カンナ・マーケットのコーヒー豆屋さん、Devan’s。
CBA2963A-D836-44D8-BC38-D2CB526E17C4
実はインドのコーヒーは、紅茶より歴史があり、とても美味しいのです。
ここDevan’sの創業者はVasudevan氏。
28779A2E-4FE0-483A-B6EE-CE27258BDE00
彼はデリーの人々に新鮮な南インドのフィルターコーヒーを提供する先駆者でした。お店は1962年創業。


実は20年前、私も大好きだったお店です。その頃習っていたナポリ人のイタリア語の先生も、「ボクもコーヒー豆はここ」とおっしゃっていました。当時はアラビカ種を中心にブレンドされたコーヒー豆(だからエスプレッソ好きのイタリア人も好むハズ)が一種類しかなかったのですが、
(↓コレが当時からあるスペシャルブレンド)
AD22A039-FAD7-4505-A986-68A55AB98C91
この豆が本当に質がよく、私はお土産にも使っていました。今回の来印後、会社の自粛期間が終わってから直ぐに豆を買いに。
懐かしいお店の包装が変わりなくてまずジーン。
67529B6A-895D-4E99-AE85-117A73DDC91E
こちらは普段使い用。
F254DBBF-0260-493A-AB50-FC4C7B968B81
こちらの包装をコーヒー好きの方へのお土産用に使っていました。

現在は代替わりをし、若い店長さんが店を大きくしました。
52E317AE-9804-435D-8A47-D2B56F0FAE4C

Deva's Coffeeのホームページ
デリバリーサービスもしていますが、昔は一種類の豆しか買えなかったのに、今ではお店で美味しいコーヒーを頂くことができます。
D94FC9DE-8E18-433E-9F8D-8AF4AFDB73B3
後ろにあるコーヒーグッズは店長さんのコレクション。香港で揃えたと仰っていました。
中にはこんなものも(^^)
400E6AFB-5D46-4817-AC59-41AFDB79DEF6
店長さん、本当に世界のお茶文化にこだわりのある方なのですね〜。

こちらはフィルターコーヒーを淹れる様子。
実は淹れ方も、コーヒー豆を目の前で挽くところから始まり
656DE2C7-B3D4-4518-B350-30DBDC9AA424
カップは蒸気で温めてくれます。熱そう。でもコレ、消毒にもなりますね。
C5A08BFC-65EE-4F9D-A283-90EC2BF30819

そして、フィルターコーヒーをオーダーすると、甘くないチョコレートの焼き菓子が付きます。
542B3486-87A4-40DE-ACA2-16BAA34C96E2
並々と注ぐところ、インドだなア。
焼き菓子はトングを使ってサービス。
95BCF5E0-7424-4603-95B3-18E0F84B2DEE

何種類ものコーヒーメニューが味わえるし、
EDC85EC3-2AF1-4CF5-A191-0B006595F8EA

フィルターコーヒーだけでなく、本格的なマシーンを使ったエスプレッソも頂けます。
D854A492-EEC0-4C15-8357-8EA7F099AE05
あくまで私の感覚ですが、フィルターコーヒーはクオリティに対して値段が安いと感じ、反対にエスプレッソは高いと感じました。

また、豆だけでなく
7839858F-B1BD-44CE-BFE5-B76BD241E378
お茶も販売!

さて、インドのコーヒー豆は簡単に次のように分けられます。
◉ロブスタ種のコーヒー豆
◉アラビカ種のコーヒー豆
そして、モーンスーンコーヒー(英名/Monsooned Malabar)
モーンスーンコーヒーとは、大航海時代が産んだコーヒー。インドからアフリカの喜望峰を回ってヨーロッパへ向かう航路は、赤道をまたぐため高温多湿な上、約半年間かかる行程でした。この船底で生豆がヨーロッパにつく頃には黄金色に熟成乾燥し、その時代に黄金コーヒーと言われた豆なのだそうです。
このモーンスーンコーヒーは現在のインドでも販売され、このDevan'sのお店で飲むことも、購入することもできます。
9F16F8A6-E60F-4DBD-9151-01312AE6BC1F

モーンスーンコーヒの情報はWikiから引用

ここもそうですが、20年前自分が大好きだったお店が、維持されているどころか、質はそのままに更に発展を遂げていることに、インドとインド人の計り知れないエネルギーを感じます。
2C62E279-144C-4FF5-B145-812AEE6029B1

*お店はカンナ・マーケットにありますが、ドライバーさんには「カーンマーケットではなく、“カンナ"・マーケット」と念を押して確認した方がトラブルを避けられます。“KHANと、KHANNA”、日本人の発音がインド人には聴き分けにくいのだそうです。

44030CBD-6646-4F16-B429-36CA7170D1B5
    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村