陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

エンタメ

インド・イタリアコラボ・クラフト展

Vita Nova(A new life)と題された、デリー・イタリア文化会館のハンド・クラフトの催し物へ行ってきました。
IMG_2967
 「Vita Nova」のタイトルはダンテの代表作「Vita Nuova(新生)」から。
 昨年2021年が、イタリア文学最大の詩人ダンテ・アリギエーリ死後700年にあたり、ここニューデリー・イタリア文化会館でもいろんな催しが計画されていて、私も楽しみにしていたのです。しかし、COVID-19の為、全てキャンセル。
 どこもそうでしたが、しかし、100年に一度の催しを準備をして来た人にとって、一年間にわたる催しが全キャンセルとは、どんなにか悔しかったことでしょう。また、ダンテ研究なんてコアな世界だから、普段スポットが当たる時が少ない。それゆえ、この年に向かって何年も何年もかけて準備された人々の無念を思います。
 とはいえ、ここにきて、文化会館の催し物も復活してきているようです(現在イタリア映画祭中で、こちらも小規模だがで公開されている)。

↓伊映画祭でイタリア映画公開される場所
今回の催しも、ダンテにあやかっていることで切ない思いが伝わり、
「ああ、それでも!
本当によかったなあ」
と思いました。

また、先週末まで日本にいたので行けなかったけど、数日前は木管のイタリア人演奏家によるコンサートも。これから、きっとこのような機会が増えるだろうからとても嬉しい。イタリア大使館の文化会館はインドとのコラボをよく発信しているので、これからも、たびたびチェックしていこうと思います。

今回のクラフト展は、小規模ですが、優れた職人文化を持つ、インド・イタリア両国の自由なコラボ世界。
IMG_2946
これは「創世記/アダムとイブ」のイブとヘビの場面?誘惑に心を奪われながら、逃げていく、この足の方向と心が真逆の「動」の表現がイタリア的。デリーのクラフト・ミュージアムでは見かけない図柄です。

こちらの図柄も独創的。
IMG_2944
こちらはカシミール・コットンで製作されているそうです。

IMG_2945

こちらはインディアンな感じ。
IMG_2930
ゴージャスです。メディチ家の宝物部屋にでも展示されていそう☺️。
とまあ、ハンドメイドがお好きな方、自由な空想が好きな方にオススメです。 

 同敷地内にはDivaのカジュアルなカフェがありました(カクテルが美味しそうだった😆)。
IMG_2937
お庭を見ながら、涼しい部屋で、キーンと冷たいカクテルなんて、いいネ👍。
IMG_2939

午前中に行きましたが、観覧者は私だけ😅。係の方がつきっきりで説明してくださいました。館内は冷房が効いていて、とても涼しいです。

催しは連日朝10:00〜午後17:00オープン、今月末まで。
フリーチケットですが、ワクチンパスポートとアプリケーションID若しくはパスポートが必要です。

↓イタリア文化会館ホームページ
https://iicnewdelhi.esteri.it/iic_newdelhi/it/


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村


マトリックス

マトリックス・レザレクジョンズ
IMG_7994
久々に、良人と一緒に映画デイトしてきました。第1作の頃は初めのインド駐在中で、鑑賞タイミングを逸してしまい、その後、全くマトリックスシリーズについていけてなかったので、このお正月でシリーズを一気に鑑賞。初めはちんぷんかんぷんでした😅。しかし、色んなYouTubeの解説のおかげで、ようよう理解できるようになりました。

しかし、マトリックスの台本は、ご都合主義というか、辻褄が合わないというか、今回も相変わらず???。やっぱりアホな私には解説が必要です。
でも!
トリニティ役のキャリー・アン・モスが、カッコいい!!
IMG_7997
健康な女性が、50代でここまで身体を絞るの、大変だったろうなあ。本当に、凄く素敵でした。
キャリー・アン・モスといい、ターミネーターの、サラ・コーナー役のリンダ・ハミルトンといい、彼女たちは、歳を重ねるほど、役が馴染み、身体をキレッキレにして登場。もうもう、惚れてしまう。しかし、女がカッコよくなると、男性は霞んでしまう。じつはこれ、現代社会の、結構な問題なのでは…と、もやもやっとした不安が残ります。

この作品には、インドの女優さん、プリヤンカ・チョープラーさんも出演。
IMG_7995
相変わらず、お綺麗でした。
彼女は、どんどん国際的になっていきますね。
これからがますます楽しみです。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

2022始動

一昨日
IMG_7823

今年お雑煮のシメは、故郷のかしわ肉&良人の好物蒲鉾で。


IMG_7824
IMG_7818

おせちは作るのではなく、おせちっぽく盛り付け~♪
IMG_7825
海外で学んだ悪知恵です😜。

一昨々日
歌舞伎座へ。午前の部。
IMG_7787

おめでたかったのに、泣いてしまったのは、歳だからと思います。
しかし、勘九郎さんの声や面差しにふと先代さんがよぎる時。これが泣かずにいられましょうか。
獅童さんの愛らしい御子息の姿にも涙。
勘九郎・七之助ご兄弟が、獅童さん御子息のおめでたい初お目見え舞台を華やかに支えているところにも、グッときました。
IMG_7790
小さなお子さんのハレの日を、または、若者の門出を、はたまた人生の大大先輩の総決算芸を周りが盛り立ててお手伝い。どの世界も助け合いなんですね。(また、涙が出てきた😂)。




さて、我が家のお正月は一昨日でおしまい。ありがたいことに、夫婦一緒に良い新年を過ごす事が出来ました。

さて、2022年も本番。
楽しくニコニコ、良い年にしよう!

本年もよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

不条理への共感

「由良助待ち兼ねたぞ」
で、涙が溢れた。
太夫、三味線、人形遣い、音と動きが制御され、ピーンと張り詰めた中でのセリフ。四段目切腹の場面、客席は始終咳一つない静寂に包まれる。
IMG_7038
画面の数字が大きく、老眼に優しい発券機械がある国立劇場に於いて。


「日本にいる間、どうぞたくさん日本の伝統に触れてください。海外できっと役立ちますよ。」との人生の先輩からの助言に従い、楽日の浄瑠璃へ。江戸の頃からも引き継がれた日本人の辛抱強さを知った夜でした。涙が流れたあの刹那、私は同じく涙した江戸時代の江戸の人と心が通じたのだと思う。この不思議な時間旅行こそ、伝統芸能鑑賞の醍醐味。

ハラキリに関しては、西洋人に馬鹿馬鹿しいと言われ、野蛮としか思われない事に、チクショウ(説明しきれない自分の語学力も含め)と、感じた事があります。
しかし、インド人ならどうでしょう?
袖の下を渡さなかったが故のイジメ。
主人の無念と形見を受け誓う復讐。
本懐を遂げる為に捨てなくてはいけないもの。
御法度ではあるがおやりなさいという気持ち。
そこに至るまでの過程。
こうしたウェットな心理を、理解してもらえるのではないかしら?

そう思うのは、今年読んだインド関連本の「ホワイト・タイガー」原作と「インド残酷物語」の影響です。
前書は、主人の身代わりに罪を背負う羽目になりかけ、もう一つは、著者の運転手が無実の罪で服役…と、両書とも、筋が通らない、即ち、不条理だらけの世界で人々が営むインドが描かれていました。
しかし、何故でしょう、白黒はっきりできない不条理な世の中に蠢く、様々な人の情けに、観客は可笑しみを感じたり、涙してしまう。
 あとは、あれだけ長い時間の映画を創り楽しむ人々なので、江戸文化はインド人に受け入れられやすいのではないかしら…と、帰り道に空を見上げて思うのでした。
 しかし、劇場内の静寂キープは……、
難しいだろうナア。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

隔離明け/隔離中アレコレ

先日、ついに隔離が開けました。隔離中はMySOSというアプリに管理されていました。相手がAIなので、前回ほどのストレスは感じませんでした。
IMG_6895

ピーン♪とお知らせ音が入り、そのあとビデオ通話がかかってきます。
IMG_6811
時間帯はこんな感じ。
IMG_6825


この枠の中に顔を写します。

FullSizeRender
大抵、よそ見しながら自分の仕事をしていました。


隔離明けの日に↓が送られてきました。
IMG_6879
さようなら~。



シッキム風焼きごはん

IMG_6829
FullSizeRender
新作だよ!
時間があるので、宅配してもらえる食材とインドから持ってきた食材を使ってアレコレ実験お料理~♪。
シッキムの干した納豆(キネマ)、乾燥青菜(グンドゥルック)を使って。ミャンマーのシャン州料理を出すお店、シャンヨーヤーの、納豆卵焼きごはんの味の記憶を頼りにシッキム食材を使ってみました。
イケます。
グンドゥルックは戻してからトマト、チリをベースに炒め煮にするのですが、チョイと面倒。しかし、一度作りおくと、こうして焼きごはんや、和え物、サラダのトッピング、お弁当の付け合わせ、そして酒のアテになる。グンドゥルック、ますます、好きになりました。シッキムやダージリンでもっと買えばヨカッタ☺️。

インド本
『インド残酷物語 世界一たくましい民』
自宅隔離中幾つか読んだ中で、すごく辛いのに「やめられない、止まらない」状態になり、完徹してしまった本。
IMG_6859
第一刷が今年11月なので、旧不可触民(彼らは自らをダリトと言うらしい)について、消える女性たちについて、また彼らを支えるNGOについて書かれた、一等新しい情報の一つ。前世紀からがんじがらめになったまま延々と続くインドの身分制度からくるカオスの現在を一冊に。これは大変なお仕事でしたでしょうと推察しますが、分かりやすい文体で、スイスイ読むことができました。カースト制についても、私たちがよく知るピラミッド型ではない捉え方の説明がありました。これにより、住んでからはじめて感じるインドのカーストの理解し難いごちゃごちゃ感が、私の頭の中で少し整理されました(ドアを開けた入り口から、少しだけ光が入った状態)。
虐げられる人々の悲しさ、ユーモア。そして彼らには、敵わないナアと感じる逞しさがある。
著者の池亀彩氏は、今年10月の時点で、コロナ後に来印できていないとのこと。コロナ禍でのダリトさんたちが、どのようにこの時期を過ごしたのか?是非とも、次回作を待ちたいです。


文春オンラインの、この本の抜粋を貼っておきます。このエピソードだけでも衝撃的ですが、他のお話も知っておいて良かったと私は思いました。ご興味がある方は是非。




新作料理も読書もそうですが、日頃出来ないアレコレをしていたら、隔離期間はあっという間でした。
さぁ、外出するぞー!
カレンダーは予約・予定でぎっしり☺️

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ