陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

20年前の思い出

思い出/長時間停電のお話

 1990年代の終わり私の初インド駐在の頃、インドではテレビを持つ家庭が増えつつあり、かつての日本もそうであったように、停電が頻繁にありました。
 既に30時間以上停電を経験した友人や、当時のインドよりもハードシップの高い国での経験のある先輩奥さまから、対策を聞いていたので、私もそれなりに心の準備はしていましたが、やっぱりそれは得難い体験でした。

 当時のグルガオンはさら地で、巨大なビル群は無く、多くの日本人はデリーの一軒家(これは本当に煉獄のように暑かった)、或いは2、3階建てのアパートに住んでいて、各家が停電の時に使うジェネレーター(自家発電器)を確保していました。

 その日、未明から既に停電は始まっており、我が家が管理している3台のうちの2台のジェネレーターが、ドドドドドーッと大きな音を立てて動いていました。ジェネレーターは2台あれは普段の停電は凌げたのです。しかし当時、インドの核実験で日本からの抗議があり、そのために物事がうまく運ばず、本帰国される方が増えたため、たまたまゆく先がないジェネレーターがぼた餅のように一台多く確保でき、これが長時間停電の助けになりました。

「家に問題が起きる時ほど夫はいない」これは今でもインド生活・アルアルですよね。その渦中もやっぱり一人。それでも、夫が何度も電話をかけてきてくれたので連絡をとりながら一緒に対処しました。
 さて、停電中に一番守るべき物、それは冷凍庫の中身、すなわち、タイやシンガポールで買い出しした肉を中心とした冷凍食品です。何故ならその頃のインドでは、鶏肉以外のまともな肉を買えなかったので、それらは、時間とお金をかけた宝物だったのです。他にも大事な時に食べようと仕舞ってある、明太子や、いくら、魚の干物などもあります。
 それらを守る冷凍庫を動かすジェネレーターは停電時の命綱。しかし、ジェネレーターは長時間使い続けると壊れてしまいます。一方、冷凍庫や冷蔵庫は、扉を開けなければ数時間は庫内の温度をキープできます。その数時間を見極めながらジェネレーターを休ませたり、再起動させたりしつつ、冷凍庫、冷蔵庫内温度を維持するのです。しかし、この時は前述した3台目を確保していたので、余裕があり助かりました。
 ドライバーさんは、ジェネレーターのガソリンやオイルを買いに車を走らせ、ジェネレーターに燃料を補給。門番のチョキダールさんは、他の階の住人のチョキダールさんも含め、ジェネレーターのスイッチの切り替えや、炎天下の中でジェネレーターにホースで水をかけて機械を冷やしたりと、親身になってくれました。
 私は蝋燭や、夕食の準備等家事を明るいうちに済ませ、
「これでもう一晩は大丈夫、でももしそのあとも電気がこなかったら?いや、その時に考えよう。」
と、腹を括りました。
そして、長時間停電経験者や、砂漠の国の大停電中に自宅接待をした先輩奥さまの知恵を励みにしました。
日が暮れ、辺りが暗くなり、蝋燭に火を灯しながら、
「ああ、今晩、電気は来ないな。」
と、覚悟したそのとき、停電が終わる時の電気の光の揺らぎと、ジェネレーターの音が止んだ静寂が来ました。ゆらゆらっとするな否やパカっと放たれた明るい光を見た時、涙がつうっと流れ、こうしてデリーの夏に20時間近く続いた停電は終わりました。

後日、何らかの会合に出た時
「Yukettaさんの地区、凄い停電だったんですって?」
と尋ねられたので
「ハイ、凄かったです。電気が来たら涙ぐんじゃいました。」
と答えた一週間後、いろんな人に
「Yukettaさん停電で参って大泣きしたんですって?大丈夫?」
と、尋ねられる事になってしまいました。日本人も少なく、何処の会社の誰が何を言ったかがすぐに脚色つきで伝わる頃のお話しです。
しかし、この伝言ゲームに助けられた事もあるのです。そんなお話はまたいずれ。アメイジング・インディアなお話ですよう☺️。

FullSizeRender
トゥルシー(ホーリー・バジル)の実を摘んだよ!
香りだけで身体の中が浄化されそう。今日はシンプルにトゥルシー''だけ"茶にしてみます。
果たして⁉️
楽しみ~🥰。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

インド生活・懐かしの冷たい豚肉料理

ひんやり・つるるん豚肉の葛たたき
IMG_1109
 二十数年前の初駐在時、初めてポットラック(持ち寄り)パーティなるものに参加した折に作ったもの。

 クックパッドはない時代、既にモンスーンで野菜の種類が少ない季節。限られた食材の中、「ポットラック」という言葉も知らなかった新米駐妻は、ふーむと腕組み。
食糧庫を見てふーむ。
冷蔵庫を見てふーむ。
更に冷凍庫を掘り起こし、良人がタイで買い出ししてあった豚肉を見つけ、
「あっ、これを片栗粉ではたいて、葛たたきにしよう💡!」
と思い付きました。
 肉を粉で叩き、それを湯がいたあとは、氷水で締め、トロミのついた茹で汁に、豆板醤、酢、醤油、生姜を入れ、辛酸っぱいソースにします。
IMG_1118
 持ち寄りパーティって、自分が作ったものが、減っていかないと、切ないものですね。そんな中、お料理を上手にみなさんを勧めるベテラン奥さまがいたりして☺️。にこにこするしか脳のない私は、心の中で手を合わせていました。

 ポットラックは、豊かな国では、面倒なところがありますが、当時は、他の奥さま方が持ち寄ったお料理レシピが、自分の頭で考えるには限界があるインド食生活のマンネリ化を防ぐ事になりました。更に、そうしたお料理が、現在の我が家の定番になったりもしています。また、当時のインドより更にハードシップの高い国での経験がある奥さまの生活の知恵も、今の生活はもちろん、コロナ禍の生活をも支えてくれました。

そうそう、デリーは気温がぐんぐんあがり、ひやっとしたものが美味しい季節になりましたね。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

インドの寛容

栗もなか
IMG_8183

先日、良人が、20年前のインドの休日に、遊んでもらったカード仲間(ゴルフとトランプが当時の娯楽)のご飯会に行き、大好きな甘味を頂いてきました。そして私は今朝、良人甘味タイムのお相伴に預かりました。


20年前の休日
当時もやっぱり単身の方が多く、我が家で遊んでもらう時は、ご飯を一緒に食べて、その後私以外の人たちは夜更けまでカードゲームに明け暮れていました。私はというと、彼らの中の既婚者の、日本で留守を預かる奥さまがVHSに、これまたコマーシャルを省いて丁寧に録画してくださった、ドラマを観まくるのです。現在朝ドラの深津絵里さんが、「きらきらひかる」の主役を演じていた頃です。そうしたビデオカセットはデリーの日本人社会をくるくる周り、こうして私たちは留守を守る日本の奥さま方にも間接的にデリー生活を助けてもらっていました。

インド経験者再会ご飯会
先日は、当時のそんな仲間が集ったのですが、そのご飯会にはなんと、バリバリコロナワクチン4回接種済みがいたり、全くワクチンを接種していない人がいたり、はたまた、「アベヤメロコール・デモ」に参加した人がいたり、逆に「安倍さん支持派」と公言する人がいたり…。とにかく、右に左にならえにならない、なれない人ばかり。
それでも、
「へえ、そうかい、しかしボクはね。」
と言う自分の主義主張を隠さない会話をしながらの、仲良く楽しいお食事となったそうです。
やっぱり、インドはすごい。
あのカオスの中で、男たちに、寛容を教え、彼らはそれを育て、時はそれを熟成させていたのでした。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村


愛され奥さん

昨日、ウィンダメアで湯船を使う喜びを綴った時に、思い出したエピソードがありました。そこで今日は旅記録はお休み。2000年前後、デリー冬、私がこれまで生きてきた中で一番、ご主人に大切にされているなあと感激した女性とそのご主人のお話です。

デリーの冬
「デリーの冬は寒いです。」
というと
「え、インドに冬があるんですか?」
と驚かれる事がありますが、寒いです。零下になることは滅多にありませんが、家が、夏に涼しく過ごせるようになっているので、「冷え感」が半端ないのです。2000年当時はエアコンは冷房しかなく、私たちは冬、小さな電気ストーブで過ごしていました。中にはだるま型の石油ストーブを日本から持ってきている人もいて、これは停電に左右されないし、もの凄くあったかいので、重宝されていました。
こんな日々は、温かいお風呂にでも入れると良いのですが、当時のギザ(湯沸かし器)は小さく、足湯程度にしかならなかったのです。


愛され奥さん
そんな冬も最中のある日、あるお宅でのお好み焼きランチ時、毎日底冷えするね〜等の会話をしていた全員が
「ええええっ!」
と言って、手を止めました。それはひとりの奥さんが
「うちは主人がしてくれます、毎日」
と言ったからです。
彼女のご主人は何をしてくれるのか?
それは彼女のために、湯船にお湯を溜めること。もちろん前述の通り、当時のギザだけでは足首程度にしかお湯は溜まりません。しかしなんと、ご主人は、台所で大きな鍋にお湯を沸かし、湯船まで運ぶのです。これを私もやったことがあるのですが、鍋のお湯はガスの口の数だけ沸かしますし、インドの広い家の台所とバスまで何往復もしないと、肩まで浸かる「お風呂」にはなりません。熱湯を運んでいると時には、アチチ、となる事もあります。運ぶ時にお湯が飛び散り、それにツルッとなって、あぶね~💦って事もあります。それを休日だけではなく、仕事のある平日も、奥さんのためにされるというのです。しかも、しかも毎日。
「わあ、私もあなたのご主人のような夫が欲しいワ。」
と誰かが言いました、
うーむ。夫婦って鏡のようなものだから、夫を取り替えたとしても、貴女は彼女のようには愛されないでしょう。と、私は心の中で欲しがり屋さんに対し、シビアになるのでした。

つい最近、夫にその思い出を話したら、彼曰く
 「ご主人は、奥さんがインドに一緒に来てくれて本当に嬉しかったんだよ。」
なるほど。世の夫とは、そういうもんですか。

さて、彼女のご主人はとあるメーカーの、当時、その会社の事務所をインドで立ち上げた方でした。確かに、前任者がいない外国(しかもインド)で仕事を始めるのは大変ですが、そこに帯同するのも大変です。同じ会社の同僚、若しくは上司・部下の関係なら、申し送りもできるでしょう。しかしはじめの一歩をする人はそれがないのです。当時のインド情報は大抵書物から。インターネットはボチボチ、ケータイはある、しかしSNSはない時代です。日本人会の婦人部はありました。婦人部では、日本人会の存在を知らない帯同家族がいないか、網を張り巡らせ、見つかると訪問し、何か困った事はないか、あるいは婦人部が持っている情報をそうした方と共有する活動をしていました。しかし、その出会いがあるまで、ネットのない世界でたった一人でインド社会に向き合うのです。駐在する人はポストが準備されていますが、帯同する妻は、そのポスト探しから始めなくてはいけません。始めはまさに暗闇を手探りといった具合の生活だったでしょう。既に就職されたお嬢さんがいらっしゃる年代のご夫婦でした。それまで日本で続けて来られた活動もあったでしょうに、それをきっぱり切りをつけての初めての海外駐在帯同。彼女にとっても大決断だったと思います。

その彼女には、料理のお出汁に化学調味料を一切使わないというこだわりがありました。インドでこれを貫くのは簡単ではありませんが、ご主人の口にそうしたものを絶対に入れないというのは、彼女の愛情と誇りでもあったのでしょう。彼女は駐在中それを成しました。日印往復は直行便ではなく、トランジット。送付制度のない会社だったので、一時帰国の度に、トランクをいりこや鰹節お昆布でいっぱいにしてインド入り。彼女の作る、いりこのお味噌汁にご主人はどれだけ力をもらったろう。
 そして関西出身の彼女は、私たち若手に、苦労して運んだ鰹節がふわふわと踊り、おたふくソースやキューピーマヨネーズを惜しげもなく使ったお好み焼きをご馳走してくださるのでした。そうです、前述のお好み焼きランチは彼女のお宅で開かれたものでした。
彼女がご主人と、ご主人の会社に不満を漏らすのを聞いたことがなく、むしろ
「主人は私がしたいことをさせてくれる」
と仰っていました。実は、ご主人は彼女が日本で切りをつけた活動が、本帰国後に再開できるように、親身になって協力されていたのです。


今私が当時の彼女と同じくらいの年齢になって見えてくるのは、ご主人は彼女が日本人社会の中で、誇りを持って生き生きするために、そして彼女を守るために出来ることは全てされていたのだという事です。それに気づくとご主人の深い愛情を感じ、「旦那さんに大切にされている奥さん」って良いものだなあとしみじみします(逆は悲しくてツライ)。そして彼女は卑屈になる事なく、それをがっちり受け止め、いつも堂々としていました。インドにいると、ここにいる事で絆を深めた日本人カップルをよく見ますが、後にも先にも彼女とご主人ほどのことはありません。

昨日、彼女に電話してみました。コロナ禍でも、ご夫婦共にお声にハリがあり、ご健在で本当に嬉しくなりました。夫婦で元気に長生きって、やっぱりお互いの支え合いの持続があるからこそ出来るのだと思うのでした。




自宅隔離もあと少し!
↓ポチりました。
IMG_6667
たためるから持ち運びもしやすそう!
IMG_6666
便利はどんどん進化する。
隔離運動不足、前回よりはマシかナ。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

Yukettaのデリー・ホテル巡り②/Hyatt Regencyのイタリアン「La Piazza」

書こう、書こうと思っていたのに、ついつい後回しにしていた、1か月以上前のお話しです。
 20年前、オベロイと同じく、癒しの場所だったニュー・デリーのハイアットホテルのイタリア料理屋さんへ行ってきました。
5DA962C7-0BB9-422B-B3F4-471A3A44860C
ハイアットのイタリアンLa Piazza
当時、何度通ったろう…。
私が来たばかりの頃は、インド初の日本の本格的お魚屋さんTaigaはまだ無く、もちろん、まともな和食屋もなく、生々しいお刺身に近いものと言ったら、ここのイタリアンのカルパッチョくらいしかなかったのです。
 日本から帯同でいらしたばかりで、インド・パワーに踏みつけられ、インド人に対する猜疑心でいっぱいになっているインド新米奥さまの、不安・不満ぶち撒け(私もやった)と、女ならではの妻にしか分からない思いへの共感、その対処法を伝授といった光景が繰り広げられるのもここでした。
そして、ランチで食べ放題だった大皿に盛られたカルパッチョは、お皿が空になるとすぐに新しい大皿が出てきて、思わず頬が緩み、癒しと、負けるもんかエネルギーを得るのに、充分な一品でした。
 またいつも、イタリア人のシェフが厨房に立っていらして、カルパッチョだけでなく、本格的なイタリア料理と、面白イタリア料理が頂けました。

 La Piazza入り口
5EB30E26-3C09-4718-B633-4CE7E263A821
 La Piazza、1994年開店。このお店が出来た時、イタリア人は非常に喜んだかもしれませんが、日本人社会においても事件級にすごい出来事だったと確信します。何故なら、1997年に初めて私がインドに来た時に持ってきた「ご挨拶お土産」が卵とレタスで、La Piazzaが開店して数年経ったその時でさえ、生のレタスが貴重だったのです。
 因みに、全てのイタリア人が生肉をさほど有り難がたがるわけではなく(私はカルパッチョ好きのイタリア人に出会ったことがない)、カルパッチョは北イタリアに限定されたメニューです。
 だから
「生肉と、生のルーコラと、パルミジャーノがふんだんに使われたカルパッチョが好きなだけ食える!」
という、この時の邦人の喜びの大きさは、イタリア人のそれを超え、また、私の想像を超えていたでしょう。
 また、色んな選択肢が背景にあれば、インド料理はトライしがいがあり、とても美味しいのですが、「自力で食材を手に入れなくてはインド料理以外のものは食べられない」となると、途端に連日連続スパイスが、舌に、胃に、厳しく作用してしまうものです。La  Piazzaができる前の駐在生活は、どんなにか大変だったでしょう。
「いやあ、ここが出来た時、みんな、ほんっとに嬉しかったろうなあ」
と、お店の看板の前で、夫としみじみ話し、暫しジーンとしてから入店。そして、店内は20年前と全く変わらないLa Piazzaでした。

65E756C7-9C6C-4561-B4E7-E11F1D1349FA
懐かしい〜。



 懐かしいLa Piazza
このパン
3570AFEE-6F01-459F-B8B5-AB34153BF249
 当時とおんなじ!!!!
その頃も、シェフが変わるとメニューが少し変わったりしましたが、この最初に出てくるパンとソースは変わらなかったのです。あれから20年。まさか同じパンが食べられるとは。インド料理もイタリア料理もクミンを使うから、当時のシェフが伊印が仲良く美味しくなるものを創作したにチガイナイ。これぞお店が作った創造と伝統。ああ、プロはすごいナア。
CD18A774-9277-42C7-879D-8F1F131A4CDB
この度デカイサイズの胡椒ミル(上手に全体像が撮れなかった)も変わらない〜、と言いますか、
「あっ、そうそう、そうだった!」という感慨です。

カルパッチョも変わらない味。
3838B1F1-5328-4F69-9582-36CB1F379D51
当時は、ランチで食べ放題を、お皿にモリモリにしましたが、今回は頼んだ一皿を2人でシェア。あの頃のお互いの食欲も懐かしいです。

 定番イタリア料理
初め、昔ここで頂いたものは、カルパッチョと、赤葡萄酒しか覚えていなかったのですが、食べているうちに、ここのお料理が、正統なイタリアスタイル(おそらく、北イタリアベース)で美味しく、色んなメニューを食べたことを思い出しました。

フルッティ・ディ・マーレ。
93961681-4223-458C-A667-65DED6849D01
 デリーの魚介が美味しいから、イタリア風海のもののフライも美味しい。

トルテッローニ。
39F40EC7-3782-4D45-AF45-E37DE3388D74
外でイタリア料理を頂くときは、やっぱり、家で作るのはメンドーな、ひと捻りしてあるパスタが食べたいです。美味しかった〜。

定番のラム。美味しかった〜。呑んでしまった〜。
6EC64C07-6730-41A6-AD29-7EAB927F822C
シェアサービスしてもらいました。
B8DE29BD-0839-4377-8CFC-478B256D57DC
何処のお店でも言えますが、インドの給仕さんのカトラリー捌きも、盛り付けも、本当に本格的になりました。そうそう、ワインのサービスもとても紳士的で、ハンサムな給仕さんがお酒を注いでくださるタイミングも良かったです。


夫が頼んだティラミス。
BD844F76-315D-405B-A509-3F1F15BCBCEA
私は甘いものが苦手なので一口だけ(^^)。赤葡萄酒に合いました。


辛口オマケ

ちょっと残念なハイアットのお茶のお話です。
別の日に、ティールームへ行ってみました。ここもとっても懐かしい場所。
F734B499-DFE9-478D-8D60-549478D1BE63
ロケーションも、給仕さんのサービスも素晴らしいのですが、ダージリンティはティバック。前にも書きましたが、昔はハイアットクラスのホテルのティールームの紅茶は、必ずポットの中で、茶葉が踊り、その脇には銀の茶漉しが添えられていました。ティバックに使われる茶葉は等級で言えば一番下のダストです。そのダストをチャイに洗練させたインド庶民は天才。素晴らしい。だがしかし、何故、茶器は英国スタイルで供される、インドの代表茶葉・ダージリン紅茶が、高級ホテルと言われるハイアットで、ダストのティバックに成り下がるのでしょう。お茶の質はより悪くなり、値段はより高く。非常に残念です。

コーヒーにはない、「時」を贅沢に楽しむ、紅茶。添えてあるミルクも、お菓子も、茶葉が時間と共に開き、お湯を注ぎ足す度に味わいが濃く豊かになっていくからこそ生きる文化なのに。お店がティーバックを選択したところで全ての関連性を失ってしまう。

自分たちを虐げてきた国の良い文化を残し尊重した寛容の国、インド、インド人。あなた方に、そこを思い出してくださいと、願うのは、数年しかここに居られない外国人の甘い、無責任な感傷・干渉なのでしょうか。夫には、
「ここはインドで英国ではないからネ。
インド人が英国風を望まず、
旨いマサラティや、チャイが有れば良いという考えなら、
それは仕方がないんじゃないか。」
と言われました。
うーーー〜ん。素直に頷けない私です。
 7EC1DCA5-A123-4379-BA7E-3D62F14D20C4

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ