陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

一時帰国

インドでドレスをつくる

インドでドレスを作る。
アリ、と私は思います。
先日の演奏会用のドレスは、仲良くしていただいているディフェンス・コロニーのデザイナーさんに作って頂いていました。

彼女はハイブランドのデザイン服を体型と懐具合にあわせて作ってくださいます。今回は、スレンダーなキャサリン妃がお召しになっていたグリーンのドレスを勧めてくださり、それを、ペンギン体型の私に合わせて作ってくださいました。
IMG_1815
キャサリン妃、お美しい〜🥰。

一方私が作って頂いたドレスは、生地代込み1万6千ルピー。
FullSizeRender
有名な日本の「パーティドレス、ステージドレスのAIMER」だと、ネット販売用シンプルドレスでも4万円近くするので、コスパは良いと思います。

採寸から仮縫い、仮縫い、そして仮縫い…仕上がりに数ヶ月かかりましたが😅(アナタが望めば一週間でヤル!とデザイナーさんは豪語している)。でも丁寧な仕事だったし、歌いやすいようにウエスト周りをふわっとさせる工夫もしてくださいました。


生地は、自宅で水洗いできる化繊、アイロン要らず。インドシルクやコットンプリントも素晴らしいのですが、やっぱり洋装は、使いやすい、持っていてもお金や労力が必要ないものが自分のためになります。

良人が、もっと作ったら~?と言ってくれているので、またお願いしに行きます☺️。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

演奏会記と音事情

今回はますます練習場所が限られて行き、身狭になっていく日本を感じました。

私はどこに住んでも、ホテルでも、ホイホイ練習しちゃうのですが、コロナ退避や、帰国者閉じ込められ時に、クレームで、練習出来ないことが一番堪えました。もう東京では防音がない部屋では練習出来ません。私が一時帰国後最初にするのは部屋検索。練習の為にカラオケに行くと、楽器の人がいたりして音を聴きながら「心で握手」と思っていました。

驚いたのは最終リハーサル日に、とある区の施設のリハーサル室で楽器が入ったリハーサルが出来なかったこと(なんでリハーサル室って名前がついているの?)。理由は楽器の音がうるさいから。急遽、別施設の地下にあるリハーサル室になりました。変更された部屋は、珍しく残響がある部屋で私は嬉しかったのですが、地下室のため、湿気が高く、弦楽器には命取りな部屋だっだそうです。
本番当日も、楽屋で楽器の人同士が
「ここ(楽屋)は音出しできるみたいだよ」
と、遠慮がちに話していて、いったい楽器の方は、普段どれだけ気を使って練習されているんだろうと、胸が痛みました。

3月にデリーで大家に追い出された私ですが、あの悪徳大家でさえ、音には寛容でした。1日2〜3時間は音を出しているのに、会うと
「I like your voice 」
とお世辞を言ってくれ、そこに、日本の音に対する過敏な状況との大きな隔たりを感じるのでした。インド人はやかましいけど、私はかえって「"やかましいのはお互いさま"ができる!」と、ほっとするのです。

とはいえ、昨今のデリーは、二重サッシで、遮音タイプの部屋が増えていることを、3月の家探しで実感しました。静かに暮らせて、それは良いことなのしょうが、私にとっては、昔のデリーの家の作りで、自然に音が跳ね返ってくる残響を懐かしく思い出します。あれは歌いやすかったなあ。一方、音が吸われて行く部屋はなんだか怖くて、私は孤独を感じるのです。ちなみに、デリーのシバナンダヨガセンターは、建物が昔ながらの作りで、ファイナルリラクゼーションの死体のポーズやマントラを唱えている時、声の良い先生だと、それが部屋内でよく響き、大気に振動し、心地よく耳に体に入ってきます。

IMG_1754

さて、出演させていただいた、豊洲シビックセンターは、残響がとても良い。防音特有の音が吸い込まれるストレスのない場所で演奏できる。従って、響いた音とコミュニケーションがとれ、それが堪らなく嬉しいのです。ピアノもイタリアのFazioliで、カラッと晴れた青空のような音。本番当日の声出しは5分だったけど、残響を感じられる舞台でできる。こうした、この日に与えられた最高の機会を貪欲に使い切ろうと、本番では、みなさんものすごく集中されていて、そこが良い演奏会でした。

帯同しながら音楽を続けることは、それなりに気丈さが必要ですが、今回出演者と話して、日本で頑張る音楽家もまた、厳しい状況で頑張っている事がよくわかりました。寛容される部分が減っている分、私が若い頃より更に厳しくなっているのではないかしら。
それでも、悪条件を超え、集中の先にあるものを知っているからやめられない。
愚かだけど、愛すべき私たちなのです。

なんでもないふつーのごはん

昨日は、東京でオンナ1人頑張る友人の所へ、ごはんを作りに行ったよ!
FullSizeRender
まず冷凍用に炊いたご飯ををリュックに詰めて買い出した食材と共にピンポ〜ン。
友をハグしたら、えらく痩せてしまっていて胸が痛んだ。
色んな話をふんふん聞きながら作った、できたて「お揚げの炊いたん」をパソコンの側においたら、いたく喜んでくれました。
IMG_1745
洒落た演出はせず、どさどさ作った生姜焼きや、茹で野菜をパック詰め、冷凍・冷蔵。
CB466BB8-907B-40B0-9A76-BCB018321B09

4D27C28E-EC52-4E7F-BCB8-9EECA8BE864F

コレ、仕事になる?
働く女性に、ご飯と冷蔵・冷凍できるお惣菜を作るオバハン。世間に求められているかなぁ。
本帰国後は、人さまの役に立つ何かができないかなと、あれこれ考える昨今です。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

演奏会打ち上げ


熟成レア肉で打ち上げ〜♪,@11:00pm。
FullSizeRender
昨日は、東京で演奏会に参加させていただきました。とびっきり残響の良い会場を、余すことなく使うという主催者の意向で、全て終わった会場を出たら夜10時すぎていました。
夜10時30分以降もご飯が食べられるようになったニッポン。12時過ぎても酒呑女が安全に帰宅できるニッポンに感謝!

昨日は、長い1日(私はばーさんなので、朝4時に目が覚めてしまうからキツかった~💦)だったから、肉の旨さが身体に沁みた〜✨。
FullSizeRender
990円ビール飲み放題もサイコー🙌。

泡の中に生きてく幸せがある。

歌い手は、肉好き、酒好きが多くて、そんな皆さんと、パクパク、ぐびぐび、うぐうぐしながらお話しできて本当に嬉しかったです。
インドでの練習は、自分への甘さ自己叱咤、自己管理の日々で、孤独だけど、それもまたよし。だって好きだから☺️。最初の一音で、世の中の雑事はどうでもよくなり、自身が正される。音楽が私の聖書。
本帰国後もこの世界に受け入れてもらえるよう、引き続き頑張っていくよ!
えいえいおー✊。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


運ばれ中

鶏皮と生キクラゲの塩炒め。
IMG_1590
ポチった水耕栽培キクラゲは、只今我が家に向かって運ばれ中。
あんまり大きくありませんように🙏。
プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ