陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

インド

尊敬するヨガの先生

ヨガ再開
先週末、整形外科のドクターから、軽い運動ならして良いとお許しがでたので、今週から早朝ヨガ再開。
運転手さんも、
「僕はヨガをするマダムが好きだ。」
と、喜んで朝6時から車を走らせてくれています。
IMG_0290
しかし、12日ぶりのクラスなので
「ヘッドスタンド、出来なくなっちゃったろうな…。」
と、実は悲しんでおりました。でも、足をかばいないながら、恐る恐るトライしてみたら…出来ます、出来ます、足がすうっと上がり、出来ました!
一年の積み重ねは、12日くらいの中断では崩れないのですね〜。
感激😭。

それに、勢いを使うのではなく、技術と精神をコントロールしながら、身体を動かすって、傷めた場所を守ることになるんですね。これから歳を重ねれば、益々身体は衰えるから、
「1日一歩、3日で三歩
三歩進んで二歩下がる~♪」
で、地道に続けます。
チーターさん、励ましソングを私の記憶に残してくださりありがとう😊。

尊敬する先生
今日の朝ヨガは、私の大好きなリトルブッダ先生のクラスでした。先生の指導のおかげでヘッドスタンドもより確実に。
「今朝は、良いヨガが出来たなあ。」
と、教室を出て靴を履きながら、しみじみしていたら、リトルブッダ先生が飛んできて
「君は大丈夫か?」
と仰いました。

なんでも先生の目には、いつもの私ではないように映り、それで気になり話しかけてくださったのです。
そこで、足を傷めた事情をお話しし、ドクターの許しが出たことも伝えました。
すると先生は、身体全体は日々のプラクティスのおかげで崩れていないから大丈夫と、励ましてくださいました。
益々心酔してしまうナア。
私には、愛してやまない先生方がいるのですが、ここインドで数が増えそうです。心から尊敬できる師に出会うことは、人生の中で最も幸せのうちの一つと思います。彼が歳下であることも私を喜ばせている。それは彼の若さが、死に遠い存在だからです。
IMG_0294
Be Happy.
オーム・ナマシバヤー🙏

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

インドで鴨鍋…風

楽しい孤独作業♪
IMG_0141
一昨日、ダックが食べたいと給う良人を、INAへ連れて行き、一羽落としてもらいました。屠殺、羽取り、骨抜きするまで15~20分。この間に、昼下がりの暑さと、INAの人いきれですっかり彼は参ってしまった様子。帰り際、まだ生暖かいダックを持ちながら、
「インドで食材を買うって、こんなに大変なんだね。いつもご馳走を作ってくれてありがとう。」
と言ってくれました。
明けて昨日、気分を良くした妻は、ご馳走製作🥰。
IMG_0136
なかなか良い出汁が仕上がりつつある…
さて、何ができるかナ。


インドで鴨鍋…風(^^)
IMG_0155
完璧に準備した!
私ってエライ😤‼︎
っと言うつもりでしたが、落としたてダックは固かった😅。ネットで検索すると、鴨肉は(ダックはマガモを原種とする家禽)14〜18日熟成させると書いてありました。
IMG_0202
いやはや、精肉って本当に大事な工程。店頭に並ぶまでの手間を含めてのお値段なのだなぁと改めてしみじみ。

デリー首都圏だと、The Altitude Storeが、ダックを扱っているので、次回はこちらを試してみようと思います。
IMG_0201
ネギはローカルのポロネギ。
IMG_0162
ダックが美味しかった前任地でたどり着いた切り方で、こうするとポロネギに早く火が通ります😉。

IMG_0204
後2ヶ月もするとデリーも冷えてくるから、部屋ごとあったまる鍋レシピが増えるのは良いことです☺️。お魚の鍋も何かもっと考えてみようかナア🥰。

そうそう、イワタニのカセットガスコンロを持ってこれば、インドのガスボンベが使えますよう。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

インドのサットゥ粉を使ったスーパードリンク

「Sattu Cooler/サットゥクーラー」写真左
IMG_0122
インドの面白飲み物の一つ。ポットベリー・ルーフトップ・カフェに於いて。

サットゥって何?
「Times Food 」というフード雑誌アプリによると、サットゥ粉はインドのビハール、ジャールカンド、西ベンガル、ウッタル プラデーシュ各州で使われ、以前は「貧しい人々のタンパク質」と呼ばれてきたのが、昨今その栄養価が見直され、着実に人気が出ている「powerhouse of energy」と言われる、最新スーパーフードなのだそうです。
Wikipediaには、まだ日本語のページがないので、まだ日本ではあまり知られていないかもしれません。しかしインドでは、サットゥ粉は簡単に買えるようなのでディープなインド好きさんや、健康志向の高い方へのお土産に良いかもしれないですね。

サットゥドリンク初体験
先月、ヨガ友さんに、このお店に連れてきてもらい、彼女に全てお任せチョイスにしてもらったら、始めにこのサットゥ・クーラー・ソルティが出てきて、私は
「お、お、面白味〜!」
と驚いたのです。
IMG_0046
それは「卵の黄身冷たいスープ」と言った味わい。おそらくブラックソルトが使われているからでしょう。
私は、
「コレは、卵好き良人が好きにチガイナイ!」
と確信。
このドリンクがオシャレ~に飲めるポットベリー・ルーフトップ・カフェに、昨日やっと良人を連れていけました。

https://g.co/kgs/tzFyuV

サットゥ・クーラー・スイートもあり、こちらは万人受けするドリンク。
味わいは
私「カスタードの味〜!」
夫「きな粉ジュース〜!」
でした。

ポットベリーのビハール料理
お料理も面白い美味しいですヨ。ビハール州の代表お料理、リッティチョーカーだけでなく、
IMG_0061
Saboodana basketという、タピオカを使った揚げ物スナック(ビール飲みたい💦)↓
IMG_0123
IMG_0124
↑魚と野菜を使ったパリッとスナック(名前を聞くのを忘れた💦)。もちろん、グレイビーを使ったお料理も美味しいのですが、サットゥドリンクを飲みすぎたせいか、すぐにお腹いっぱいに。
ダイエットという点でもサットゥはスーパーフードですね。

IMG_0126


シャプール・ジャット散策
ポットベリー最上階での食後はシャプール・ジャットの界隈を散策。
IMG_0071
煌びやかなブティックと、昔ながらの、ここに住まう人々の息づかいを感じられる数々のお店が共存。

FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_0073
服飾の町でもあるのですね。お洋服が好きな方は、時間を忘れることでしょう。

ポットベリーのグランドフロアー
くるっと一周し、ポットベリー・カフェに戻り、グランド・フロアーで、マサラ・レモネードを頼みました。
FullSizeRender
コレも面白飲み物。
IMG_0091
むっちゃインド味。

これまた面白いのがお料理の運ばれ方。厨房が上の階にあるので、小窓からお料理が。 
IMG_0084
IMG_0082
ニコニコしてしまう光景です。


店内は、最上階もここも壁に、心がぽかぽかあったかくなる、マドゥバニ・アートが描かれています。
IMG_0131

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

コンサート後の食事

Diva
イタリアカルチャーセンターの中にレストランがあるので、月1~2回の、センター主催コンサートの後に、お食事出来ることが、豊かな気持ちになり、とても嬉しいです。
IMG_0015
ブッキング時に、予約は取れませんとお店は言っていたのに、なんだか入れてしまえるのも、インド的、且つ、イタリア的で、まことにヨイ。いい加減というか、融通が効くというか☺️。


女神さまチョイス
ここにはつい、数日前にも、お友だちと来ました。
IMG_0017
やっぱり女神さまチョイスが素晴らしく、彼女は、数あるメニューの中の、うんと美味しいホームメイドのパスタを指差しました。
IMG_0019


夫チョイス
夫がここのガスパチョが好きで一昨日も注文。
IMG_0016
それはガーリック、酸味控えめの優しいガスパチョ。イタリアンレストランらしく、ブッラータが浮ぶスープになっており、暑さや湿気に疲れた胃に、すうっと馴染んでいきます。

ちなみに私は、前菜をズラッと並べて、ひたすら呑むスタイルが好きです😅😅😅。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村


インド人によるイタリアオペラ

インド・イタリアカルチャーセンターで、インド人によるイタリア・オペラ
IMG_0012
ピアノ以外、出演者はオールインド人。演目は、ドニゼッティのオペラから「Alina, Regina di Golconda」。
私は楽しく鑑賞ました。

会場は満席+立ち見。
IMG_0013
「おそらく、楽譜を読める人が少ないのでは?」と、思ったのは、読譜を学ぶ前の子どものような、声を発するときの「声帯へのストレスの無さ」を感じたので。それは、文字や文法を学ぶ前の子どもの言葉のような天真爛漫さです。

こうした生徒さんたちを、抜粋とはいえ、ドニゼッティのオペラ作品で、昨晩の状態に持っていけたのは、指導されたかたの力も大きいと感じました。

とにかく歌い手さんたちの「これから感」が半端なく、例えば、東京芸大が、明治時代の東京音楽学校だった頃の最初の最初って、こんな雰囲気だったのではないかしらと、その黎明期ならではの意気揚々・高揚感につつまれている彼らを羨ましく思いました。
IMG_0014
このファウンデーションのメンバーにもご挨拶できました。綺麗な英語とイタリア語を話すフランス人女性です。いつまでインドにいられるか、わからないけど、関わって行けるようになんとしても食らいつきたいです。また、何かで役立つためにも、私自身はもっともっと英語力もつけなくちゃ。 

さーて、今日も頑張るゾ💪。
えいえいおー!

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ