陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

持ってきてよかった日本のもの

持ってきてよかった④(先割れスプーン)&とっても美味しいインドのメロン

インドの果物はとても美味しいです。
それらを食べるのに便利な先割れスプーン。
4E8129C9-2B0E-43CA-93F5-78337CF57DC2

コレ、海外ではなかなか見つけられないものの一つだと思います。
先割れスプーンも、無ければ無いでなんとか生活はできるけど、あると、果物をザクッと切って、メロンやスイカなどのタネをホジホジしながら食べるのにとっても便利。また、フォーク・ナイフで品よく頂くのも、綺麗にカービングするのも、余裕のある時はいいですが、毎日の生活では機能的な食器がラクです。

今、とっても美味しい小ぶりなインドのメロン。
48ABCB2E-00B2-42ED-95D9-0822AC30249D
包丁を入れると、「おっ、コレは!」という果肉の柔らかさが手に伝わります。
そして、甘くてみずみずしい。まるまる一個でも食べられちゃいます。
71C0CD44-9D98-4779-9DFE-50B03E1E8E30

そんな夢中で食べたい時にも、先割れスプーンは便利です。

                       にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
       にほんブログ村

持って来てよかった③(菜箸)


引っ越し荷物に入れておくとよいもの、菜箸。
IMG_6565
必需品ってほどではなく、無くてもなんとかなるけど、料理は毎日のことなのでやっぱりあると便利。
他にも

○100均ショップみたいなお店もあるが、100均の菜箸って、食洗機に入れると曲がってしまう(←経験アリ)。
○湿度と温度が高いモンスーンの時期などは、特に菜箸は直接食品に触れる物だから、衛生を保ちたい。
○インドの台所に増えた食洗機がせっかくあるのだから、それでしっかり洗いたい。

…という理由で、菜箸は自分が使い慣れた丈夫なものを持って来た方が良いと思います(軽いし☺️)。

持って来て良かった②(糠床)

コールラビとアボカドのぬか漬け。
32288450-6853-41CD-A8FE-FE78077FC076

待避中日本の冷蔵庫のジップロックの中で静かに眠っていた糠床が、インドでようやくいい状態になりました。
2C97B117-2DA2-4AF2-B38B-5C5BC84C8BD7
キングフィッシャービールを入れたから、糠とインドの良い菌が仲良しになったのかナ。

初駐在の時、イスラムの国や北アフリカを回られた「日本の航空会社が飛んでくれる国で文句を言うもんじゃあ、ありません」と豪語する頼もしい先輩奥さまが周りにいらして、ハードシップの高い国での生活の知恵をいろいろ教えていただいたのです。そして、その一つが糠床。マーケットに、きゅうりやニンジンはあるけど「日本の形態と違う〜💦」なんてことは何処の国でもありますが、糠漬けにしてしまえば、あら不思議。ホームシックへの癒しヘルシーお皿に早変わり。また、発酵しているので、お腹を壊しがちなアジアの暮らしの味方になります。当時「Yukettaちゃん、糠漬けはいいわよ〜」と勧められ、帰国後、母から糠床をもらい各国転々と。糠床はジップロックに入れてスーツケースに忍ばせるのですが、あの黄土色のペーストを入国する時に咎められたら、fermented rice branで通じるか、いつもドキドキします。しかし、今回も無事インド入国できました。母はもう居ないけど糠床は元気に復活。菌って逞しいです。

さて、今回はインドで国産コールラビが安価で手に入るので、蕪の感覚で利用。
E1FF2660-CF3F-4E61-A379-AEEAD26E3DC3
インド産コールラビ、瑞々しいです。
アボカドは、今日使いたい、明後日使いたい等、希望日を伝えると、INAの八百屋のおじさんが真剣に選んでくれて、それは大抵どんぴしゃり。包丁を入れると鮮やかな緑がこんにちは~😆。八百屋さん、彼らはプロです。
F254C65A-60F0-45A4-964F-F8EE3A6A324A
半分に切って表面に塩をし、そのまま糠床へ。
2〜3日冷蔵庫(もう夏なので)で休息。頃合いで出して洗って切って盛りつけた後は、コールラビに胡麻をかけ、アボカドにオリーブオイルをたらーり。これは既に、ドレッシング入らずの立派なヴィーガンサラダです。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

持って来て良かった①(胡麻すり器・胡麻炒り器)

今となっては、手に入るものが沢山あるインドですが、1か月半ほど暮し、お店を回ってみて、
「やっぱりこれは日本から持って来てよかったな(置いてこれば良かった~ってのもあります)。」
というものが見えてきます。

その一つ、あ、その二つが、胡麻すり器と胡麻炒り器。
9E90139C-452E-4683-94CF-2229FF14C729
 スパイスの国なので、ガーッと細かくできる小さなミキサーはありますが、その日に使う分だけスリスリできる日本の胡麻すり器は優れもの。
8F5EA2EA-7C5F-4E91-BDE1-11A76A9F0D0B
これから暑くなり、食欲が無くてお浸しや冷奴で…なんて時もちょっとスリスリ(^^)。

一方、フライパンでも胡麻を炒ることができますが、胡麻炒り器は、網が付いているので胡麻プチプチっと弾けた瞬間も飛ばないので、昔の人の知恵は凄いなあと感心する調理器具です。また、胡麻だけで無くインドのナッツ類をちょっと炒ると、香り高いビールのおつまみに。これが良人のいない日のお一人ビール時間(最近はあまり無いのですが…)がホントに豊かになるのです。

例えば、蕪とオレンジのカルパッチョに、炒った胡桃の実をパラパラ〜。
 7EBA2903-948F-4851-87EB-489A63075864
ビールだけでなく、インドのワインもどんどんいっちゃおう~っと、なります。
二つとも重たいものでは無いし、丈夫で長持ちするし、高くないし、アマポチですぐ買えるしで、海外生活にはオススメです。

 にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

インドランキング 
プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ