陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

インド旅

Yukettaのシッキム・ダージリン紀行⑭蒸気モクモク・ヒマラヤ登山鉄道

最終日、二番目のイベントは「トイトレインに乗ろう!」です。

ダージリン・ヒマラヤ鉄道
アジア最古の登山鉄道、「ダージリン・ヒマラヤ鉄道」。蒸気機関車は、イギリスのグラスゴー製で、線路は1881年開通。
コロナ禍でずっと運行停止をしていましたが、9月1日から運行再開されました。



駅でわんちゃんがお出迎え。
IMG_6402
人との距離がなんとも。
人々は、普通に線路を横切ります。
IMG_6404
準備中機関車の蒸気もくもく。

機関車ってなんで見ているだけで、こんなにワクワクするのだろう。小さなトイトレインなのに、「主役な乗り物感」が半端ないです。
さあ、もうすぐ汽車がやってきますよ!
6957A75A-6E1A-4643-A0CF-58DA5B453DF2

車内の様子
車内は40席ほど。
IMG_6428
席が決まっているのに、殆どの人が適当に、いや、座りたい場所に座り、少数派の真面目な人々(私たちも含む)が、座るべき席に行ってくださいと彼らに間違いを指摘します。早く退いて欲しい人と、状況が掴めないのか表情を変えずに座り続ける人とのジリジリした心理攻防戦。恐らく多言語国の問題もあると思います。その上インスタ映えを狙って、小さな昇降口で、ポーズを何度も何度も何度もとっている若者もいます。既に彼らから負のテンションをもらって入ってきた人でいっぱいの狭い車内は、ものすご〜く、密密密密密密&大・大・大・大カオス。しかし、5分もするとそれもおさまりました。
インドです。


車窓から
みんな大好き、機関車。

トイトレインはゆっくり自転車くらいの速度。時折見かける子どもの汽車を見上げる顔が可愛い。もの凄い音量の汽笛と、汽車のゴトゴト加減が、まるで能舞台の御囃子のようでした。
汽車ってホント、劇場的。だから映画にも使われやすいのだろうナ。ホラ、鬼滅の刃もそう。
FullSizeRender
この写真の彼は、バイクで先回りし、ポイント毎に、彼女を撮っていました。色んな愛の形があります💝。


バタシア・ループの駅で10分停車
機関車って、生きてるってかんじ。これもまた文明開花の音だったのだろうナ。

登山鉄道、バタシア・ループ駅で10分ほど停車。みなさん降車し写真を撮りまくる。
IMG_6461
グルカ兵の慰霊碑も建てられています。
86D62003-6FE5-4037-8E28-C65F9F7E1CE7
グルカ兵をサクッと検索するだけで、印・英・緬の近現代史がみえてきます。

知らないことばっかりだナ、私。


10分経つ前に、車内に戻る私たち夫婦。一方、「もうすぐ、出発しますよう~」の笛を何度吹いても、楽しく写真を撮り続けるのはインド人です。この人タチ、電車に乗り遅れる恐怖って経験したことないんだろうナア。
そして、結局間に合ってしまう、というか、待たされても、好き勝手にしたいことをしていた人を置いて行かないインド。
「真面目な私たちって、ソンだね。」
と夫婦で笑う。というと、よっぽど心にゆとりのあるヒト達に見えますが、インド人にブチ切れ怒鳴りまくりの前科を夫婦共々持ってます。前の本帰国後、インド生活モードが抜けなかった私は、母の主治医と病院の不実にぶち切れ全開をやってしまい、母に
「お姉ちゃんが怖くなってインドから帰って来た。」
と、泣かれてしまいました。守ったつもりが恥をかかせていたのか…。タガの外れた怒りは結局自分に帰ってくる。苦い思い出です。
現在は…きっと怒る体力がないのだと自嘲しています。


 
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

Yukettaのシッキム・ダージリン紀行⑫御来光とカンチェンジュンガ


御来光を浴びるカンチェンジュンガ
朝4時30分に出発し、タイガーヒルへ。
85480B12-EAB0-4BE2-BB8D-3E1352356ADC
まだ月がでていました。
ここから、御来光を浴びるカンチェンジュンガを仰ぎます。


日本で御来光を待つ時と違い、賑やかにしている周りのインド人が、更なる歓声を上げると共に、雲がすうっと払われ、カンチェンジュンガが姿を現しました。
9F4C1DD9-F8A3-4452-9509-3486AB180320

A24763FB-5D16-4B21-998A-4EA405FB941B
AE47AA84-95E9-4F60-B0C3-58532BF3131F
1CA01BFC-DF53-4DF1-A0A3-38ED4EA3789A
E5E76A03-0B55-4B20-BECD-D409B5A1172A
振り向くと、輝く朝日。
なんておめでたい場所だろう。
残念ながら、エベレストは見られず。しかし、これが見られて、幸運だよと、周りの人に言われました。


ここには、23年前に母を連れて来ています。私の母は晴れ女で、自分の葬式まで、台風一過の大晴天にしてしまう人でした。母が一緒だったこの時は、ぐるっと一帯雲も無く、エベレストが神さまの住まいのように、ポカっと一段高い位置に鎮座していました。元祖山ガールの母に、夫は良く尽くしてくれ、私は彼のおかげで親孝行させてもらいました。
あの頃より、御来光を望む人々は激増。タイガーヒルへの道のりも、車が増えたために時間がかかりました。コロナ後は、さらに人が増えるでしょう。
F7B82E29-61FA-4AC6-8DAB-8309CAC38461

早朝マラソン大会
宿に戻る途中、マラソン大会の子どもたちに遭遇。
297694DD-B8EC-455F-B395-109CB4B4D42F
まだ朝食前の時間です。
A0DE42F7-F848-4A44-834C-4391C4647635
元気っ子だなぁ。オバハンは年寄りだから、涙が出てくるよ。
こんな標高の高い場所で早朝持久走していたら、いずれすんごい選手が出てくるね。ラダックもそうだけど、北インドの山岳地帯はエチオピア並みかそれ以上の標高。彼らの生真面目さは、きっと持久走に向いているのではないかしら。ダージリン出身の金メダル選手、いつかTVで目にする日が来るのだろうか。おばあさんになった私は、テレビの前で、旗を振ってオーイオイ泣いちゃうと思う。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

Yukettaのシッキム・ダージリン紀行⑩ ウィンダメアのアフターヌーンティ

懐かしのウィンダメアにやってきました。今回のダージリン宿泊も、ここでお世話になります。
ウィンダメアについては、西遊インディアさんがblogで説明されています。

ヒマラヤ山麓の王家子女は、ダージリンで教育を受けていたのですね。ダージリンに、どこか背筋がすっと通るような文化を感じるのも納得がいきます。

ウィンダメアのアフターヌーンティ
アフターヌーンティーの部屋、読書部屋、バーカウンター。
変わらない1900年代前半の、ティールームとパチパチ音のする暖炉。
IMG_6263
IMG_6271
IMG_6272
IMG_6266
IMG_6265
IMG_6270
しかし、アフターヌーンティーは…。
IMG_6283
IMG_6280
IMG_6279
この時ここで働いている人のせいではないと思います。オーナーにクレームではなく、お便りをしましょうという事で残念な気持ちを鎮めました。

初めて来た時、この部屋には、私たちの他に、カルカッタのご夫婦と、イギリス人のカップルがいて、イスラム問題について語り合っていました。カルカッタ夫妻のご夫人の方のイスラム教徒に対する考え方が新鮮で、
「そうしたものの見方もあるのか!」
と、それまでの私の眼には、小さな極東の国の中でしか見えていないものがあることを知りました。もちろん私は貧しい知識と語学力のせいで、会話に加われない😅(良人に訳してもらってた)。自分を恥じました。

そうこうするうちに、シタール演奏者がやってきてインド音楽が始まりました。よく磨かれた銀器とダージリンティーの香りとシタールの音。パチっと控えめに火が弾ける音は、演奏を邪魔しません。こうした、贅沢な時間の使い方も私には初体験。
 イギリスカップルの男性がティカップを置き、背筋を伸ばし、眼鏡を掛け直し、神妙に聴いていました。
 あの、ウィンダメアに戻って来てほしい。

ウィンダメアのアフターヌーンティの荒廃ぶりはコロナのせいだけだとは思えないほど年季が入っていました。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

Yukettaのシッキム・ダージリン紀行⑧中心地からチベット難民センターへ

ダージリン中心地到着
懐かしい!思い出が蘇る。


FullSizeRender
この辺り、24年前に歩きました。デリーとは全く違う雰囲気で、国外旅行をしている感覚に陥ります。インドって本当に広いです。
FullSizeRender
シッキムと比べマスク率が高い。
ダージリンの人の気質を語っていると思います。



チベット難民センター
D8F047C3-72EE-49C3-A1B0-E4596F8B0919
初めて来たのはやっぱり24年前。当時、自分の無知を思い知りました。ソクラテスではないけど、世界旅行、とりわけ、インド旅は己の無知を自覚することができる旅でもあります。だから若い時に経験しておくと良いのでしょう。
ここにくるといつも胸が締め付けられるけど、現在進行で起きている事なので、目を背けてはいけないと毎度足を運びます。


ここでは草木染めの糸で、カーペットがつくられています。
996C5EFE-D45D-48BA-A230-B4438BB9F93E
0149D79E-061A-4FB3-87AD-48659ED3D693

おばあさんたちはいっそう歳を重ねました。
3AD26A3D-82AB-4E29-A23A-E03C779D7B92
51F0A411-8826-462E-AFF3-470134ABC194
F07E237C-B088-454B-8B69-07C1CAEA940C
織物は購入できます。
7EF2F04B-7186-4BE5-8F52-4D3D14851BDE
機織りする音を覆うように流れているのは音楽ではなく、チベットのお経。
47A6AF78-2229-4765-9CAA-DCFF3BF91852
機織り部屋には、彼の国が認定したと述べている方ではない、ダライ・ラマ法王が認定したパンチェン・ラマの写真が掲げられていました。


写真が掲げられている部屋では、映画「クンドゥン」の世界がありました。
4DFB7DD4-6FD3-4A55-AB01-B9BBD8E56832
IMG_6205
泣くのは失礼と堪えていると、目の際がヒリヒリしました。




来る度、ここの子どもたちは元気に走り回っています。
B9BD2173-A654-4A08-B80B-D600AB7FC9F2
現在、130家族がここで生活しているといいます。チベットのお鈴と、絵葉書を購入しました。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

Yukettaのシッキム・ダージリン紀行②デリーからバグドグラ空港へ。

あっ、カンチェンジュンガ!もうすぐシッキム。
機内からの撮影です。
39964EC9-086D-4473-BC51-0CB0678086DE
4737ED29-DC52-43AF-9C50-F4707C3F78DF
97C62850-5182-45D8-9D87-CDDBC015EFD1
空が青いナア。肺洗いの旅、最先良いではないですか。ウキウキ気分の前に出発地、デリーの空港の様子から振り返ってみましょう。

もやもやデリー空港の楽しいインド人
IMG_5758
朝7時50分発の飛行機に乗る為に、2時間前に空港へ。6時前なのに、人でいっぱいです。
IMG_5759
国内線ですが、決して段取りが良くないシステム。列に並び、待つ辛抱が必要です。とはいえ、面白い、あっ、写真撮りたいっといった光景があちこち(空港内は撮影禁止)に。

 並んだ列の私の前のイスラム教らしき家族は、大荷物。ディワーリー中労働し、これから周遅れの休暇で、故郷に帰るのでしょうか。お疲れさま~って気持ちです。その家族の7歳くらいの子供がカートの上でお母さんの荷物を枕に熟睡。お母さんは、彼が居心地良いようにカバン枕を整えてあげています。しかしカートの上。お母さんのカバンがあってもポール部分が身体に食い込んで、痛くないのだろうか?子どもの睡眠力って凄いナア。

 私の後ろの家族の一人は、ジャム瓶サイズのガラス瓶に金魚を泳がせていました。マジマジと見たい気持ちをグッと我慢。
 旅の間、そんなにも金魚と一緒にいたかったのか。しかし、それ、水が入っているから、機内持ち込み出来ないよね。もしかして預けるの?放り投げたりされない?インド人は殺生したがらないから大丈夫なの?いや、この空港会社はペットと認め、持ち込めるシステムなの?金魚瓶を持った彼女に質問したいことが頭の中で、膨れ上がります。

このように、奇想天外光景がそこ此処にあり、意外に退屈しません。やっぱりインド人は楽しい。
IMG_5765


ヴィスターラ航空
今回はヴィスターラ航空を利用しました。
出されたお食事はペロリ。 
IMG_5771
お腹空いていたし、美味しかった~。
IMG_5772
木目のカトラリーがカワイイ。

あと、飛行時間をスマホやタブレットで楽しめるようになっています(充電もできる)
IMG_5775
目の高さにタブレットをおける。

IMG_5776
IMG_5780
マッドマックスも観られる!
ああ、イアホンを手荷物に入れるべきでした。シカタナイ、iPadに入れた情報で、旅先予習するか。


バグドグラ空港
バグドグラ空港へ、無事到着しました。
まずは、お手洗いです。バグドグラ空港のお手洗いは、清潔。トイレットペーパーあり。水圧低し。
IMG_5794

空港を出ると、ガイドさんが待っていて、まずはチベットの白い布、カターをかけてくださいました。チベット文化の始まりです。その後、サニタイザーグッズをくださいました。
IMG_5797
もう、既に胸がいっぱい。この先が楽しみです。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ