陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

#デリー

インドで鰹のたたき/持ち込み食材を使って

韮の花が咲いたよ!
9DEF3E07-9435-4482-B973-73A38215C1B5
蕾は生命の塊がはち切れそう。
お水をあげながら
「何のお料理に使おうかナ~。」
      ↑
残酷なワタクシです。

そこで昨日は、鰹のたたき二種。
鰹のたたきは、メインディッシュさんで。8月12日に鰹のたたき入荷のお知らせ。
先月末に明太子入荷の吉報。
最近のメインディッシュさん、攻めています。
鰹は発泡スチロール箱に入り、「カツオたたき柵の状態」・「カチコチ冷凍状態」で届きました。 
299F42D8-9207-4266-B92E-8F7FAF5E608B
朝、冷蔵庫に入れて、パックのまま、ゆっく~り解凍。解凍時の水もほとんど出ずに戻せました。

◉鰹のタタキ/すりおろしにんにく•コチュジャン
BF3F7E8E-81FB-4DBE-96D6-B16FE7D0D758
すりおろしにんにく・コチュジャンには、みりんとしょうゆがかくれています。最後に咲いてくれた韮の花をのせました。
C51E5C14-E9FE-45AE-B57C-2F01F490C5D8
◉鰹のタタキ/紫蘇酢橘
F83D3516-3D91-4F5F-81ED-0AAA5E4611E6
今回の持ち込み食材は、酢橘。スライサー(これも日本から持ってきて良かったもの)で、薄~くスライス。紫蘇は、我が家で現在ワサワサ育っているもの。カツオを少しだけ薄めに切って、サクッと和えました。ビールを呑んでいた私は、インドならではの「ヒマラヤの塩」で頂くのが美味しいと思ったけど、ごはんと食べたい良人は、ポン酢で食すのを好みました。


鰹は夏らしい、ぎゅっと身が締まったもの。カツオって優秀な高タンパク低脂質食材ですね~。しかしダイエット感が全くなく、豊かで美味しかった~。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


ついに死者数ゼロ!


デリー準州、ついに死者数ゼロ‼︎
IMG_0346

やった〜!
陽性率も0.07!!!!一方東京は、8.9。
トータルワクチン接種数は、930万人。
ついに全面ロックダウン解除になる日も近いか?
そうなったら、これで、デルタ株は克服できると、世界に高らかに発信して欲しい。因みに、ワクチン不足はインドも同じです。


日本
「オリンピックで外人が来て怖い」という向きもあるけど、ワクチン接種率が日本よりも高く、陽性率が日本より低く、日本よりも厳しいCOVID-19対策をした国からの人々も来ているのだという認識も加えて持とうと思います。

インドへ帰るというと、こちらがびっくりするくらい、目をまん丸にして
「え〜〜〜〜〜〜っ!!!!!!」
と、驚かれるというエピソードを、1か月くらい前に書きましたが、未だにそうです。
インドの4月の様子が人々の記憶にこびりついたままなのでしょうか。メディアが「その後」を報道しないのは、もう嘆いても仕方がないのでしょう。「え〜っ!」と、驚かれたら、ニコニコ淡々と手短に数字を話そうと思います。

しかし、帰国隔離された折に感じた、嫌な空気感。日本語がわからないオリンピック関係で入国した人々もさすがに感じているでしょう。日本人帰国者は大抵我慢して、面白おかしく、お茶を濁すように話すか、黙るかし、最終的には水に流したたけど、おそらく、世界のジャーナリストはそんなに優しくないと思います。

二度の接種を済ませている人が、一度もしくは一度も接種していない人々に管理されるロジックのない隔離。特に欧米基督教の人々は根拠のない不安、フェアでない事を嫌うので、正当な理由で反論、そして世界に発信されてしまう事を恐れます。

持ち込みアイデア
新作だよ。きゅうり冷麺。

IMG_0343
塩もみきゅうりを、おろしニンニク+ごま油で和えました。さっぱり、ちょ~っとだけこっくりして美味しかった~。冷麺があればインドで作れるネ。美味しい冷麺も買い物リストに入れよう☺️。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


飛行機雲

会う人、会う人に、またはメールやSNSで、
「インド、凄いんでしょ。」と、言われるのはインドにいらっしゃる方も、日本に退避された方も経験されていると思います。
そして、今、
「来月インドに戻ります。」
と挨拶に行こうものなら、大抵
「えええっ、また?!」
と、こっちが逆にビックリするほど、非常に驚かれます。本帰国した訳ではないし、なんで驚くの?

親しい心を許す友人に尋ねると、日本では、4月から、クンブメーラや、感染爆発時のインドの映像切り取り報道は連日・繰り返しだったのだとか。そのせいか、あの状況が落ち着いて1ヶ月経つ今でも、現在形で、インド人が道路で点滴を受けて、インドの至る所で死体を焼いて「煙が上がっているんでしょぉ~!」と、無邪気に言う人(昨日も尋ねられた)は、後を経ちません。
 改めて、日本のメディアの「衝撃映像たれ流ししっぱなし+後フォロー無し」報道の凄まじさを思い知ります。
 若い頃なら、カーッとなって、とりわけインド帰りは喧嘩っ早くなっているので、友人を数人失っていたかもしれません。
 しかし今は、まず、ユーミンが荒井由実さんだった頃の飛行機雲の
 今はわからない~
ほかの人には わからない~
…けれど、しあわせ~
の部分を、ふふん~♪と頭の中で歌い、それから人に会うようにしています。
 そして前述の質問群は、まずはニコニコ受け止め(これぞオバハンの力)、しかしすかさず、デリー首都圏の陽性率は既に1%を切り、それは東京よりも低い数字である事を話します。5月初めに2度目のワクチン接種を済ませている話や、ケジリワル首都圏首相の大活躍やアプリの素晴らしさは、相手の様子を見ながら…。もちろん、その「死体が焼かれているんでしょぉ」ベースに
「インド悲惨、インド汚い」
がある考えを尊重できませんし、それは非常に腹立たしいのですが、彼らもまた報道に洗脳されているのなら
「今は、わっからない~♪」
であるのでしょう。

そう、例えば私だって、インドとほんの少しくっついているミャンマーの事情はわかりません。ただ、続く内乱の中、今もそこに残る、残りたいと願う邦人やその家族の心に立って、自分が物事を考えたり、話せる人間でありたいと思います。
言動に気を配ろう、自戒を込めて。うーん、少女の頃にこんな普遍的な詩を書くユーミンって!!
この作品、後の世までずっと受け継がれてゆくのだろうナア。


仮住まい・ごはん
茄子にゅうめん。
5F10D8FD-C417-4F19-A90B-572391281FB7
梅雨の湿気冷えを感じたのであったかお菜。
いつもは、細く切った茄子を片栗粉をまぶして、湯掻き、氷水で冷やして、麺つゆで頂きます。しかし、昨日は冷えを感じたので、にゅうめん風に。
AE0D676A-58AB-4D13-B12B-8C5656E085EC
やっぱり片栗粉をまぶした細切り茄子を、ぶくぶく沸騰お澄ましに投入・クルクル最沸騰するだけです☺️。こちらの方が手間が少ない事がわかり、心の中で軽くガッツポーズ😋。 
一昨日余った枝豆も入れちゃいました😝。
茄子さえ有れば、どこででも作れるネ。
20AC9EF3-45F6-41B2-B8C0-58886DD0A033

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ついに一桁!

デリー首都圏のCOVID-19による死者数、ついに一桁になりましたね。
IMG_9423
陽性率も0.18! 

現在デリーは、段階的にロック・ダウンを解除中。その最中にこうして数字が落ち着いています。

そして、トータルワクチン接種数600万回以上。その上病床数も病院だけで22159床空きがあるので、これでデリーの医療崩壊は収束したと言えるでしょう。

よかったナア。
家族や自分の病気の検査値がすこぶるよかった時のようにしみじみ、そしてにこにこ嬉しい。
死者数一桁がポイントになるのではないかなあと、思っていたので、ケジリワル・デリー首都圏首相のお話しが楽しみです。

彼はすでに次に来るかもしれない第三波に対しての対策を講じており、本当にこの時、この方がデリー首相でよかったと感じています。

私は病院巡り、自分メンテナンス中😅。
明日もにこにこ頑張る!
主治医にお墨付きを頂いて、元気にデリーにもどりたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


20年前の思い出(5)〜現在のデリー・カイラリ・アーユルヴェーディック・センター

今回は、今年の3月、実際にカイラリ・アーユルヴェーデック・センターへ行った時のお話です。

変わらないデリー・カイラリ
クトゥプミナール駅あたりを過ぎて、車がガタガタ道に入った辺りから、バサント地区やグルガオン地区では見られない子どもたちの懐かしい光景が!
大開発されて無くなってしまったと思っていた風景がそっくりそのまま残っていました。
カイラリ・アーユルヴェーデック・センターの入り口も同じです。

42EB7346-4CA6-43D3-8A09-25964CB41D21
ああ、この門!

このお庭!
BCBC220C-A970-463B-AF25-8E39F76767FD
懐かしい!
これは、ケララの施設を模倣して作られたガーデンです。
D82699B0-874F-4CE3-BA9C-CB17D9CFE783
ニューデリーにいながら、ケララに来ているような気分にちょっとなれるんですね。 

変わったデリー・カイラリ
扉を開けると消毒液。
F1865DF2-0901-462D-B26E-48D9C758A9CC
ご時世です。

受付の雰囲気は変化。
575D5A22-C055-4960-8C39-B55793F9DDD3
もっと、いい加減~な雰囲気だった。しかし、この変化は良いこと。

私は、油まみれになった時の為に、マスクの替えを持って行きましたが、必要無し。
1BD54BB9-33F7-4FD1-9C63-763B58865566
施術時用の不織布マスクが提供されました。
また、ケララ出身の施術師のお二人はマスク防護服の上にゴム手袋、と、コロナ対策は万全でした。




郷愁と現実と希望の狭間で
そして、この部屋!
F0664D37-F4C1-49F2-89CC-2F0CCC467F96
全く変わっていない‼︎20年前にタイムスリップしたような感覚で、涙が出そう。
しかし、サービスは以前より向上。今回の来印以来何度も感じたインド人の「ちゃんとやろう感」がここにもありました。
お値段はアビヤンガ+シローダーラ+スチームで6325ルピー。
20年前と比べ、倍以上高くなりました。
FullSizeRender
しかし、ケララ出身の二人の施術師さんが、頭から足の先まで同時期同方向に温かいオイルで施すアヴィヤンガ、たっぷりオイルを第三の目あたりを中心にして左右に流し続けるシローダーラ、スチームが入った値段(滞在時間は2時間くらい)なので、日本の同じカイラリ発のアーユルヴェーダ・センターを見ると安価だなぁと思います。
横浜にあるアーユルヴェーダスパ カイラリ ↑ 
きっとラグジュアリーでオホホな雰囲気なのだと思う

着替えるための部屋は全く変わっていませんでした。
7C8E22B9-D895-4F8E-8BEE-5A71DD39BE47
扉の奥はシャワー室。
905A55C1-2934-418C-B875-6EA23831C52E
ここに貴重品を置いて、鍵をかけます。
高級店スパをイメージしていると、更衣室に入るだけでショックを受ける方もいるかもしれませんが、インド好きな方なら、インド感満載なので絶対ワクワクすると思います。
全くもって、インド文化というものは、向こうの方で人を選ぶ。アーユルヴェーダも同じく、です。

いざ施術
さて、紙の褌のような下着をつけたあとは、綿の大きな布で施術師さんが私の体を包み、施術室に通されます。
施術は前にも書きましたが二人の女性が行います。施術室に入ると、そのうちの一人の女性が、「20年前からここで働いている」
と、仰いました。
うそ~っ!もしかして、ワタシ、彼女の施術を20年前も受けている?当時は、彼女の隣にいる若い施術師さんのように、彼女も花も恥らう雰囲気だっのでしょうが、今現在は、その道のベテランならではの頼もしさと貫禄が漂います。そのベテランさんは私を木のベッドの側の椅子座らせると、頭にオイルをかけ、ベッドマッサージを行いました。アビヤンガの始まりです。
ここからは、伝統に則った「さすがカイラリ!」と多くのインドファンを唸らせた施術が行われます。

すっかり忘れていたのに、いざ堅い木のベッドの上横たわり、左右対称で行われるマッサージが始まると、彼女たちの息のあったアビヤンガの手順を、そうだった、そうだったと身体が覚えていて、初めてアーユルヴェーダをした日の事とか、母を連れてきたこととか、裸を晒しても全然ヘーキなお友だちと来た思い出が蘇ります。
シローダーラも初めての時と同じように、夢現つ気分を愉しみました。
最後のスチームは、カイラリ特有のスチーム箱に入ります。
492D060E-1174-4EDE-B8D2-7B8927919AAE
この中に入り、首だけだすのです。
このカンカンが箱に繋がっていて、蒸気がシューっと出てくるのです。
1DD100B9-6600-4FDE-A0A4-BA3998B6FAB9

確か、友だち二人で施術を受けると、シローダーラとスチームの時間が前後したりしました。

最後にシャワーです。
こちらは準備される、オーガニックのシャンプーと石鹸。
A8BB2E3B-C54F-4CE1-B607-1BAA5DA7F24C
これも、好き嫌いが分かれるところですネ。
どうしても香りが気になる方や、しっかりとした泡立ちを求める方は、普段使っているものを持参されると良いでしょう。

こちらは新米施術師さん。
E12FBD3B-1D5B-4CED-8E66-9A778D70F5A1
節目がちの可愛らしい方でした。
施術時は、このサリーの上から、防護服と手袋をされるのです。

D16D07FB-153B-4FFC-A3BC-0734BBC99F86
使われるオイル。
D3B303FE-1613-4008-8C29-9F6FCD1D10F0


シャワーを終え着替えたら、別室へ。
B8861F05-AD4B-4D00-BDE7-CFFD26DADF78
ハーブのお茶が振る舞われました。
37B3ECC1-18CF-458D-B768-4411A72E47C2
カイラリに初めて来た時、お医者さんの説明を受けた記憶があるのですが、また、インドに帰って落ち着いたら、ちゃんとお医者さんの診断も受けてみたいです。

 





つづく


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村 
プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ