陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

20年前の思い出

ちょっくらアーグラ観光~タージ・マハルへ/デリー日帰り旅行①

先週の連休を利用して、アーグラへ行ってきました。懐かしさを辿り、新しさに出会う旅でした。

高速道路
ニューデリーの自宅を朝7時30分出発。高速道路を使い、アグラへ。一方、初めてアグラへいったのは、2000年以前。当時の旅路は、高速道路でない、どこでも牛と牛以外の動物とすれ違えるガタガタ道でしたが、それでも日帰りが可能でした。
 しかし、現在は高速道路でビュビューンとアグラへ行けるのですね~。感無量です。
 道路の名前は、ヤムナ高速道路。2012年に開通。10年前です。


4786926C-757E-450F-9D36-51102663F1F1

 道路はスイスイでしたが、料金所は混んでおり、長い車の列ができていました。
 スピードは100キロまで。運転手さん曰く、カメラで監視されているので、昔のようにぶっとばせないのだとか。開通当時は事故多発だったそうです。

別の料金所。
44A5D60C-6023-4088-A007-71CA581FDE71
アーグラが近づいている~って感じですね☺️。

アーグラ到着
車が高速を降りるとインドらしい風景。
EF911313-9E0B-41B2-8AE8-8D446104441C
私は田舎育ちなので、こうした感じに、ホッとします。
7F327DB2-9F34-4A3B-8CA8-6DC8AF526017
7時30分に家を出てノンストップ。10時5分にタージ・マハル駐車場の入り口に。運転手さん、頑張ってくださいました。
駐車場には人の活気がありました。
IMG_4576
マスク無し率90%😅。
皆さん逞しい〜!
ここからリキシャーに乗って、駐車場からタージ・マハル近くまで。
FullSizeRender
カラッとした風が気持ちよかったです。
途中から入り口まで徒歩。
AD7D63D9-2436-4BE0-B7B0-DCDE9CA77C38
道中、20年前と比べ、道が凄く綺麗になっていたことに驚きました。胸が潰れるかと思った憐れな姿の物乞いは、もういませんでした(普通の物乞いはいる)。

ジ・オベロイ・ホテル
タージ・マハル観光の前に一瞬、ジ・オベロイホテルへ。
E3DA7BC9-DB9B-496C-B168-A9E666AB13A1
ここではなんと全室からタージ・マハルが見られるゴージャスホテルなのです。
8B66C0C2-6F60-472E-BE1B-040C7310B3F4
タージ・マハルは人でいっぱいだったので、人が少ない
月夜のタージ・マハル
朝日のタージ・マハル
また、
サリーを着てタージ・インスタ等を経験したい方は、ここでの宿泊がおすすめです。
一生思い出に残る素晴らしい贅沢旅となるでしょう。
また、「日帰りでもゴージャス!」を体験したい方がいらしたら、旅の計画に、オベロイ・ランチを入れるのも良いかもしれません。

入り口
「わぁ、
懐かしいタージ・マハルの入り口だあ〜!」
と、感激してから、入り口の中に入るまで、およそ30分(駐車場からおよそ1時間)。何故なら、入り口の入り口に、列があり、
7E1BB931-E999-4966-BD8B-79E8CD9600B7
その先に、セキュリティチェックがあるからです。
運転手さんも一緒なので、インド人入り口に並んでいたら、外国人チケットを持っているのがわかったとたん、運転手さんも一緒に外人入り口から入場。インドです。

セキュリティ入り口は、男性は5つぐらいあるのに、女性の入り口は、一つ。
A9725A80-C52A-480E-88E6-6F0C36D5A478
この差に、いちいちキーっ🤬となっていては、インドでは暮らせません。そっちがそう来るなら、こちらはこうしますよ😜で、私は行きます🥰。インド生活は、昨今のムーブメントより、歴史が培って来た女の知恵が役に立つ。私は英語を話さないインド女性には明治女のような賢さ逞しさがあると思う。そのココロは"侮れない"です。前回のインド赴任の時も「明治生まれのおばあちゃんの生き様を知っておいてヨカッタ」と、亡き祖母に感謝しましたが、今回もそうです。
 話がそれました。セキュリティが終わりいよいよ、タージ・マハルご本尊へ。

ついにタージマハルへ!
懐かしい。

システムや周りは激変していましたがタージは変わらない姿。
この、女性的で気品ある建物へ、少しずつ近づいていくと…何か気付きませんか?
IMG_4625
良人の受け売りですが、なんと、女性の身体の一生の姿のようではないかと言われているのです。
遠くから見るとすうっとすっきりした姿。

しかし、
A08B6B56-BDB2-4F47-A97E-CBD38A055F62
少しずつ近づいていくと…
21BF8C2C-4B56-42AE-B4D3-5E36F7F8A89C
てっぺんの玉ねぎ部分がだんだん、だんだん横に広がって見えるようになり…
皆までは書きますまい😅。


さて、廟に入る前にまた列が!
IMG_4633
IMG_4635
これだけの列の人々を、
一人一人、このように、たった一人の係員さんがスマホでQRコードチェックをしていました。
IMG_4637
私たちの番になると、ネットで購入したチケットの受付は別の場所とわかりました。せっかく入り口前にいるので、何かあるといけないから、私たちは同じ場所に居続け、一緒にいた運転手さんが手続きをしに行ってくれました。頼りになる、運転手さんがいてよかった。

 このように、タージのチケット捌きは現在混乱中という風情。外国人は全く見かけなかったので、
「これから観光を全面的に受け入るようになったら、どうなっちゃうの?」
と、昔と違うタイプのカオスに心配になるものの、結局私たちも入れたので、どうにかしちゃうのだろうな、とも思いました。

足袋は、10ルピー。
場外で売り子の小母さんから購入しました。
CF74B750-C3F3-460F-BDC9-7695CA2C3847
昔は汚れた使い回し布の袋を巻いてもらいました。あれはあれで「アメイジング・インディア」でした。

 残念ながら、霊廟内は撮影禁止です。
本当に綺麗な細工の棺です。ヨーロッパでも聖堂で、キリスト教の聖人の棺が安置されているのを見ます。それらの同じ年代と比べて考えると、1500年代といえばヨーロッパは中世末期。華美なことを嫌いヨーロッパの文化が退化していたあの時代、インドのこの辺りは高い文化を誇っていたのだなぁと、改めて思いました。
世界は広い!
こうしてみると、国の盛衰なんて100年後はどうなるか誰にもわかりません。やっぱり、遺跡を訪ねるって、同じ場所でも、積み重ねてきた読書や文化財巡りで得た知識により、新たな感慨が加わり、面白いです。

 タージの裏に回り、ヤムナ川を臨む。
IMG_4658
タージ・マハル南向きに建っていますので、正面の後ろは影になり涼しい。
風に吹かれ、ヤムナ川を眺めながら、タージお喋りするのはオツなもんです。
今回は、母や友人との思い出に浸りました。

つづく
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

インドでショパン

コロナ禍で延期になったショパンコンクールが現在開催されています。ただ今二次予選中、毎日配信される若い芸術家の瑞々しい才能を、満喫しています。

初めてインドに来たばかりの二十数年前は、インドでヨーロッパ文化を感じる事は不可能に等しいものでした。それが今では、オンタイムでショパンコンクールがインドで聴ける。すごい時代です。

そこに留まり、骨を埋める覚悟なら良いけど、いずれこの国を出て行かなくてはいけない身ということもあり、20年前当時はインドと友好的に過ごそうとはしたけど、一方で、インドの世界に浸かり過ぎないように気をつけていました。何故なら、一歩外に出れば、日本文化は皆無、欧米文化は、米だけのマクドナルドとケンタッキーのみ、インドだらけの世界です。今では、大きなモールもあり、そこでは欧米や日本だけでなく世界各国の商品をみることができます。しかし当時は、色は強烈な日差しに負けじと開く花々、アースカラーに原色のサリー。お食事はスパイス、チャイにはマサラ。音は物売りの歌うような声と、インド映画の音楽。珍しくインドにやって来た、ポールモーリアのコンサートへ行こうものなら、オープニングでバーンと鳴った音に驚いた、場内の鳩が落とした糞を浴びて、今度は私が驚きギャッと叫び、すると隣のインド女性が「ノープロブレム、ミートゥ」と、汚れた手を見せてくれる…。非常に面白く、得難い経験ですが、その反面、
「自分のオリジナリティや、年月かけて確立してきたものが崩れて呑み込まれてしまいそう………しっかりしなくちゃ」
といった怖れを抱くほど、インドとインドの文化は強烈でした。今も日本の人から「自分の英語がインド人のような発音になってしまったらどうしよう」という不安をたまに聞きますが、まさにその恐れに近いものです。

それが今は、ヨガでどっぷりインドの世界に浸った後、帰宅すると、YouTubeが現在開催中のショパンコンクールで、ポーランド人の弾くマズルカやポロネーズを聞かせてくれる。何という贅沢。ネットのおかげでもありますが、これだけ、多様な世界になれば、全てその人次第で、一つの文化に埋没してしまう事はないでしょう。
今は、タイムマシーンに乗って、「インドに取り込まれてすぎてははならない」と、ガチガチに強張って、戦闘的になっていた過去の自分のところに行って「大丈夫、未来は明るい」と言ってあげたいです。

2次予選通過日本人8人のうちの1人、反田恭平さん

 


 

最後の「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」が泣けるほど素敵。オリンピックと同じく延期に次ぐ延期で、出場者は誰も彼も計り知れないご苦労があった事でしょう。この後3次予選、本選と20日まで過酷な戦いが繰り広げられる。でも、きっと演者は本望。そして、観客入りで開催されて本当に良かった。ピアニストとは才能と努力の継続の人々。日本人の若い芸術家が、海外で堂々と演奏し、ポーランドの人々から拍手喝采とブラボーの歓声をもらう姿を見られて、幸せ。涙涙です。


⬇︎インドにいながら毎日ショパンとショパンコンクールを楽しめるサイト


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
 

ヨガ開始


IMG_4091
やっとインドでヨガが始められます。
しかも対面で。
しかも、しかも、シヴァナンダヨガ!

IMG_4085
 お稽古事で門を初めに叩くときは、キチンとしたいと願っていたから、ちゃんと面と向かい、初めてお目にかかる先生に挨拶出来る事が、清々しく嬉しい。ここまで待ってよかったです。
 このヨガセンターは25年前に出来たと受け付け女性は仰いました。と、言うことは、前回の赴任と重なっています。あの時、結構ニューデリー内を探したつもりだったけど、なんでここに辿り着けなかったのか!と自分を責めると、過去の私がヒョイとやってきて
「そりゃアンタの語学力の無さ、
経験値の低さでは無理だったよ」
と、笑いました。確かにʅ(◞‿◟)ʃ。

 言い訳になりますが、ようようEメールアドレスが交わされ、まだ日本人社会に電話連絡網があった1990年代後半、情報収集は今と比べ至難の業(当時は気づいていなかったけど😅)でした。それでも、日本人コミュニティ情報と、貼り紙とを頼りにヨガを教わる場所を探すのでした。しかし、いい加減レッスンは当たり前、限りなく怪しいグルもいたし、身の危険を感じ、二度と行かない教室もありました。そんな中、一番素晴らしいと感じたのは日本からインドにいらした、「友永ヨーガ学院」のヨガの聖地リシケシツアーのヨガでした。
 デリーで友永先生のご家族とご縁があり、このツアーに参加。出会った瞬間、私は友永先生のファンになりました。ツアーに参加された先生のお弟子さんは、皆さん、ヨガ好き、インド好き、インドにきた喜びで目がキラキラ。ヨガマットなんて存在しなかった頃のヨガ愛好家です。病を抱えながら、自分の治癒力を高めたいと切実な思いを持っている方もいました。当時のリシケシへのツアーは、バスで安全に旅を組み立てていただきましたが、アシュラムにはシャワーはなく、大きなバケツに水を溜め、小さな水すくい用バケツで、体を洗い流す、と言ったものでした。
こうした旅って、女は(ワタクシの事)スッピンになり、だんだん身なりが汚く埃っぽくなっていくものですが、友永先生はシャキッとアイロンがあたった綿のショールをパンジャビ・ドレスに纏い、口紅をさし、どんな時も女性らしさを保ち、爽やかで美しい方でした。それもそのはず、先生はそこからさらに遡って10年前、1980年にお一人でリシケシに赴き、アシュラムで修行されているのです。嬉しさいっぱいだったと仰る姿が忘れられません。そして鬱屈とした私のデリー生活に、清々しい喝が入り、先生との出会いは心の励みになりました。
 旅自体は数日でしたが、私は初めてヨガとはインドのストレッチ体操ではなく、もっと、もっと広い世界の文化であり、信仰であり、それぞれが信じる道を行く助けになるものであることを学んだのです。そのリシケシで滞在した道場が、まさにシヴァナンダ・アシュラム。
IMG_4086

 凝れば凝るほど同じことを学び続けるのは難いのが転勤族の常で、ヨガそのものは日本を含め、他の国でも出来たけど、シヴァナンダヨガは学ぶことが出来ませんでした。
IMG_4084
 しかし今、私はシヴァナンダヨガを始める事ができる!対面でできるヨガを探してフラれ、見つけてフラれ、を、繰り返す私を見かねた運転手さんが調べて、また、過去の駐在奥さまが通っていたから大丈夫という確信と共に、ここを教えてくれたのです。仏教で言うところの、
「他力が働いたのだ、そして導かれたのだ」
そう思います。若い頃は、他力本願なんて、情け無い、自分で切り開かなくちゃと齷齪していました。なんとも傲慢で、恥ずかしい(^^)、あはは。いやいや、いやいや、ここはお導きに真摯な心で従ってみよう、今は素直にそう思います。それにしても、ああ、自分は多くの人に直接的に間接的に、助けられています。もちろん暗中模索していた過去の自分にも。
IMG_4090
こうして今、私は心も朗らかにアーサナを待ち侘びているのです。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


20年前の思い出(6)アーユルヴェーダ・夢はケララへ

尾籠な話を含みます。ご注意ください。


私はアーユルヴェーダ・マッサージの信者ですが、
生肉、生魚、生卵、氷入りのアイスコーヒー、、キーンと冷えたビールや冷酒、香辛料が大好きで、時にジャンキー食が無性に食べたくなる世俗的な人間なので、アーユルヴェーダ思想そのものに対しては、「困った時の神頼み」と同じ位置付けで、全くいい加減です。
ただ、それぞれの国の健康法とか、医療に関する考え方や、民間療法は面白いなあと思います。

インドでアーユルヴェーダ講義
 初インド駐在の時に、大使館の医務官の先生が、アーユルヴェーダ講演を催してくださった事がありました。そのお話しも興味深いもので、インド文明って素晴らしいなあと思いました。カッパとかヴェーダとか少々ややこしい区分けも面白かったのですが、中でも1番驚いたのはインド医学はすでに前世紀で手術が行われて、他の国からそれを見学、勉強に来る人もいたと言うお話しでした。インドの文明が素晴らしいという事と共に、そこには貧しい人々の命の軽さもあったのではないかと、講演後、お友達と複雑な思いを交えて感想を話したものです。

アーユルヴェーダを求める人々 
 行けばすぐに気分が良くなるアーユルヴェーダ・マッサージにはハマりましたが、私は、アーユルヴェーダの本質とは、その程度のお付き合いでした。しかし、良人の同僚(男性)で、本格的にカイラリ・アーユルヴェーディック・センターが指導する食餌療法を始め、完全なヴェジタリアンになられた方もいました。
 また、難病を抱えた方が、何かの解決法を求め、代替療法としてアーユルヴェーダ治療に日本からインドにいらっしゃる事があります。
 実際20年前に、日本のあるヨガ教室のリシケシ・アシュラムツアーに参加した折(そんな思い出はいずれまた☺️)、切実な思いを持って、インドに、またアーユルヴェーダ治療を求めていらっしゃる方々がいる事を知りました。そして、こうした人々の「治りたい」「家族を治したい」という願いや祈りを、尊いとも思いました。
私も、今は食を享楽する罪深い人間ですが、いつか完全なるヴィーガンになる日もあるのかもしれません。
そんな自分の未来にも興味があります。

私のアーユルヴェーダ夢
 インドに戻って、自由に国内旅行ができるようになったら、今度こそアーユルヴェーダ発祥の地、ケララに行きたい。そのヨガ教室のケララのカイラリ・センターでの滞在レポートによると、ヨガと、マッサージと、アーユルヴェーダに則ったお食事で、1日に下痢ではない排便が、複数回あり、デトックス感を実感でき、それは気分の良い体験なのだとか。こうした、身体の中が浄化される〜ってイメージがスッゴクいい。嬉しいこといっぱい考えて、育てて、インドに帰りたいです。

「20年前の思い出/アーユルヴェーダ編」了




インドのフリーペーパー/Chaloの記事を執筆していらっしゃる「あすゆきさん」が、Twitterで紹介してくださった本を私も購入。ケララだけでなく、南インド情報満載です。

あすゆきさんのブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村


20年前の思い出(5)〜現在のデリー・カイラリ・アーユルヴェーディック・センター

今回は、今年の3月、実際にカイラリ・アーユルヴェーデック・センターへ行った時のお話です。

変わらないデリー・カイラリ
クトゥプミナール駅あたりを過ぎて、車がガタガタ道に入った辺りから、バサント地区やグルガオン地区では見られない子どもたちの懐かしい光景が!
大開発されて無くなってしまったと思っていた風景がそっくりそのまま残っていました。
カイラリ・アーユルヴェーデック・センターの入り口も同じです。

42EB7346-4CA6-43D3-8A09-25964CB41D21
ああ、この門!

このお庭!
BCBC220C-A970-463B-AF25-8E39F76767FD
懐かしい!
これは、ケララの施設を模倣して作られたガーデンです。
D82699B0-874F-4CE3-BA9C-CB17D9CFE783
ニューデリーにいながら、ケララに来ているような気分にちょっとなれるんですね。 

変わったデリー・カイラリ
扉を開けると消毒液。
F1865DF2-0901-462D-B26E-48D9C758A9CC
ご時世です。

受付の雰囲気は変化。
575D5A22-C055-4960-8C39-B55793F9DDD3
もっと、いい加減~な雰囲気だった。しかし、この変化は良いこと。

私は、油まみれになった時の為に、マスクの替えを持って行きましたが、必要無し。
1BD54BB9-33F7-4FD1-9C63-763B58865566
施術時用の不織布マスクが提供されました。
また、ケララ出身の施術師のお二人はマスク防護服の上にゴム手袋、と、コロナ対策は万全でした。




郷愁と現実と希望の狭間で
そして、この部屋!
F0664D37-F4C1-49F2-89CC-2F0CCC467F96
全く変わっていない‼︎20年前にタイムスリップしたような感覚で、涙が出そう。
しかし、サービスは以前より向上。今回の来印以来何度も感じたインド人の「ちゃんとやろう感」がここにもありました。
お値段はアビヤンガ+シローダーラ+スチームで6325ルピー。
20年前と比べ、倍以上高くなりました。
FullSizeRender
しかし、ケララ出身の二人の施術師さんが、頭から足の先まで同時期同方向に温かいオイルで施すアヴィヤンガ、たっぷりオイルを第三の目あたりを中心にして左右に流し続けるシローダーラ、スチームが入った値段(滞在時間は2時間くらい)なので、日本の同じカイラリ発のアーユルヴェーダ・センターを見ると安価だなぁと思います。
横浜にあるアーユルヴェーダスパ カイラリ ↑ 
きっとラグジュアリーでオホホな雰囲気なのだと思う

着替えるための部屋は全く変わっていませんでした。
7C8E22B9-D895-4F8E-8BEE-5A71DD39BE47
扉の奥はシャワー室。
905A55C1-2934-418C-B875-6EA23831C52E
ここに貴重品を置いて、鍵をかけます。
高級店スパをイメージしていると、更衣室に入るだけでショックを受ける方もいるかもしれませんが、インド好きな方なら、インド感満載なので絶対ワクワクすると思います。
全くもって、インド文化というものは、向こうの方で人を選ぶ。アーユルヴェーダも同じく、です。

いざ施術
さて、紙の褌のような下着をつけたあとは、綿の大きな布で施術師さんが私の体を包み、施術室に通されます。
施術は前にも書きましたが二人の女性が行います。施術室に入ると、そのうちの一人の女性が、「20年前からここで働いている」
と、仰いました。
うそ~っ!もしかして、ワタシ、彼女の施術を20年前も受けている?当時は、彼女の隣にいる若い施術師さんのように、彼女も花も恥らう雰囲気だっのでしょうが、今現在は、その道のベテランならではの頼もしさと貫禄が漂います。そのベテランさんは私を木のベッドの側の椅子座らせると、頭にオイルをかけ、ベッドマッサージを行いました。アビヤンガの始まりです。
ここからは、伝統に則った「さすがカイラリ!」と多くのインドファンを唸らせた施術が行われます。

すっかり忘れていたのに、いざ堅い木のベッドの上横たわり、左右対称で行われるマッサージが始まると、彼女たちの息のあったアビヤンガの手順を、そうだった、そうだったと身体が覚えていて、初めてアーユルヴェーダをした日の事とか、母を連れてきたこととか、裸を晒しても全然ヘーキなお友だちと来た思い出が蘇ります。
シローダーラも初めての時と同じように、夢現つ気分を愉しみました。
最後のスチームは、カイラリ特有のスチーム箱に入ります。
492D060E-1174-4EDE-B8D2-7B8927919AAE
この中に入り、首だけだすのです。
このカンカンが箱に繋がっていて、蒸気がシューっと出てくるのです。
1DD100B9-6600-4FDE-A0A4-BA3998B6FAB9

確か、友だち二人で施術を受けると、シローダーラとスチームの時間が前後したりしました。

最後にシャワーです。
こちらは準備される、オーガニックのシャンプーと石鹸。
A8BB2E3B-C54F-4CE1-B607-1BAA5DA7F24C
これも、好き嫌いが分かれるところですネ。
どうしても香りが気になる方や、しっかりとした泡立ちを求める方は、普段使っているものを持参されると良いでしょう。

こちらは新米施術師さん。
E12FBD3B-1D5B-4CED-8E66-9A778D70F5A1
節目がちの可愛らしい方でした。
施術時は、このサリーの上から、防護服と手袋をされるのです。

D16D07FB-153B-4FFC-A3BC-0734BBC99F86
使われるオイル。
D3B303FE-1613-4008-8C29-9F6FCD1D10F0


シャワーを終え着替えたら、別室へ。
B8861F05-AD4B-4D00-BDE7-CFFD26DADF78
ハーブのお茶が振る舞われました。
37B3ECC1-18CF-458D-B768-4411A72E47C2
カイラリに初めて来た時、お医者さんの説明を受けた記憶があるのですが、また、インドに帰って落ち着いたら、ちゃんとお医者さんの診断も受けてみたいです。

 





つづく


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村 
プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ