陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

インド人作家本

現代インド富裕層母娘ドロドロ物語


「girl in white cotton 」
IMG_0511
今月末のブッククラブ課題本・読了。


2ヶ月かかった。嗚呼、私のリーディング能力😭。絶望しかない。外国語文学を学んだ人を心から尊敬します。
単純な状況描写は何とかわかるけど、心理描写や、詩的な表現となると、ボキャ貧だからお手上げ。Google先生に頼りました。

お話は現代インド富裕層母娘ドロドロ物語。
いやぁ、すごかった。
所謂インドでは当たり前とされている「決められた相手との結婚」。
「それがうまくいかない時はどうなっちゃうの?」
と言う外国人の素朴な疑問の答えの一つがこの物語。

主人公の母親は、幼児である娘を連れて、結婚生活から逃げ出し、プネの新興宗教アシュラムの教祖の愛人となる。
因みにココ、導入部です。

アシュラムで主人公は母親からネグレクトを受けます。やがて母親は教祖の愛人の座を奪われ、物乞いまでするようになり、見るに見かねた両親(主人公の祖父母)が母娘を引き取ります。

この主人公が、母親を含めた大人から受ける虐待が凄まじいのです。そして大人になってなお、現在認知症になった母親から辛辣な言葉や振る舞いを受けるのです。その心理的な底意地の悪さに、平凡な日本人(ワタクシ)は、もう唖然。何度本を閉じ立ち上がったか。
しかし、さらに読み解いていくと衝撃も衝撃、「こりゃあかんわ。」
の事実に辿り着きます。

とりわけ、禁忌によって閉じ込められた女の性が解き放たれた時の奔放さや情念にも驚く。その割に登場する男たちは女への尊厳が足りないように感じる(ウチのドライバーさんの方が、よっぽど奥さんを大切にしているよ、まったく🥹)。性の自由や奔放を追求しても、満たされないものは満たされないから、そこに女の深い不満が見え、それを悲しいとさえ思いました。
もちろん、富裕層の憂鬱やメランコリーには全く共感できないけれど。

著者は、Avni Doshi 。
1982年生まれ。インド移民の子としてニュージャージーで生まれ、ドゥバイ在住。母親がプネ出身。




本作は、ブッカー賞ノミネート本
フィクションですが、教祖のモデルとなった人は実在。



また、ボンベイ暴動(1992〜1993)も背景舞台になっていて、インド現代史に少し触れることができました。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村


ブッククラブ第一回目

今月も忙しかったし、もう絶対無理!と思ったけど、最後はGoogle先生のお力を借り😅、出発時間ギリギリで読了。約束時間に約束場所へ駆け込んだ。


今月のテーマ本は「The lesson in forgetting」
Anita Nair/アニタ・ナイール著
彼女は、1966年ケララ生まれ。


言い訳になってしまうけど、女主人公の人物像がつまらなくて、最初は全くページが進まなかったのです。

ヒロインは金妻の(古い💦)主人公みたいな感じ。婦人雑誌に紹介されそうなキラキラした家庭が崩壊していく、マダムの苦悩。自分が描く世界の体裁を取り繕うことしか考えない女が愛するのは自分。絵の中でアナタが描くボクはボクではないし、居心地も悪い。そりゃ、男は逃げたくなるわナ。
…家庭が崩壊してからは少しずつ興味が湧いてきたけど、ヒロインは最後まで好きになれなかった。もともと金持ちでノーブルな人々の憂鬱が、「えっ、アンタの悩み、そこ?」ってなかんじで、私にはよくわからん。

しかし物語キーとなる少女のエピソードが強烈。インドで正義を貫く怖さ恐ろしさ。若くて純粋であるほど無謀になるのはわかるけど羊たちは彼らの正義で暴力化し、享楽する。集団狂気の前にはジェンダーとか女性の尊厳とかは机上の空論(冒険好きな若いお嬢さん、ホーリー気をつけて🙏)。

今回のブッククラブに参加したのは、私以外はインドで働く伊人女性ばかり。私以上に、ヒロインに対して辛辣な評が出ていて面白い。辛口批評は作家の描写にまで。正直、ホッとしました。よくわからないなあという箇所は自分の頭が悪いからかなぁと思っていたので。また、私がふんわりとつまらないと思った部分を、理路整然とその理由説明する人もいて、本当に読書が好きな方なのだなぁと感じました。
IMG_8154
次回のテーマになる本も、現在生きているインド人作家作品です。
私は、インドに対してこうした視点=「生きているインド人が描く現代のインド物語を知る」が足りなかったから、勉強になります。また参加者の殆どが、インド人作家の本を少なからず読んでいます。
また、英語・伊語両立に苦しんでいるから、そこにも光があたってとても嬉しい。

まさに末席を汚す、落ちこぼれ存在ですが、めげずに来月も頑張ります💪。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ