陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

#ドーサ

Yukettaのシッキム・ダージリン紀行⑤ガントクの朝

旅も中盤。御来光を拝するため、この日も早起きし、朝5時に出発しました。

太陽にフラれ、わんちゃんに懐かれる
御来光とカンチェンジュンガを、拝みに展望台に来たら、トコトコとわんちゃんがやってきて、目の前に座ってくれました。
FullSizeRender
日が昇るまでただ待つだけの時間、ずっとそばにいてくれた(実は寝ていた)。
IMG_5968
インドの野犬は優しい。きっとインド人が犬に優しいのだね。シッキムの野犬はデリーより体が小さいような気がします。
IMG_5971
よく見ると他にもワンちゃんが。犬の猫化でしょうか。
この日は雲が多く、御来光は諦めました。翌日の予報は雨。今回、御来光は全滅か。
IMG_6076


シッキム、ゴンジャンク・モナストリー
チベット仏教僧院を訪れました。
IMG_5975
チベット僧院に来ると、沙弥小僧さんたちに会う事があります。
FullSizeRender
彼らは、子どもらしい顔し、とても元気っ子なので、見るたび心が救われ、その様子から希望と活力を頂いています。
彼らは、貧しい家庭の子供たちで、寺が彼らを預かり、教育もし、将来は僧侶ではなく、一般の社会に出て行くのだとか。寄付は僧院へのお布施ではなく、NGOから。
IMG_5988
こちらの絵は、ゾウさんが木の実を食べるためには、他の動物の協力が必要です、と言った教えを描いているそうです。
IMG_5981


Bakthang Fall
天気予報「ほぼ快晴」でも、朝日にフラれた私たちですが、引き続き朝食前の観光で、バクタングの滝へ。控えめな滝に見えますが、モンスーン時期になると溢れんばかりの水量になるそうです。
IMG_6084
橋と、滝の高い位置に、チベットの五色旗、タルチョが掲げられている。

旅人が誰も彼も無事に帰宅出来ますように。そしてチベットがあるべき人のもとに戻って来ますように。
IMG_6710



二日目宿の朝食
シッキムの朝日に輝くドーサ三連写。

IMG_6017
IMG_6092
IMG_6091
ダイニングでは、目の前で南インド朝ごはんのドーサを焼いてくれます。北東インドで、南インド風な朝ごはん。これも流通が良くなったということでしょうか。南インド朝ごはんはスパイス控えめで胃に優しい。一応イングリッシュブレックファーストも準備されていて、夫婦で少しずつ試しましたが、インドごはんが美味しいなあと思いました。


IMG_6009
IMG_6014
IMG_6018
IMG_6090
IMG_6005
IMG_6010
IMG_6012
しかし、シッキムならではのお料理はありませんでした。とはいえ、昔はインドの主要都市でない土地に行くと、朝昼晩とスパイス入りインド料理だったので、随分選択肢が広がったナアと思うのでした。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ニューデリーのマドラス

マドラス・カフェ・ハウスにきたよ
0CF095BB-BA53-42D9-A3CC-C47339D2B92D
たまたま、別のお店を探していたら、辿り着いてしまったのですが、運転手さん曰く、
「ベリーオールド、ベリーフェイマース。」
チェンナイがマドラスだった頃の地名をお店の名前の初めに持ってきたのですね。

(↑お店のホームページと実際のお店にイメージの開理があります😆)
創業1935年、ニューデリーの中心コンノートプレイスで86年。老舗です。

昔のインド映画に出てきそうな店内の雰囲気。
A0EB79E9-D22A-4055-B625-8FF63CB4525F
お馴染み、ドーサはサクッとした食感に発酵酸味。
EB07B336-54F3-461B-B3CA-46A4B92025FD
豆と米の粉を水で溶いて発酵させた生地をカリッと焼いて(油を使わず!)お芋料理を包む。
E797A611-4949-4ED9-A36F-249A8BD51B45
ドーサを初めに作った人、天才と思います。
パコラはおふくろ感MAX。
CFCF32C9-BD6C-4268-8DF2-7B5E60FEDBA2

この、冷たいコーヒーが美味しかったです。
1D094577-A8B7-4F47-A6D0-99B8BDCCA630
多くのお客さんが頼んでいたので、名物だと思います。お砂糖無しにして頂きました。良人が、オーダーした彼のラッシーが美味しいと言っていたので、きっと牛乳が良いのだと、二人で話しました。

いちばん高い価格が、
南インド野菜ターリー250ルピー。
2A0CC7A1-5F19-4365-AD1A-3F447ED0FFD6ターリーは、味は塩味薄め、後からじわじわスパイスが効いてきます。
C0F8885C-2750-4613-9B61-245BC090B03B
南インド料理の特徴、化学や動物からくる、うま味は皆無。綺麗な味でした。
9D32546C-B05F-44F1-8D22-4F98446D0503
サンバルはおかわり無限大(^^)。
同じ南インドのチェーン店「サガール・ラトナ」のターリーやドーサとは、また違う味わいでした。
↓サガール・ラトナ・ヒストリーそれもそのはず、サガールのオーナーは同じ南インドでも真西のウドゥピ出身。一方マドラス(チェンナイ)は真東。
FullSizeRender
700キロ以上離れています。

日本に置き換えると、尾道から東京くらい。
FullSizeRender

例えば、尾道ラーメンから東京ラーメンに行き着くまでに数多くの食文化がある通り、同じ南インドと括られても、ひと川、ひと山超えると全く違う文化があるのでしょう。

 店内は、13時を過ぎると満席になりました。。南インドの人のドーサやターリーへのこだわり論にもっと踏み込んで、私のお気に入りドーサ、お気に入りターリーに行き着きたいけど、これは自分のインドへの関わり方次第だナ。


IMG_4506
IMG_4507

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ドーサとホットサンド/夫料理インド編第三弾

先週末は、良人が台所に入りせっせと調理しました。

⬇︎こちらはインドAmazonのお菓子・スナックのアマポチが流行りの夫が、
「これはヒ〜ット!」
と喜んだドーサ。
E21BAC1E-9428-40AD-8CC2-1FEEAF41DF08


ちょっとレンチンするだけでふわっと軽いサクサク・スナックに。
EAB6D6A6-73D0-4BFC-AEEF-0AF94F030C35

コレはインド風アペリティフになりますな☺️。
C4DDCE69-7339-4C37-9B73-6D0A8EC43757
ビールにもスッゴク合います。
今はまだ外出できるけど、新規感染者激増で今後どうなるか予測がつきません。再びのロックダウンが始まったら、アマポチや、Amazonでないアマポチも開拓して、市場ではできない楽しみを見つけて行きたいです。

そして、こちらは夫作・ホットサンド。
988B1881-4C91-4B5D-AF31-807094BC3D31

実は私はランチパックを食べたことが無いのです。食わず嫌いです。何故なら、せっかく膨らんだものを、たとえ端っこであっても潰してしまうのが、なんだか気の毒で…。誰が気の毒って、パンを焼いた人や、膨らんだパンそのものです。おそらくこれは、20年以上前の初駐在時、インドでふわっと膨らんだパンが食べられなかった後遺症。当時もパン焼き器は持ってきていたけど、突然、しかもほぼ毎日来る停電に怯えながら(Panasonicのパン焼き器は1分なら電気が切れてもパン焼きが再開できる。だからパン焼き中に停電が来たら急いでジェネレーターに切り替え)それでも、焼きあがったふわっふわパンを食べる感動は、なんと表現して良いかわかりません。だから、端っこであってもそれを潰すなんて…その姿もあまりみたくない…と言う凝り固まった考えが私の脳内にこびり付いているのでしょう。

それはヨクナイ!
っと言うことで、似た発想のパン料理として、インドで買ったホットサンドメーカーで、良人がホットサンドを作ってくれました。
CC93FEF8-4AE2-4561-934E-47C25E7FDC79
パンは半分以上潰れていますが、カリッとして、「膨らんだ焼き立てパン」とは、まったく別の食べ物で、とても美味しかったです。
そうか、やっぱり私、頑固ものの食わず嫌いだったネ。日本に帰国することがあったら、ランチパックも食べてみようかナ。
幾つになっても、生まれて初めて体験ができるのはきっと楽しいことです。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ