昨日は、隔離でお葬式に出席することが出来なかった叔父にの家に、レンタカーに乗ってお線香をあげに行きました。FD697F7E-B5EE-4CD7-AA20-BDE4B1F18EDB
コロナさえなければ間に合ったから、父の危篤時にも母の危篤時にも遠くから飛んで来てくれた叔父に会って、ありがとうを伝えたかった。おそらく、こんなこともストレスだったのだろうなぁ。今は、付いて固まった鱗が一つ一つ心から剥がれていく感じです。

運転は半年ぶり。帰る度に、車の精度が変わっていくので、慣れないレンタカーに毎度ドキドキ・ビクビク。とりわけ、首都高の複雑さに、田舎者の私は慣れません。単純な人間だから、ドーンと真っ直ぐ道が好き😅。
0CB3EEC9-7DA1-4565-8E58-B566641F85F4
(撮影:夫)
とは言うものの、時代に取り残されない為には大切なリハビリみたいなものだとも思います。そして、ヒヤヒヤ車を走らせながら、帰国命令で帰国し、その後公共交通機関を使えず、故郷までレンタカーを利用し、自力で運転して帰った人々に思いを馳せました。コロナ蔓延の為の在外邦人退避は、様々な国で昨年春くらいから始まった出来事だけど、中には、西日本までなど、ひたすら車を遠くまで走らせた話を幾度か聞きました。しかし、そうした人々の大きな事故のニュースは耳に入ってこないから、緊張の出国の上に、長時間のフライト後で、皆さん疲労困憊の中、本当に、本当に、気をつけて慎重に運転されたのだナ。ニュースにはならない、させない人々の努力や精神を、尊いと思います。

一方、昨日は、叔父の遺影の前で、ご家族と、笑いながら思い出話ができました。そうなんです、実は、父方が悲しい時も笑いの種を見逃さない、カラッとした家系なんです。そのDNAをちゃんと私は受け継いでいるんだなぁと、しみじみ実感しました。帰宅後仮住まい近所で、精進おとし。両親の法事の精進おとしを、毎度毎度、寅さんのように、思い出話と笑いで包んでくれた叔父に心で献杯。
お食事は、どれもみんな美味しかった〜。
19A30C7B-C1E9-4E95-928B-56590FEF0E10
中でもマグロの脳天のねぎま。
CBD30874-D9A8-4741-B094-D9275755638D
ねぎま鍋はお魚が美味しい、東京のお店で、心して食べたいなぁと、思っていたので、ちゃんと初体験できて嬉しい。
2BA1E3B1-2340-4446-8D67-27FE800F69E0
マグロの脳天はふわっとほろっと、その先はしっとり。

それから、それから、しめ鯖の山わさびをかけたのが絶品でした。
A677B916-829C-4C3A-9576-26AEC02AE758
お店には5時に入って7時には帰宅。
大河を見ることができました。
隔離解放後は、時間が経つのが早く感じる。きっとあっという間にインド帰国の日となるでしょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村