今週、良人がCovid-19 のワクチン接種をしてきました。 
インドでは3月1日から65歳以上と、45歳以上で基礎疾患がある人の接種が可能になり、モディ首相が治験途中で安全性が懸念されつつも使用が承認されたコバクシンを、
ダライ・ラマ法王がインド北部ダラムサラで、アストラゼネカのワクチンを接種。
モディ首相は全ての有資格者に接種を求め、一方ダライ・ラマ法王は「医師を含む信頼できる友人たちから接種すべきだと勧められた。深刻な問題と闘うため、接種はとても有効だ」という声明を出されました。
 

 さて、メタボ大王で基礎疾患アリアリ良人は先々週くらいから準備を進め、接種日に「このヒトは、コレそれの基礎疾患がありますよう」というお医者さまが書いてくださった英文レターを持って、私立病院へ。
7EF5AC40-0F35-40D9-BDA7-D85A48760AF8

29B346D8-5BB4-46A2-924E-C12E869A7677

9599B0CB-FFC7-44BB-9761-10BAF4D62A79



ここで、インドで製造されたアストラゼネカ社のコヴィシールドというワクチン接種を受けました。
5801B85C-F77C-4B95-99B1-9A75400A053F
E18C6D5F-354F-4AAB-9C1D-E7C85347C2F2
コヴィシールド


良人は、先週末までは不安のようなものを口にしていましたが、接種前日は心も決まったようで、当日朝、元気に出かけ、接種し、仕事をし、夜、やっぱり元気に帰ってきました。

トラブルは、受付で一度だけ、「アナタは受けられません」と言われた時。
A4421345-0680-4882-937C-31B2E092FDEF
しかし、そこはnoをyesにする、交渉の国インド。良人はゴネて…いや、受付の方と交渉し☺️、ワクチン接種ができることになりました。
接種後は15分病院で待機。
A58427D0-D0D8-4D38-97B6-DB48EED4C645

費用は総額750ルピー(公立病院だと無料)。

4D32C6BA-213A-4A1C-9CD2-5C922712D5CF

 外人で基礎疾患があっても接種させていただけることに感謝です。
一晩たった後も、そして今日も、良人はケロっとしており、接種跡も腫れておらず、こうなると、
「アレは本物のワクチンかなぁ…」などと罰当たりなことを言っています。

インドで承認されているワクチンにはもう一つコバクシンと言うものがありますが、安全性という面だけでなく、コヴィシールドと根本的なワクチンの働き方の、良い悪いで単純な判断をしかねる違いがあるようです。コロナはこれからも引き続き流行する長く付き合う風邪なのでしょうが、私は健康体でまだまだ順番が回ってくるのは先と思われます。理科系脳ゼロの私ですが、良人の接種を機会に、少しずつインドのcovid-19ワクチンについてゆっくり勉強し、順番が回ってくるまでに理解し納得して、ニコニコ接種しようと考えてます。


接種の日の夕食は、トマトプロジェクトさんのキムチでキムチ鍋。
7FCB9A0C-5CE8-42F2-A3B8-680C28517BB9
なんとなく身体を冷やさない方が良い気がしたので(^^)。ハフハフしながら汗をいっぱいかきました。

2回目接種の様子⬇︎


 
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村