陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

#ニューデリー

広がるインドの食世界

蓮の実を食べたよ!
FullSizeRender
@spice.epice.india 先生のスパイスのワークショップで教えて頂いた蓮の実。INAに売っていたので、サクッと購入。

油をひいて、カラカラと炒めました。
FullSizeRender
おいし〜😋。
お茶請けにピッタリ(私はビールのアテ🤪)。
日本で友人が持たせてくれた鯛塩で頂きましたが、ガーリック塩もイケそう。また、スパイス塩、青海苔塩、黒糖絡め、色々アイデアが広がる~。

効能を検索したら、
「ハスの実はタンパク質が豊富でカルシウムやリンなどミネラル成分も多く、神経への鎮静効果があり、筋肉の伸縮性や動悸の改善などの薬効を持っています。
このほか、抗癌・降血圧などの効能もあり、精神を安定させ、滋養強壮にも効果があるとされています。」と、嬉しいことばかり書いてある~💕。中国では薬膳に使うのですね。確かに蓮の実入りお粥なら、炭水化物だけでなくタンパク質も摂れます。

 年齢と共に、動物性タンパク質が、一度にたくさん食べられなくなっています。だから、サクサクっ、チョコチョコっと食べられるタンパク質なんて、年寄りには吉報。
それに、健康志向の高い方へのお土産アイデアにもなるね。いやはやインドの食材は奥深いです。

デリーのオーガニックショップへ行ったよ!
IMG_3053
先日の@spice.epice.india 先生のワークショップでお店の場所を、教えて頂きました。



こちらが購入したもの。
FullSizeRender
一番大きな袋が硫黄の香りのする塩、カラナマック(ブラック・ソルト)。フレッシュ・ライムソーダ・ソルトに入っているお塩だそうです。
そして、一番小さいお薬みたいなのがヒング。
FullSizeRender
ヒングは植物からできた香辛料なのに、タイのカピとかミャンマーのンガピみたいな、タンパク質が発酵したような香りがするんです。これは、食べ物に禁忌がある人々の調理にも使われたりもするそうです。そしてこのヒングがこの日に購入した3点の中で一番高かった(ヒトケタ違う😱)。こうしてヒングは、もの凄く大事な貴重な香辛料であることを、買い物を通じても、理解できました。
↓ヒングwikiより


もう一つはおなじみ、胡椒。
IMG_3070
粒が大きい気がしたので、つい財布の紐が緩んでしまいました。パッキングの大きさがお土産に丁度良いと感じました。

ここのオーガニックショップは、科学者であり環境活動家のヴァンダナ・シヴァさんのお店。シヴァさんは南インド出身で、遺伝子組み換え技術環境問題や有機農法の研究と実践、普及に取り組んでいらっしゃるそうです。
ヴァンダナさんは、日本とも関わりがあって、訪日されたこともあり、また、コロナ前は、日本からヴァンダナさんの元へ訪れる人々もあったのだそうです。





@spice.epice.india 先生のインスタグラム👇




にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


苗木屋さんは夏の盛り

苗木屋さんへ行ったよ!
IMG_1220
苗木屋さんは既に夏の盛り。

IMG_1222
私は、庭師カーストのマリさんたちとお話しするのが好きです。話はお互いにいつも一方通行になりがちだけど、朴訥で優しい彼らから、今のお花や、これからのお花、また、野菜やハーブの苗木の名前を教わるのが楽しいのです。

今回は、ハーブを幾つか購入。
IMG_1223
こちらは昨年購入したもの↓。
IMG_1224
これから更にこんもりするでしょう。夏に向かうときの植物のエネルギーには、感嘆しかありません。

お目当てトゥルシー(ホーリーバジル)苗はなかったので、種を購入。
IMG_1225
…のつもりが、ホーリー違い。私が見つけたのはHoary(とても古い)。トゥルシーのホーリーは、Holy(神聖な)。 Ocimum Americanumで調べると、Hoary basilは、アフリカ、南アジア、インド亜大陸で育ち、他にライムバジルとか、アメリカンバジルとも言われるそうです。Holy basilには、ちゃんとOcinum Sanctumという学名がありました。いやはや、シソ科植物って奥が深いですね~。
 帰宅後、種まきし「猿蟹合戦」の、柿の種に水やりするカニの気持ちだったのですが、また振り出し。さて、私はホーリーバジルの苗木に辿り着けるか?


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

窓からクトゥプ・ミナールが見える

歴史散歩
爽やかな風と青空、萌える緑の日、歴史散歩に参加したよ。
IMG_0395
写真は、ムハンマド・クーリー・カーンのお墓の一室から。

教えて頂きながら歴史遺産を巡るのは、本当に贅沢で楽しい。昨日教わったことを、自分で一から調べたら、途方もない時間がかかるでしょう。
IMG_0402

昨日解説を聞きながら、ふと、思ったのは、江戸時代の歴史が見えると、東京が面白くなるように、ムガール帝国の歴史が見えてくると、もっと北インドが面白く思えるのではないか?ということ。
ムガール帝国滅亡が1858年。江戸開城が1868年。滅びた時期も近い。この辺りを糸口にして、1500年代から、1800年代まで、欧米、インド、日本と、パズルを一つ一つ埋めていったら面白い世界観が持てそう💡!
ゆっくり組み立てで行こう☺️。

IMG_0401
行きたかったけど、辿り着けなかった階段井戸。もう、もう感激です。
求め過ぎると叶わないけど、ちょっと離れて別のことをしていると、何かの縁で、希求が叶う。諦めないが肝要、インドです。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

さよならランチ

Bukharaで、さよならランチ
IMG_0270
レストランがほぼ、ほぼ正常に開くようになって、本当にヨカッタ。
とりわけ、別れのこの時期に。
この2年を乗り越え、本帰国となる方が、いっぱい、いっぱい嬉し楽しい思い出を作れますように✨。


さて、
…インド料理が目一杯普及している日本で、なかなか食べられないインド料理で、且つ、インド式ラグジュアリーなサービスも受けられる…と言ったご要望にお応えし、参加者が未経験だったのもあり、ちょいと安易というきらいもありますが、ITC MauryaのBukharaを私は選択しました☺️。代々のインド出張者・駐在員にも馴染みのお店だから、帰国したあとも、世代を超えて、同じテーマでお話しができるでしょう。

お花
お疲れさま贈り物はお花。
IMG_0234
デリバリーのお花のデコレーションの写真を、近所のお花屋さんに持って行くと、ほぼデリバリーと同じ値段で作ってくれ、家まで配達してくださいました。デリバリー費用は無し☺️。
身の丈に合った花選びもできるから、これから家用にも、もっと利用しようかナ。

Bukharaのお料理
①ファミリー・ナン
E516A497-87BC-4276-A407-7C4E4634B247
この通り、映えます。
作っているとこも撮らせていただけますヨ☺️(バターナンも美味しいです)。

②海老のタンドーリ
91AA923E-85C3-4595-8B08-FE40F53037B9
インドの海老は美味しいです。

③骨無しチキンのタンドーリ。
B31305F1-9D71-417F-BEB8-C1FA718E6D18


☆キングオブタンドーリ、骨つきチキンは、撮り忘れ😅。


④野菜のタンドーリ
EB66283D-0EB0-440F-BDCB-89D9825D5045
私は初体験。いつもは良人と来るので、お肉ばかりになってしまうからです😅。しかし、これも美味しかった😋。

⑤タイミングを逸してしまった、ナンをタンドーリに入れる瞬間。
C223D984-2BC3-411D-8624-527F23098779

⑥お馴染み、Bukharaのダール(ドロッとした豆スープ)。
876EF011-4883-48F3-965C-036F9CAB9A9B
何十年も火を落としていない鍋から。ここのダールは、美味しいです。

⑦ITCだけが卸している、という泡で乾杯。
0C4FB18F-37D2-4295-A058-038F9A82510E
インドの泡、私は美味しいと思う。泡の向こうに、グッと主張がありました。
インドの葡萄酒で、インド料理を食べられるなんて!
ムガール帝国の王様だってしなかった贅沢でしょう。

⑧クルフィ。
34D76233-1AE6-4D16-92BF-C2621F07EC4B
通常、この糸蒟蒻みたいなのが不評で、
「アイスクリーム!春雨無しじゃ!!」
とオーダーするオッさんが、昔、いました(なんと、通じてしまう💦)。

⑨著名人も訪れている。
77C0BA7E-BD43-4296-A908-07F72E97639D


⑩ラグジュアリーお手洗い。
IMG_0282
正面窓から見える緑が気持ち良い。お手洗いは、必訪ですよう。
47E76497-F2B2-4C8F-B948-6B1B16AD267F

やっぱりITC Maurya 、いいですね~。ゴージャスだけど、あたたかさとにこやかさのサービス。かつ、ザ・インドをどっぷり経験できる。昔は、この良さに気がついていなかったナ。
いずれやって来るインド最後の夜は、思い出の詰まった、ここで過ごしたいなぁ~っと思いました(あっ、そんな事を考えると、涙が出てくる~)。

確か、美味しんぼに出てきたレストランも、ここITCだったような記憶がうっすらと。また、調べてみます😉。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

デリー観光/フマーユーン廟

フマーユーン廟へ
先週末に、行ってきました。
二十数年ぶりで私は、殆ど記憶がありません😅。茹だる暑さの朦朧とした記憶の中に、かすかに、星のマークがあった事を、そう言えば…と思い出し…。一方、良人の「そう言えば」は、フマーユーン廟は、タージマハールへ、アテンドする時間のないお客さまをお連れする場所だったことでした。行きの車の中で、老夫婦は、スマホを見ながら、
「ああ、そうだ、そう言えば、そうだった」
の記憶掘り起こし作業をするのでした😅😅。

 フマーユーン廟に近づく最後のラウンドアバウト付近は大渋滞。そして入り口は、インド人で混んでいました。
FC5C0FBC-7342-4634-BB52-B3F944429C2C
 外人は私たち以外は皆無。本格的に観光が始まったら、更なるカオスが予測されます。
「朝イチで来るべきだったね」
と夫婦で話しました。ただし、ネットを見ていると、オープン時間が、朝7時と、朝8時とがあり、これも実体験するか、信頼できるインド人に尋ねないと、本当のことはわからないし、1ヶ月後は更に変化しているだろうなぁと思いました。

フマーユーン廟
 フマーユーンさんはここを実質的に建立した、ムガール帝国アクバル大帝(徳川政権が安定した三代将軍家光と言った位置付けか🤔?)の、お父さんです。 この廟は、のちに五代目君主シャー・ジャハーン(徳川家が繁栄した五代将軍綱吉の位置付けか🤔?)によって建立された、タージ・マハルに影響を与えているといわれています。
6F50619F-73C9-45C3-A12F-9829E1101BA9
さて、チケットも手に入れたし、中に入ってみましょう。
B43C1FEF-3AD0-48DE-A304-EE3921B1C4CB
他のイスラム建築と同じで、フマーユーン廟も、建物の持つ、計算され尽くした劇場的演出力が
「半端ナイ!」
です。ただ真っ直ぐ歩いて行くだけで、
4C023B4A-74E1-412E-8713-CAA31630877D
最初の門の前では全く見えない玉ねぎ型のクーポラが、
その後更にある門入り口からふっと見え、
67F267AE-5132-46FC-8C85-F54272C5B250
BA5337AB-5143-4A6F-BF09-1244956F5EC4

さらに歩いて行くと、クーポラが緑や更なる壁と門で見え隠れし、
6896BC69-16B5-4139-894B-59D2B56A848F
FDCBC1A7-0861-4B13-BC53-8826DE8F5A0B

最終的には、ど、ど、ど、どーん!なのです。
615841A6-050A-46BA-993C-22FA3399E40A
71E7B752-8517-4443-8C8C-08F7B7F27145
1B2DA8E9-32AD-4CC3-9D5A-D0AFD6CFBE97
この時代のイスラム文化を
「これでもかっ!」ってくらい見せられ、旅人は、
「参りました‼︎」、となり、且つ、ほぉぉと建物を見上げ、感嘆してしまいます。

80C098F3-0CBB-4642-A23D-DA4CE55B6353

SNSに、写真を載せたら、
「お城のようですね。」
というコメントをくださった方がいらしたのですが、確かに!フマーユーン廟は、ムガール帝国王族魂の永遠のお城のようです。
廟の周りには爽やかな風が吹いていました。
C22807C1-428D-4208-A806-D06C555FC125
50BFD9F4-C808-40FE-A710-D81BB9B68104デリーは一番良い季節です。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ