陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

#デリー観光

デリーの階段井戸/ロケ地映画「PK」

デリーの階段井戸、アグラーセン・キ・バオリ
EC7606DB-5B42-4F71-BDFB-131D6038DD7C
 階段井戸とは、「雨を貯める人工的な溜池」で、その歴史は紀元前3000年までさかのぼるのだとか。「階段井戸」を検索するだけで、素晴らしい階段井戸画像がザザザザ~っと上がってくるので、階段井戸巡りだけに絞っても、インドを超えて壮大な建築文化と歴史の旅が出来そうです。

ここデリーのアグラーセン・キ・バオリも歴史的産物で、誰がこれを建築したかを証明する歴史的記録はなく(残念!)、伝説の王アグラーセンによって建てられたということで、この名前がついています。 14世紀のデリー・スルタン朝のトゥラグ時代に「再建」。階段井戸の長さは60メートル、幅は15メートル。乾季の終わりに一番暑い4月が来て、その時期は一番水が枯渇し、水位も一番下になっていたでしょうから、水汲みのお仕事される方はこの階段を降りたり登ったり、重い水を抱えて大変な事だったろうナ…。

実際、階段井戸はインドの乾季を超えるために必要なものでしたが、イギリス人が入植した時に不衛生を理由に利用が廃止されました。遺跡として保護されているものもありますが、多くの井戸は放置され徐々に風化が進んでいるそうです。IMG_3697

今回訪れたデリーのアグラーセン・キ・バオリは、一応、門はありますが、階段を降りていくと、匂いとコウモリの鳴き声が強くなり、後者の放置感を否めません。
598FA0F2-140E-4DF4-B27E-5750D8BA99A8
また、訪れたかった別にある二つのデリーの階段井戸は残念なことに、閉鎖されていました。
 
世界の何処の若者も似たような写真の撮り方☺️
CA953269-B0F9-424D-8EDF-BBDA20977698
しかし、このアグラーセン・キ・バオリは、映画「PK」のロケ地になったせいか、訪れてみると、そこは若者が集うデートスポットになっていました。

075E541B-BBB7-4DD8-B2E0-429C1D7E378E


いやはや、こうした遺跡を訪れる度、インド人は凄いと感嘆します。王宮ではなく、こうした人々の生活に根付くものが、無機質な質感の冷たい箱ではなく、美しい幾何学模様を成しているところに、造り手の頭脳だけでない、とんでもない面白味を感じるのです。
歴史をちょっと紐解くと、インド人の自信はイギリス統治時代に封じ込められてしまったのでは…と思う事があるのですが、今回の小さな週末観光でもそれを感じ、また、その思いが確信に近づきました。

アグラーセン・キ・バオリは、毎日午前9時から午後5時30分まで開いています。無料。
(これを書くために、西遊インディアのWebサイトと、Wikipediaを参考にしました)


場所Agrasen ki baoli
Hailey Road, KG Marg, near Diwanchand Imaging Centre, New Delhi, Delhi 110001 


デリーの階段井戸がロケ地になった映画「PK」せっかくアグラーセン・キ・バオリに行ってきたので、鑑賞しました。Netflixでは日本語字幕が出てこないので、他の配信サービスを使いました。

映画の主題は、宗教と愛。
面倒に巻き込まれたくないから、誰もが避けて通る話題「宗教」。そして世界中で悲惨な喧嘩の原因になっている「宗教」。このテーマを、インドあるあるエピソードを笑いで交えながら、主人公が直球ど真ん中で問題提起。途中、
「コレ、どうやって収拾をつけるのだろう?」
と心配しましたが、さすが「きっと、うまくいく」のラージクマール・ヒラーニ監督。大切な場面で、
「そうくるか!」
と唸り、前半であんなに笑ったのに、後半は机の上にティッシュの山を作ることになりました。悪役を追い詰めすぎないところもインドらしいです。そして今、UPしようとしているPR動画を見ていても涙が出てくる私です。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村 

「ちびまる子ちゃん」な絵~Crafts Museum クラフトミュージアム

「ちびまる子ちゃん」な絵
デリーのクラフトミュージアムへいきました。
F93ACAA9-E1D7-4513-A726-1F082822820F
初めてのつもりでしたが、入り口をくぐると、
「アタシ、ここ来たことあるかも‼︎」
と、ゾクゾク・ワクワクし、その後、絵画が展示されている場所に足を踏み入れた途端、まさに走馬灯のように20年前の記憶が蘇り、一路迷わずこの部屋へ。
4AED02AE-F825-4EAD-B681-B4395932D711
実はこのミュージアムの本命と思われる、織物や刺繍の素晴らしさは、ほぼ、いや、完全に忘れていました。
しかし、この部屋のこの絵を初めて見た時に 
「あっ、ちびまる子ちゃんの世界!!」
69C29124-B676-4075-96AC-E87722BA2EC7
と感じた記憶はしっかり残っていました。
10865217-41DC-4CEB-9B3D-D229AB958762
確か、エッセイで、さくら先生が「みんなが幸せになりますように」と、祈りながら表紙を描きましたと、書かれていた記憶も、もの凄い速さで脳に戻りました。
C481505C-A4FD-426C-856C-BE76AF0B3090
帰宅してからは、検索しまくり😅。
私が「ちびまる子ちゃんの世界!」と感じた絵、Madhubani Art と、いうそうです。色彩に暖かみがあって、カラッとしたお日さまの恵みを感じる幸せ絵だなぁ🥰。

Madhubani Art、Wikiページ⬇︎


日本語Wiki⬇︎

E961A4DB-DFB3-4139-B8A5-EE45737BD861
ゾウさんの中に、これだけ精霊がいる、ということかしら。インドの人は優しいナア。
FF3CC366-543D-4583-9D09-AC97D741A17F
外壁に吹きさらし状態だけど、この絵からは私はピカソを感じる。
17E58C21-8F6E-4669-BC37-7BB75847E9BA
慈悲深いお顔。素晴らしい!と感じたけど、これも無造作に置かれている〜💦。
B9DEE38E-06B3-468F-B953-88DE87CBB2E4
ヤマトタケルノミコト発見。
6AE2939C-6884-4766-9B11-DC3D6A7676EA
ハニワ発見。
8D2D2BE6-9707-45A8-91A8-D4C939A63CF7
この巨大且つ繊細な彫物は、覚えていました。


Madhubani Artクッション。
35110BF0-3C61-4661-A56D-C6622E8B07EA
やっぱり可愛い〜。
いやはや、ご紹介したのは、ほんの一部です。もっと色んなことを少しずつ理解して、また訪れたいです✨。


ミュージアムのカフェでご飯をたべたよ!
F88E488D-A7A3-4E47-8A45-874FA32103C5
クラフトミュージアムは、ちびまる子ちゃんなお部屋と、巨大で繊細な木彫り「だけ」覚えていましたが、このカフェの記憶はゼロ。それもそのはず、20数年前はなかったからです😅。
ここで初めて食体験🙌。
41ABB0B1-1293-4C7C-B872-ECF7074E38D4
優しい給仕さんが、スターターとして、お勧めしてくださいました。
かつて、「インド・どさ回り」をした良人も知らなかった、そのお料理の名は、パラック・パッタ・チャート(palak patta chaat)、発音、合っているかなあ😅。
お皿の端に3つチョンとのっているのは、ひよこ豆の粉をつけて揚げた、ほうれん草です。これが、カリッポリッ😋。それをですね、ヨーグルトに、柔らかいお豆やスパイスが入り、ザクロで飾られたペーストをのせて頂くのです。お腹に優しく、スパイスのおかげで食欲が増し、
「ヘルシー値が最高❣️」
って味です。
マトンのカレーは、お約束・間違いなしの一品。
1E178A54-570A-4D5C-AEED-FB0148EF550D
1C83950A-ED4A-4A7D-B8DD-F3AF29FD53D2

ココナッツのフィッシュカレーも同上。
909904F5-F1AB-4D5F-B114-CC76CC64C250
グリーンのハーブソースとカレーの絡みも同・同上。
6DBCFBE2-C7AC-4DFC-A41B-8D7EFA93465B
9CD77BA0-FD67-4DEB-B742-DACAABF8286F
カジュアルな雰囲気ですが、お料理からは、化学調味料香皆無。
綺麗な味のお食事でした。
C67F2B58-E95E-41BE-9DC2-3CC0B396E2C0
4A7E170C-81C2-4E8F-B5C6-DE05960A88F2 
それから、それから、インド人がナイフ・フォークを使ってカレーを食べる姿にもオドロイタ。
時代ですね😊。
しかし、日本も洋食のライスは、フォークの背にご飯をのせて(ぎゅっとしないと、つるっと落ちる😅)食べましょう…って時代があったからナ☺️。インドはまだまだ変わり続けると思う。
IMG_3094
店内の空間広し。密ではありません。

⬇︎ナショナル・クラフツ・ミュージアムWebサイト
http://nationalcraftsmuseum.nic.in
ミュージアム内のお手洗いは水洗ですが、トイレットペーパーはありません。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ