット

セブンイヤーズ・イン・チベット
「1959年3月31日に、ジャワハルラール・ネルー初代首相はダライ・ラマ14世のインドへの亡命を受け入れた。1959年10月20日に開始された中印国境戦争以後もダライ・ラマ14世を保護し続け、インド北部のダラムサラにガンデンポタン(チベット亡命政府)と多数の亡命チベット人を今日まで受け入れてきた(wikiより)」

 このようにインドに関わりが深い事であるのに、私は、チベットとチベット仏教に対して、上っ面のものしか触れておらず、あまりにも情弱。だから、これから一つ一つ紐解いていこう!という事で、昨日鑑賞。Netflixで観られました。
 監督は「薔薇の名前」の、ジャン=ジャック・アノーなんですね。ここから始まる、彼の国の国土拡大侵略虐殺史。お金でまず懐柔というスタイルが、漏れ伝わる、昨今のアフリカで行われていた事と同じ方程式。もちろん彼の国の言い分もあるだろうから、その辺りもおさえながら、冷静にチベットに関するものに目を向けていこう。
映画の中で、心に残った若かりしダライ・ラマ法王の言葉。
「解決できる問題をあれこれ悩むのはムダです。
 また、解決できぬ問題を悩むのもムダなのです。」
現在、世界を悩ます病に対しても当てはまると思い、心の底から共感しました。
次はスコセッシ監督の「クンドゥン」を観よう!

休日うちご飯


ふわ卵・くずし豆腐鍋。
C107525C-06AA-48B3-BCE8-A9B5194809D9
AA1D1221-7B22-4592-9F29-69203B3952C9
F16EF84D-44E1-450F-817F-98602FA8CB64
良人の体調、あと少し!なんだそうです。一昨日の漬物屋さんで、調子にのって「ええカッコしい・スタイル」を貫き、試食し過ぎたのだと思います。あんぽんたんやね。

豆腐は韓国食材屋さんの、ふわふわSoon Tofuを二丁仕様。
するする食べちゃいました😋。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

初インドCoCo壱、初サイバーハブ

初インドCoCo壱。
1D48ABAC-E8EA-46F7-8757-872C57B3E7AB
初めてグルガオンのサイバーハブに行き、日本のカレー屋さんCoCo壱へ行ってきました。選んだカレーはヴェジタリアンの5辛。
B056F48C-6EE9-4BFC-AFAD-AD128DD707EB
粘膜に痛い辛さで刺激的。
3591772D-ACCB-4F79-9F06-3BF619E5748F
良人は海老をトッピング。 
サイドメニューも含め、美味しく頂きました。
97B2FCF1-7FA7-4A60-8927-8BB6C82D17E8
B855FE11-98F0-4ABA-8148-9F4968CDB1B8

なんでも、とある商社さんのインド人が日本に出張し、CoCo壱へ行った折、「コレはインドでもいけるヨ!」
と仰ったところから始まり、なんとコロナ禍が始まった昨年8月オープンしたのです。私が行った週末お店には、お客さんに日本人もインド人もいました。

このお店が入っているサイバーハブは、巨大なビジネス・レストラン街。
8ADA62EA-AD7B-4275-878B-4FD61A26349E
門の前で、男女に分かれ、体温、コロナ・アプリ、手荷物チェック。アフガニスタンがあんな事になったので、手荷物チェックはこれまで以上に厳しくなるでしょう、気をつけようと、自分に言い聞かせました。インドのコロナ対策が迅速なのも、近隣国との緊張がある事は否めないでしょう。もちろん、店内に入る時も検温・消毒です。
F404CACD-4232-45B2-B144-624FEC62949F

さて、ハブ内で、ミニスカ女子発見!
1CA661CF-7A3B-47B2-8442-CF05923798F4
私は、健康で開放的な女の子の溌溂とした姿が、いかにも「平和と自由と青春を謳歌」という感じがして好きだ。また、インドで太陽の下を、ミニスカの女の子が歩く日が来ただなんて!!2000年前後は、夜の高級ホテルのトイレで、如何にも「良家の」という風情のお嬢さんが、ジーンズからミニスカに着替えて、ミラーボールが光るホテル内クラブに入って行きました。
 昨今の近隣国ニュースで、これから弱い人々に起きるであろう悲劇を想像する度、胸が痛かっただけに、戒律に厳しい国々に囲まれたインドの彼女の無邪気な姿を見ながら、心から「よかったなぁ」と思うのでした。

F1CF1B5F-71FE-4534-B19D-5EC94307B920

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ