陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

#インド旅

デリー/月夜のクトゥプミナール・ツアー

キララトラベル
「スルタン王朝 クトゥプミナール・ツアー」
875B9D08-DA36-4DC8-B2AC-07C9D28F6F90
連日の酷暑ではありますが、暑さが凌げる時間帯にプログラムされた、キララ・トラベルさんのツアーに参加しました。
前回のキララさんのツアーには、体調を崩して参加出来なかったので、ついに!という感です。

クトゥプミナールは世界最古のミナレット(ミナール/イスラムの塔)。

丁寧に、しかし、簡潔にまとめられた資料と、キララ・トラベルのYaeさんのわかりやすく親しみやすい説明のおかげで、奴隷王朝、キルジイ王朝世界に、すうっと入っていき、晴れ渡る夜空に輝く月と、ライトアップされた遺跡の中で、イスラムの高度な文明、徹底した残酷さ、インドとの融合を、溜め息をついたり、びっくりしながらも、堪能しました。
9AB805CE-7825-492F-8587-EDDC50743AB3
2B393A75-45D3-4548-BEB7-0F011898571B
741C25B3-B52E-4B36-95EF-D4DFD37B751B
8B80E8FB-44B6-40D2-B07B-E71C0F8E9F0D
89922460-A844-4E51-B708-C1CDDF4BAD26

カヌレのような形をした未完の遺跡、
アライ・ミナール😋
558BBA79-0E25-4F74-B578-2A97032EA17A

デリーはその歴史の中で、数え切れないほどの為政者が築いた土地の持つオーラがあって、見るべきものが多すぎます。おそらく駐在中では追いつかないでしょう。でも、訪れる機会をこれからも作りたい。また近く、キララトラベルさんの企画があるようなので、凄く楽しみにしています。


Kirara travels Webサイト↓


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

Yukettaのシッキム・ダージリン紀行⑯バイバイ、カンチェンジュンガ

バイバイ、カンチェンジュンガ
2ACF1D23-1E39-4EC3-9CAC-F3DB70A50125
0EFF17F4-78D3-4224-961C-F28841BD5EA1

気高い佇まいのヒマラヤ山脈。母との思い出も道連れ、いい日旅立ちだったナア。親孝行も少しはできていたのかナ、ワタシ。刺さっていた棘がまた一つ取れました。


今回は、色々閉まっているかもしれないけど、「とにかく動ける時は動ける場所で動こう旅」だったので、二泊三日という短い日程にたくさん詰め込んでしまいました。肺洗いは充分できて、気持ちよかったけれど、連日3時起きで、お爺さんとお婆さんは疲れました。

いつか、本来の、ゆったり山の旅で、お天気のご機嫌を伺いながらのんびりと過ごしたい…
…御来光・朝食の後は朝寝、昼食後は昼寝、カンチェンジュンガを目の前に読書三昧、ポカポカ湯たんぽ入りベッドの中で読書寝落ち、あとは、朝市、散策、ふらり食べ歩き…とかネ。

ネパール文化
アフリカに住んでいた時、モザンビークの若い女性が、
「アフリカは西洋人によってケーキのように分けられ、私はポルトガル語、コンゴはフランス語、南アフリカは英語と、別々の言葉を話すけど、実はバントゥというもので私たちは繋がっている」
と教えてくださり、そこにいるアフリカ女性がみんな、そう、そう、と頷いたのを見て、身震いした経験がありました。

また、南アフリカには、黒人初の大統領マンデラさんの前に、日本で言えば幕末の志士・坂本龍馬のように、志半ばで、アパルトヘイト抵抗運動の先駆けとして散った人々が大勢います。その代表がビコという男性で、彼は黒人の精神的な支柱。そして、彼のフルネームが「バントゥー・スティーブ・ビコ」なのです。

前述の女性の話を思い出すと「バントゥー」という彼の名前が、黒人達の魂をいかに震え立たせたかが、想像できます。彼の人生は映画になっていて、この映画の黒人たちが歌う「コシシケレリ・アフリカ」が圧巻です。




前置きが長くなりました。
今回、このシッキム・ダージリンに来て、私は、この「バントゥー」の話を思い出したのです。ラダックも、シッキムも、ダージリンも、また、デリーのチベッタンコロニーも、同じ何かを感じる!
似たような顔をした人々のベースに流れている「バントゥー」のような、何かがある!!
それはなんだろう?
その思い、問いかけを、最後の日、空港に向かう途中、バントゥーの話も含めてガイドさんにしてみました。
すると即答で、
「ネパール。」

「あああっ!!」
と、夫婦で頷くのでした。
帰宅して、調べるとネパール語は、パハール語群で、話されるのは、ネパール、インド、パキスタン、チベット。ここに歴史と宗教が絡んでくる背景がみえてくると、鳥肌がたちます。

となると、この近隣諸国、ネパール、ブータンにも、行きたいし、インド国内で言えば、ウッタラーカンド州やヒマーチャル・プラディ州に行きたくなってきます。そしてそこでは、きっと新しい発見に出会えると思う。もう、もうゾクゾクです。

私は、コロナ2年説オシなので、来年はイケると睨んでいます。
希望を持って年越ししよう!

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ