陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

#pcr検査

出張PCR検査

自宅でPCR検査
 インドでは、前からもともと、出張PCRをやっていたのですが、4月に患者数が爆発的に増えてからは不可能になり、出国、旅行で必要な時は病院で検査を受けていました。

 しかし、こうして私が検査を受けられた通り、このシステムが復活しました。
931834D9-E009-4E44-9AC2-F2CACDCE9947

「医療がちゃんと機能しているのだな、
よかったなぁ。」
感慨に耽ってしまいます。だって、あの感染者激激激増は今年の出来事なんですもの。
 検査する人も、すでに、宇宙服仕立てではありません。
99E12615-7054-40B0-8698-FB9DC7BED184
IMG_5750

このように、大仰にしなくても付き合って行けるのなら、withコロナは、これから意外にすんなり定着するのではないかしら。
 自宅PCRは、朝会社に行く前に検査できる、病院で感染したらどうしよう、という心配がない等の、利点があります。


 さて、昨日陰性証明も頂けましたので、これからちょっくら、肺を洗う旅へ😆。

実は私は今、大気汚染のど真ん中、赤黒い場所に住んでいます(今日はマシなほう☺️)。
FullSizeRender

これから右側にポカッとある、緑地帯で肺を洗ってきます。
さて、どんな旅になるでしょう✨。スッゴク楽しみ。
それでは行って参ります。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

Yukettaのラダック紀行(1)~旅準備・出発まで

連休を利用し、インド国内旅に行って来ました。インド国内旅行は初めてではないけど、今回の駐在が決まってからは、初めてです。訪れたのは、インドの最北部、チベット文化圏でもあるラダック。なんと昔は一妻多夫制だったとか。インドでは、何処の土地も「なんじゃ、そりゃ!!」な刺激を与えてくれるから、今回も楽しみにしていました。


ラダック旅準備
①出発二日前/PCR検査
インドのPCR検査は鼻と喉両方です。
IMG_2320
費用は500ルピー(750円くらい)。
検査したのはこちら↓ 
8C55CFDC-2D5B-47AA-A9A5-B1BD1F34177F

②前日
高山病回避のために、良人が準備してくれたダイアモックス。
F9248A7F-B760-4734-9BAC-65A398E322F2
高山病対策を色々と読み、最終的に自分の判断で、半錠1日二回を、出発前日から服用しはじめました。
B4C0197C-A74B-48BF-AD4F-27BF84B3412F
一錠4ルピー(6円くらい)。
副反応は、ビールなど、発泡する飲み物を甘く感じることです。
◉その他の“私の”高山病対策
※水分を頻繁にとる
※深酒をしない
※無理をしない
・頭痛時にはロキソニンが役立ちました。
   ○全て個人的な考え・行動・感想です。

③前日・その2
☆ラダック予習・ラダックの便利な言葉
◉「ジュレ〜」
こんにちは、ありがとう、ごめんなさい等々に使える振り幅の広い言葉。良人と一緒に、sachi jokoさんに合わせて練習しました。これは、もの凄〜〜く役に立ちました。

④その他
☆ラダックの気候◉観光シーズンは、4月から10月上旬
◉雨季は7月中旬から、8月中旬
となると、酷寒でないラダックの風光明媚を満喫するには時期をよく考える必要があるでしょう。
☆旅の装い
8月末の旅でしたが、今回は、パンゴンツォ泊があるので、半袖から、ヒートテック、防日差し、防寒の為の軽め・大きめショール、ダウンまで、日本の夏から12月初旬装いの準備をしました。靴は軽いウォーキング用のシューズのみ。インド式用足しが出来ない人(←ワタクシ)は、トイレットペーパー、携帯ティッシュは必須です。


☆必要書類(2021年8月現在)
◉陰性証明
◉FRRO
◉パスポート

さあ、これで準備は整いましたヨ!!




出発日
デリー国内線空港は、トイレ個室全てにトイレットペーパー。身構えていた私は、嬉しく拍子抜け。
ポーターさんに安心して頼れるだなんて、だなんて、なんて、、んて、、、て、、、、…と、心の中でエコー。
70AB9898-8DA1-4101-8F6B-7FFF1F41C59F
インドは随分と旅しやすくなりました(セキュリティは厳しい、従って時間がかかる)。

飛行機は満席。
34A7FA58-C531-435E-98FC-0F112FC48EC2
真ん中の席は防護服を着なくちゃいけません。でも、インド・コロナ対策、ここまできたね。よかったナア。
また、以前に比べて乗客に若い人が多くなったなぁ、と、またまた感慨にひたる…。

出発後1時間で、ラダック到着。76683628-A366-4FD2-BC72-82FB5996055D
ラダックの面白空港。

さて、どんな事が待ち受けているでしょう。
きっと、Aal Izz Well な、旅に☺️

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

渡航前PCR検査。

昨日、行ってまいりました。
IMG_0868
病院に着いたのが朝8時7分。 
病院を出たのが朝8時17分。
滞在時間10分!
早っ!
現在陽性率が高い中(東京22.5%8月10日 デリー準州0.06%8月11日)同じ場所に長くいなくて済むのはありがたい。
鼻ぬぐい技術も素晴らしい。
かなり奥まで入り、しっかりこすられたけど、不快感ナシ‼︎
くしゃみも咳も出る暇がなかった。
鼻ぬぐい棒も細くなった気がする~。
システムを含めこの病院が今までで一番よかった気がします。

そして午後4時


FullSizeRender
今年六度目の陰性をいただきました~!
とはいえ、インドのパンデミック時に、罹患している人がPCR検査を受けられなくなるほどキッドも人も足りなくなったのを経験したので、ピンピンして何処も悪くないのに、この検査を受ける事に罪悪感を感じる。現在パンデミック中の国々は困っていないのかしら…スミマセンって気持ち。


しかし、規則は規則。
守りましょうとも。

また、PCR検査は値段もさることながら、病院によって、システムや技術の差が大きいのが気になる。今回の病院は、検査時は滞在時間10分(夫が7月に行った病院は、予約時間が過ぎてから30分待った)。結果受け取りも時間通り。

受付や案内がきっちりしていると、医療ミスも限りなく無いのだろうと、信頼できます。一般とPCR検査の区分けもできているし、検温・消毒の促しがダレてきている施設が増えている昨今、そこも人が配置され、ビシッとしていました。また、正規の自己負担PCR検査費用は高いけど、その値段に見合うサービスをする気概がありました。

それだけでなく、受け取り時、受付の方が、名前、生年月日、パスポート番号等を一緒に一つづつチェックして下さいました。入国はシビアなので、ほんの一つ数字や綴りが違うだけで問題発生…なんてことが本当にあるから、こうして複数の目で、書かれていることを声に出しながらチェックして頂けるのも、凄くありがたい。というわけで、このクリニックはおすすめです(証明書は英文だけでなく中文もアリ)…高いケド💦。

検査結果待ち時間に準備買い物、 
そして映画を一本。
「全てが変わった日」
IMG_0878

納得の全米初登場1位。
表現にイロイロ縛りのある残念な現在、ビシッとウェスタンの伝統筋書きを貫いている。
いやぁ、オトコはツラいネ(だからステキなのだけど🥰)。
上映館が少ないのも残念。老兵、そしてウェスタンも消えて去る運命にあるのか…サビシ~ッ🥲。

夫の渡航前PCR検査見学

次回は一人でインドに行かなくてはいけないので、苦手な書類準備予行演習として、夫のPCR検査について行きました。今回は、いつもお世話になるPCR検査病院が土日休みなので、別の病院へ。


わかってはいるものの、日本の検査費用は高い!IMG_0173
PCRに至っては、鼻ぬぐい技術がスーパーテクニックと思われ、また技術さんへの感染リスクやその回避の準備を考えれば、3万円は仕方ないと思ったのですが、それも去年のこと。
今回の病院は鼻ぬぐい技術者さんの人件費はかからない唾液検査なのに費用は3万3000円。そもそも唾液検査でもPCR検査と言うのだろうか?と言う疑問が湧いたので帰宅後調べてみたら、わかりやすい説明がありました。

👇

技師さんのリスクを考えれば、唾液にして費用もその分減らしていくのが現実的と思われます。

しかし、現在唾液検査では入国を受け付けない国、即ち、鼻ぬぐい検査でなくてはいけない国もアリ。
IMG_0167
今後も状況がくるくる変わるでしょうが、海外へ出ることも増えていくでしょうから、注意が必要です。


今回の病院は、土日も開いているのですが、あまりお勧めできないので名前や、そことわかる写真は控えます。なんと支払い時、夫の抗体検査結果を診察で聞いた時と逆のこと、すなわち、抗体はあるのに無いと書かれた紙(手書き😅)を渡されました。スタッフ一人一人に至るまで、揚げ足取り被害に合わないように、凄く気を遣っている立派な病院もたくさんあるのに、
「どうした!大丈夫か?!」って気持ち。
例えば9900円(指先をチョンと刺すだけの迅速抗体検査の値段)の食事で、温麺と冷麺のオーダーをし間違えるレストランはあるだろうか?

因みにインドの抗体検査は簡易式でない、きちんと注射針で血液を抜いてする精密抗体検査が1800円くらい。夫が今回9900円かけて受けた迅速抗体検査は、抗体があるか無いかしかわかりませんが、インドで受けた約1800円精密検査だと数値化され、抗体が少しあるのか、充分あるのか、わかるようになっています。
インドで抗体検査を受けた時の様子👇

抗体証明を握りしめて、お見舞いや、お葬式の参列がしたかった人はいっぱいいるはず。
厚労省さん、ニッポン医師会の偉い人さん、しっかりしてください。つい、思ってしまいました。


👇12ヵ国のPCR事情を比較した記事
メディアには、自費PCR検査3万円のお金の流れを是非とも追求して欲しいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ