陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

エンタメ

さよなら館長さん

イタリア文化センターの館長さん
昨晩のイタリア文化センターは、館長さんのさよならレセプションパーティ&ピアノコンサート。
IMG_6009
この館長さんのおかげで、今年度からたくさんライブ演奏を楽しむことが出来ました。

実はコロナ禍中にイタリアは、現代イタリア語の父とも言える、ダンテ・アリギエーリの生誕700年のアニバーサリーを迎えました。
ダンテと言えば、日本にもコアな研究者がいらっしゃるくらいだから、それがイタリア文化センターの催しとなれば、おそらく数年に渡る準備をされていたでしょう。また館長さんの姿をお見受けすると、お髭に白いものが混じっているし、「これが自分にとって最後の一大イベント仕事」として精魂込められたのでは…と、推測します。しかし、ロックダウンで、一年にわたって毎月提供予定だったこの催しが、全部流れてしまいました。

私もインド赴任が決まった2020年当初、すぐに文化センターのWEBサイトをみつけ、ダンテの催しが行われることを知り、
「やった、やった、ウレシイナ✨」
と、楽しみにしていたのですが、ダンテ生誕700年のアニバーサリーは、2021年、デルタの年でした。あの年は辛いことが多かったけど、これも本当に、本当に残念に思いました。しかし、館長さんに至っては、丁寧に準備した「母国の誇り。文化の源。」を紹介する催しを毎月、毎月、そして全てキャンセル。さぞかし、いや、想像できないほどの無念だったことでしょう。

それでも、今年度から次々に質の高いライブコンサートを提供してくださった、館長さんと、文化センター。
昨日のピアノコンサートは、バッハのトッカータとフーガ、そしてショパンのプレリュードと正統派プログラム。真正のクラッシック音楽好きの館長さんにとって、これは最高のプレゼントに違いないと思いました。


グローリア・カンパネール/ピアノコンサート
IMG_6041

クリスマスらしいコンサートでした。
フレージングと弱音が綺麗で、時に官能的。神さまとお話ししたり、語りかけたり…モノローグのような演奏。センスの良いモダンなドレスを、エレガントまとったグローリアさんは、ご自身で挨拶され、それが流暢なだけでなく、親しみやすく、間合いを心得た英語で、ソロクラッシック演奏家としては珍しい。
パフォーマンスも、自己コントロールが素晴らしく、良い演奏だったなぁ…と思っていたら、グローリアさんはもう演奏家としての活動をやめ、後進の指導育成に力を入れるそうです。
館長さんは、インドを去られるし…
嗚呼!何事も千載一遇、一期一会です。

コンサート後に開かれたレセプションは、葡萄酒、各種カクテルだけでなく、館長さんの故郷、フィレンツェスタイルのミネストローネも振る舞われ、イタリア大使館もDivaも粋な計らいをするなぁと感じました。

館長さん、お疲れさまでした。


グローリア・カンパネール/ショパン・プレリュードより


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

デリーでジャズピアノ・ソロリサイタル

Alessandro Lanzoniジャズピアノ・ソロリサイタル
IMG_1327
@ニューデリーイタリアカルチャーセンター

素晴らしかった~。
静かな印象派っぽい色合いで始まった音楽は、次第に複雑なリズムを刻んでいきました。

リサイタルが始まる前に、館長さんが
「スマホの音が鳴らないようにしてください。」
と仰ったにも関わらず、二曲目演奏中、ノキアのあの有名な着信音が会場に鳴り響いたのです。会場の人々が
「あっ、もうっ😡」
と感じる間も無く、アレッサンドロさんは、それを受けて、ノキアの着信音メロディを先ずはクラッシック風に静かに弾き、その後次々にバリエーション豊かに変化させアレンジ。会場は「ヤラレタ😆」という軽いけどあたたかい笑いと拍手に包まれました。 

↓ノキアの着信音



今後、グルガオンでもリサイタルは開かれるそうです。
↓アレッサンドロさんの演奏



デリーのイタリア文化センターの音楽催しは、いつも、超有名ではないが、確実にタレントに恵まれた演奏家が登場します。こうして定期的に豊かな才能に触れることで、日々の生活に潤いが沁み込んでいくことが嬉しいです。手続きさえ取れば誰でも無料入場可能。
詳しくは、Istituto Italiano di Cultura New DelhiのWebsiteで。
   ↓
https://iicnewdelhi.esteri.it/iic_newdelhi/en/


この日は、文化会館の51年のアニバーサリー。
IMG_1348
ということは、初駐在の時もここはあったのだけど、あの時はカルチャーセンターの存在自体を知らなかったナア。改めてネットとSNSの登場に感謝です。

お誕生日おめでとう、
イタリアカルチャーセンター!
IMG_1376


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

デリーでピアノ連弾コンサート

連弾コンサート
ルネサンス・バロックで始まり、印象派、現代を通りニーノ・ロータで〆る、知的でセンスの良い素晴らしいプログラム。
IMG_0505
私の中では、今年聴いたデリー・イタリアカルチャーセンターの数々のライブのNo1。

例えば、20世紀大戦の重苦しさを表現したカゼッラの作品集の後に、レスピーギの可愛い小品集。圧巻はピッツェティのダンヌンツィオの戯曲のための付随曲。ロマンチックで自由でしかし品格があり、現代的で未来への広がりに繋がる。これは最も好きなイタリア男の一人がダンヌンツィオの私をおおいに喜ばせました。
IMG_0507
最後の、イタリア映画に欠かせない作曲家、ニーノ・ロータの作品は涙を誘い、ピアノの音ががゴッドファーザーのあの切ない旋律に至った時は、ご臨席されていた大使も、カルチャーセンターのディレクターも思わずスマホを取り出しビデオ撮影。
IMG_0514
お気持ちは、わかります☺️。

演奏後、抑えられない感激の気持ちをお二人の演奏者に伝えに行ったら、気さくに受け答えてくれました。イタリアの芸術家って、実力がある人ほど、偉っそ~にするのを「恥ずかしい」と感じる人々が殆どです。
お話を伺うと、なんと、ダンヌンツィオの戯曲への付随曲は、彼らがつい最近、イタリアのコンセルバトーリオの図書館から、まさに「掘りおこした楽譜」。稀有な作品の演奏だったのでした。貴重な瞬間に、ここデリーで立ち会えたことが、もの凄~く嬉しいです。
また、類い稀な才能に恵まれた人が、こうした観客に阿らないプログラムが出来るって…やっぱりこれはイタリア文化の底力だなぁと感じ入った夜でした。

 IMG_0513
女性ピアニストの靴。イタリアです。


イタリアカルチャーセンターの催しはこちらで案内されています。↓
https://iicnewdelhi.esteri.it/iic_newdelhi/it/
近く、イタリア人によるイタリアお料理教室も開かれるみたいですヨ😉。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

インド人によるイタリアオペラ

インド・イタリアカルチャーセンターで、インド人によるイタリア・オペラ
IMG_0012
ピアノ以外、出演者はオールインド人。演目は、ドニゼッティのオペラから「Alina, Regina di Golconda」。
私は楽しく鑑賞ました。

会場は満席+立ち見。
IMG_0013
「おそらく、楽譜を読める人が少ないのでは?」と、思ったのは、読譜を学ぶ前の子どものような、声を発するときの「声帯へのストレスの無さ」を感じたので。それは、文字や文法を学ぶ前の子どもの言葉のような天真爛漫さです。

こうした生徒さんたちを、抜粋とはいえ、ドニゼッティのオペラ作品で、昨晩の状態に持っていけたのは、指導されたかたの力も大きいと感じました。

とにかく歌い手さんたちの「これから感」が半端なく、例えば、東京芸大が、明治時代の東京音楽学校だった頃の最初の最初って、こんな雰囲気だったのではないかしらと、その黎明期ならではの意気揚々・高揚感につつまれている彼らを羨ましく思いました。
IMG_0014
このファウンデーションのメンバーにもご挨拶できました。綺麗な英語とイタリア語を話すフランス人女性です。いつまでインドにいられるか、わからないけど、関わって行けるようになんとしても食らいつきたいです。また、何かで役立つためにも、私自身はもっともっと英語力もつけなくちゃ。 

さーて、今日も頑張るゾ💪。
えいえいおー!

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ゴロゴロ、読書休日デリー

ゴロゴロ読書
「百年泥」。
IMG_9020
一気読み。またまた知らないインドを知ることができた。行った事のないチェンナイの、暑ダル重感に、読み出した途端に包まれる。終盤の、過去現在日本インド死人生きてる人がごちゃ混ぜになる場面は、インドそのもの。
久々の芥川賞受賞作品。芥川賞作品はどこか新しさが必ずあるから面白い。これからも読まなくちゃ。
作者は大阪枚方市出身の石井遊佳。
他のインド物も読んでみたい。

百年泥(新潮文庫)
石井遊佳
新潮社
2020-08-07




「ブスの本懐」
IMG_8964
軽快な文章にノることができず脱落。「JK、インドで常識を壊される」もそうだったけど、若い時はこうした本を楽しめたのになあ。じつは、文体、文章、テーマの新鮮さを私より歳上の作者が書いた「百年泥」の方に感じる。そして、自分の感性が若者とは随分離れてしまったことを実感する。寂しいけど受け入れようね、自分。
ブスの本懐
カレー沢薫
太田出版
2017-01-16


JK、インドで常識ぶっ壊される
熊谷はるか
河出書房新社
2022-01-21




ゴロゴロのお供茶
「シルバーニードルのトゥルシー茶」
FullSizeRender淡いのに摘み立てトゥルシー香に負けない、ダージリンのシルバーニードル。
お互いに、別の次元で主張する~。
IMG_8988
二煎目、三煎目も、主張する~。
その違いは山と海くらい。
舌や鼻が繊細な方は、更に自然の香りを加え、バランスよく組み立てていかれるのだろうなあ。
コアな世界です✨。



「デリーで年中元気なレモングラスだけティ」
IMG_9040
懐かしいタイの味わい。

IMG_9036
IMG_9039
湯呑みにグラスが入ってしまった😆😆😆。
茎近くは煮出しているのでちょっと根菜スープ感もあり、さっぱりとほっこりが同居し、美味しいです♪。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村



プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ