陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

エンタメ

インドでショパン

コロナ禍で延期になったショパンコンクールが現在開催されています。ただ今二次予選中、毎日配信される若い芸術家の瑞々しい才能を、満喫しています。

初めてインドに来たばかりの二十数年前は、インドでヨーロッパ文化を感じる事は不可能に等しいものでした。それが今では、オンタイムでショパンコンクールがインドで聴ける。すごい時代です。

そこに留まり、骨を埋める覚悟なら良いけど、いずれこの国を出て行かなくてはいけない身ということもあり、20年前当時はインドと友好的に過ごそうとはしたけど、一方で、インドの世界に浸かり過ぎないように気をつけていました。何故なら、一歩外に出れば、日本文化は皆無、欧米文化は、米だけのマクドナルドとケンタッキーのみ、インドだらけの世界です。今では、大きなモールもあり、そこでは欧米や日本だけでなく世界各国の商品をみることができます。しかし当時は、色は強烈な日差しに負けじと開く花々、アースカラーに原色のサリー。お食事はスパイス、チャイにはマサラ。音は物売りの歌うような声と、インド映画の音楽。珍しくインドにやって来た、ポールモーリアのコンサートへ行こうものなら、オープニングでバーンと鳴った音に驚いた、場内の鳩が落とした糞を浴びて、今度は私が驚きギャッと叫び、すると隣のインド女性が「ノープロブレム、ミートゥ」と、汚れた手を見せてくれる…。非常に面白く、得難い経験ですが、その反面、
「自分のオリジナリティや、年月かけて確立してきたものが崩れて呑み込まれてしまいそう………しっかりしなくちゃ」
といった怖れを抱くほど、インドとインドの文化は強烈でした。今も日本の人から「自分の英語がインド人のような発音になってしまったらどうしよう」という不安をたまに聞きますが、まさにその恐れに近いものです。

それが今は、ヨガでどっぷりインドの世界に浸った後、帰宅すると、YouTubeが現在開催中のショパンコンクールで、ポーランド人の弾くマズルカやポロネーズを聞かせてくれる。何という贅沢。ネットのおかげでもありますが、これだけ、多様な世界になれば、全てその人次第で、一つの文化に埋没してしまう事はないでしょう。
今は、タイムマシーンに乗って、「インドに取り込まれてすぎてははならない」と、ガチガチに強張って、戦闘的になっていた過去の自分のところに行って「大丈夫、未来は明るい」と言ってあげたいです。

2次予選通過日本人8人のうちの1人、反田恭平さん

 


 

最後の「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」が泣けるほど素敵。オリンピックと同じく延期に次ぐ延期で、出場者は誰も彼も計り知れないご苦労があった事でしょう。この後3次予選、本選と20日まで過酷な戦いが繰り広げられる。でも、きっと演者は本望。そして、観客入りで開催されて本当に良かった。ピアニストとは才能と努力の継続の人々。日本人の若い芸術家が、海外で堂々と演奏し、ポーランドの人々から拍手喝采とブラボーの歓声をもらう姿を見られて、幸せ。涙涙です。


⬇︎インドにいながら毎日ショパンとショパンコンクールを楽しめるサイト


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
 

デリーの映画館で007!!!!

映画の帰りにLeo’sのPizza☺️
IMG_4276
なんと、2階にもお客さんが!
初めて見る光景です。人は戻ってきたけどコロナ患者死者ゼロをキープのデリーです。
IMG_4284
ピザはとても美味しかったです😆。
IMG_4283
トマトソースにブッラータ、そしてジェノベーゼのソース!これ、アイデア頂き!!焼きジャガイモや、焼きマッシュルーム、もちろんパスタにも合うね、きっと。試してみよう🙌。

デリー映画館で007
IMG_4294
肝心の映画のお話しです。
できたばかりだったのにロックダウンでオープンできず、ずっと観客を待ち侘びていた映画館へいきました。

Webサイト↓


IMG_4288
観てきたのは、007・No time to die。
息つく暇もないアクション、
ゴージャス、
エレガント、
セクシー、
エロス、
ダンディズム、
007サイコ〜!
でも、時代はそちらに進むのか。
寂しいけど仕方がない…です。

バサント・ローク・マーケットの映画館PVR、凄く綺麗で快適でした。
IMG_4268
豊かな黒髪を綺麗に編み込んだ可愛らしい女性が席まで案内してくださいました。席は一つおき。コロナの影響か、席はガラガラでした。
IMG_4290
今回は900ルピーでこの席です。脚を伸ばしたり、時折三角座りしたり。伸び伸び楽ちんでした。
しかし、エアコンがガンガンなので、カーディガンを羽織っても寒く感じました。次回はショールも持っていこう!

上映時間が遅れたり、始まってから、人がどやどや入ったり、また、上映中の会話や、スマホが鳴るのは、ザ・インドだなぁ☺️。
IMG_4289
上映時間が遅れてものんびり仲良く待つデリーっ子

何の脈絡もなくブチっと突然インターバルに入るところはイタリアと同じで懐かしかったです😄。他にもそうした国があるのかナ。幕間が入る、劇場文化の名残りでしょうネ。そう言えば、「キルビル」のタランティーノ監督が5、6年前、映画鑑賞に幕間が必ず入った時代へのオマージュとして、インターバルが入った長編映画「ヘイトフル・エイト」を制作しました。

 映画館だけでなく娯楽施設、サービスは国によって様相が違うところが面白く、楽しく、ちょっとその国に踏み込めた気持ちになれますね。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村


休日映画鑑賞/「クンドゥン」ダライ・ラマ法王の半生

映画「クンドゥン」受け継がれた血も生粋のカトリック信者で、司祭を志した事もあるスコセッシ監督が描いたダライ・ラマ法王の半生。
圧倒的な映像美。自然は畏怖が込められ、家屋のシーンはチベットの旗・タルチョの五色が尊重された上で、イタリア系アメリカ人ならではの写実的で光と影の動く絵画映像が繰り広げられる。あの赤は、暴力と罪ばかりの人生でありながら聖母マリアを慕い続けたカラバッジョだと感じた。
出演者は、亡命チベット人という。普段は明るく人懐こい笑顔を浮かべるチベットの人々の、心の底からの慟哭を、よくもここまで映像のもとに引き出したと思う。
また、インド人の底辺に流れる、どの宗教に対する畏敬の念というものも垣間見られる。
音楽もよかった。経文と西洋音楽の合体は、これまで幾度も試みられてきたが、この映画のそれは洗練され、精神に響くものだった。

何故私はこれを観ていなかったのだろう。まずは自分の状況把握力の狭さを恥じる。

しかし、彼の国の圧力が入ったため、アカデミー賞常連監督のハリウッド映画でありながら資金繰り、配給には苦労したらしく、封切り当時は日本でも都内一部の劇場だけで上映だったという。
それでも、ネットのおかげでこうして鑑賞する事ができた。因みに、あんなに沢山作品があるNetflixにはこの「クンドゥン」のタイトル名はなく、有名な配信会社からのダウンロードも出来ず苦労した。
しかし、頑張れば観られる。
暴君の暴力が隠し通せる時代は終わったのだと信じたい。チベットの運命は、人々の関心という手に委ねられている。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


休日映画鑑賞/セブン・イヤーズ・イン・チベット

セブンイヤーズ・イン・チベット
「1959年3月31日に、ジャワハルラール・ネルー初代首相はダライ・ラマ14世のインドへの亡命を受け入れた。1959年10月20日に開始された中印国境戦争以後もダライ・ラマ14世を保護し続け、インド北部のダラムサラにガンデンポタン(チベット亡命政府)と多数の亡命チベット人を今日まで受け入れてきた(wikiより)」

 このようにインドに関わりが深い事であるのに、私は、チベットとチベット仏教に対して、上っ面のものしか触れておらず、あまりにも情弱。だから、これから一つ一つ紐解いていこう!という事で、昨日鑑賞。Netflixで観られました。
 監督は「薔薇の名前」の、ジャン=ジャック・アノーなんですね。ここから始まる、彼の国の国土拡大侵略虐殺史。お金でまず懐柔というスタイルが、漏れ伝わる、昨今のアフリカで行われていた事と同じ方程式。もちろん彼の国の言い分もあるだろうから、その辺りもおさえながら、冷静にチベットに関するものに目を向けていこう。
映画の中で、心に残った若かりしダライ・ラマ法王の言葉。
「解決できる問題をあれこれ悩むのはムダです。
 また、解決できぬ問題を悩むのもムダなのです。」
現在、世界を悩ます病に対しても当てはまると思い、心の底から共感しました。
次はスコセッシ監督の「クンドゥン」を観よう!

休日うちご飯


ふわ卵・くずし豆腐鍋。
C107525C-06AA-48B3-BCE8-A9B5194809D9
AA1D1221-7B22-4592-9F29-69203B3952C9
F16EF84D-44E1-450F-817F-98602FA8CB64
良人の体調、あと少し!なんだそうです。一昨日の漬物屋さんで、調子にのって「ええカッコしい・スタイル」を貫き、試食し過ぎたのだと思います。あんぽんたんやね。

豆腐は韓国食材屋さんの、ふわふわSoon Tofuを二丁仕様。
するする食べちゃいました😋。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ