今週月曜日のヨガの初日、先生が何を話しているのわからなくて、固まってしまいました。
フィータパーが、Feet open
フィータゲダーが、Feet together 
である事がわかるまで10分。
因みにフィータゲダーは、足を揃えて真っ直ぐにすることです。
オタオタしていたら、
「英語がわからないのか」
と、真剣な顔をした先生に言われてしまいました。
イヤ、得意ではありませんが…😅😅😅。
しかし、私が話すと、先生の眉間に皺が寄るので、私の発音は相当酷いのだと思います(おそらく私も同じ顔して先生のお話を聞いていた)。
それでも、そんな私に、先生はとても優しく、根気よく、丁寧に教えてくださいます。何度も何度も尋ね直し、こうして1日目は無事終了しました。
そして、2日目から生徒は二人になり、3日目から三人になりました。初日は一人だったので、少しずつ増えていくのが嬉しい🥰。実はデリーのシバナンダヨガセンターは、今月から対面でのヨガを再開したばかりなのです。
 3日目から参加された女性は私の隣にヨガマットをひいたので、レッスンのあと、少しお話ができました。 え、英語が、私の下手くそ英語が、通じる~、ヨカッタ~😭。ヨガの先生に言葉も鍛えられたかな☺️。
 彼女はパリから来た方で、なんとインド到着5日目なのだとか!いやはや、よく思う事ですが、ヨーロッパ系の人の行動、実行は、早い。女性も、「家を片付けて来月あたりから~」ではなく、自分優先でやりたい事をやる。これは政府だけでなく、一般的に言える事で、恐れ入ります。ご主人の仕事に伴ってインドにやってきた可愛い声の彼女は、ヨガが大好きで、対面でヨガが出来るからシバナンダに来たと、柔かに、穏やかに話しました。インド好きな、自他を含めピースフルである事を心から祈念する人と出会えることも、ヨガの良いところです。
IMG_4219

シバナンダヨガセンターのヨガレッスンは、受付で、一人一人オキシメーターチェックをしますが、マスクなしでアーサナーを行います。やっぱりマスク無しで、ライブで誰かと一緒に身体を動かせるっていい!  お祈りの言葉もまだまだアワアワだけど、先生や他の生徒さんと一緒に口にしていると、法要のお経を読む時の穏やかさがやってきます。
こうして、レッスンのあとは、心や精神の健康も大事だなぁと、しみじみするのです。

来週は、もっともっと先生の言葉に慣れたい。そしてインド英語聞き取りがもっとできるようになっていきたいです。それは13億人を味方につける事。ちなみ英国人口が6600万人。生粋でない英語に慣れておくって、いいんじゃないのぉ(^^)、とちょっと浮ついています。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村