陽はすでにカンジス川から

こんにちは、Yukettaです。夫の駐在に帯同して参りました。 危険情報や感染病情報は海外安全ホームページにお任せして、こちらでは楽しいインドの生活日記や様子をお届けしたいです。

#インド

Yukettaのシッキム・ダージリン紀行①ダージリンの思い出と共に旅準備

連休を利用し、シッキム・ダージリンへ行き、昨日無事に帰ってきました。ものすごく疲れたけど、良い旅でした。

二十数年前のダージリン旅
 実はダージリンへは、インド初駐在の時に何度か行っていっています。初めてダージリンへ訪れた時はモンスーン。飛行機へ乗る前に、空港からダージリンの街へ行くまでの道が雨で閉鎖されたという知らせを受け、
「どうなるんかいな」
と思いながら、それでも私たち夫婦はダージリンへ飛びました。
空港ではジープと英語を解さない運転手さんが待っていました。旅行会社は電話で、その車と運転手さんが裏道でダージリンの街へ連れて行ってくれると言いました。

 果たして、その高地・ダージリンへの裏道は、細く、暗く、うねっており、雨と霧で視界が悪い。私の目には数十メートル先の道路が見えません。その道を減速せず、クネクネの、なんだ坂こんな坂を無言でガンガン車を走らせる運転手さん。なるほど、雨と霧が美味しいお茶の葉を育てるって本当だな、ふむふむ…なーんて感じる余裕は、もちろんありません。
「私はここで絶対死ぬ、絶対の絶対、死ぬ。
明日か明後日の新聞に『邦人夫婦、インドダージリンで死亡』って載る!」
と、私たちのパスポート写真がくすんだ形で表される新聞のイメージまで思い浮かべてしまうのでした。

 一方、そんなにも想像を豊かにしている私の隣では、夫は寝ておりました。寝ていたと言うと、さも肝の座った男という感じですが、彼の身体を揺らしてみても起きないし、身体が骨が抜けたようにくにゃくにゃです。きっと彼は気を失っていたのだと思います。こうして夫は現実逃避思考、私は現実を最後まで見ていないと気が済まない、とまあ、夫婦の嗜好と言いますか気質と言いますか、その明らかな違いをハッキリ確認した旅でもありました。因みに、現実逃避思考の方が人生は幸せだと私は思います。私みたいなのはソンだ。

  こんなに恐ろしい思いをしたのに何故ダージリンに何度も行きたくなったか(母まで連れて行ってしまった)。それは何よりも、人が良いからです。街にはわたしたちと同じような薄い顔をした人々がおり、自分の血が彼らとの近さを感じ、親しみが持てました。また当時、インドの旅行と言うと、頼みもしないのに写真を撮られて、要らないというと、目の前で即席に出来上がった自分が写っている写真を破られたり、またガイドさんにやっぱり頼みもしない土産物屋に連れていかれ、それが現実の生活と見合わない高価な絨毯とか宝石屋だったり。
「コノヒトタチ、私たち夫婦からお金を巻き上げようとしている〜!!
もうイヤ!」
という被害妄想に陥るほど、その事にウンザリしていました。

 それが、ダージリンへ着いてから同行してくださったガイドさんが紹介してくれたのは、紅茶屋さんのみ。それもお茶畑をいくつか巡り、工場でお茶のできるまでの行程を知り、紅茶の等級を習い、初めて
「紅茶の良いお店を彼から紹介してもらってから買いたい!」
と心から思い、それを伝えた後のことです。そのガイドさんの名前はビシューさんと言いました。
 旅のある日、お茶畑に立ちながらビシューさんに、インドでリラックスができる旅がしたいと話をしたとこの事です。彼は、うっすらと霧に覆われた茶畑の先を指差しながら、
「彼方はブータン、こちらはシッキム、向こうはアッサム、何処もリラーックス出来る旅ができます。ぜひ次回はゆっくり日にちをかけて来てください。」
と静かに仰いました。
 さて、今回の旅は、ビシューさんが薦めてくださったシッキムにも行ってみる事にしました。彼のオススメから20年以上経ってようやく。またそれは、映画「きっとうまくいく3idiots」を観てから始まったチベット文化からの誘い(いざない)でもあります。あの映画は、私をラダックへ連れて行き、映画「セブンイヤーズチベット」や「クンドゥン」へ導き、今度はシッキムへ足を向かわせました。とはいえこの導きはすでに、初めてダージリンへ行った時に始まっていたかもしれません。そんなお話は、次回以降の旅行記で綴ります。
84753E31-4D22-4ACD-ABEC-BC645D08A1E0

旅の準備
パスポート
出張PCR検査 
ワクチンパスポート
飛行機チケット
◉服装
9月のお彼岸前から、日本の1月〜2月までの準備をしました。
脱ぎ着しやすい玉ねぎスタイルです。
靴はスニーカー。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村 

インドで冷たい紫蘇ジェノベーゼ・パスタ


デリー準州、陽性率1%切りからもうすぐ3ヶ月、死者数ゼロから1ヶ月半、そして今日も陽性率は0.1以下を保っています。

次も来るだろうと覚悟を決め、今は気をつけながら、でも積極的に動こう。
まずはリアルな友人作り。
握手やハグがなくてもリア充はできることを実現し、次の嵐に備えよう。
そして、その時も辛抱強く明るく篭ろう。

という事で、先週末、初めてインドで会社以外の日本人の方とまともにお話ししました☺️。
これで、リア友ゼロ更新記録、赴任7ヶ月後にめでたくストップです💕。
これまでの駐在地では、赴任直後はその土地の先輩奥様からのお声ががりをじっと待つといった暗黙の了解がありましたが、そのしきたりを守っていてはコロナ禍では動けません。そんな中SNSがあって本当によかった。これからは、これまでと全く違う人間関係作りが必要になりそう。人々は模索しながらきっとそれを成していくのだろうと思います。
8BEDC4F4-39A2-49CC-98B8-1F41FD96220D
また今週は、我が家の育ち過ぎ紫蘇を幾本か、現実の友人にもらって頂けました。
出会い方は手探りですが、一歩、一歩進んでいます。


 紫蘇ジェノベーゼのカラマリ冷製パスタ
13663C4F-77F6-4950-8628-003D9C3829E7

 
バジルの代わりに紫蘇を使い、松の実の代わりにピーナッツを使い、チーズは無し…という事で、すでに「ジェノバ風」は皆無ではありますが、なんとな〜く😅😅😅。しかし、インドでこのパスタが作れて、私はとっても嬉しい🥰。

⬇︎フードプロセッサーで混ぜるもの。
左下はイカの煮汁です。
 C86C1D05-6F25-467E-ADC0-8757E11B503C
⬇︎入っているのは冷ましたイカの煮汁と、インドのレモン、インドのピーナッツ、ニンニク、塩です。
41FAEE95-4787-403E-8410-AAC100CA5FF9
紫蘇もオリーブオイルも入れて、ガガガガガガ〜。
3DCDF40D-03F4-4044-87F1-608FBD12AB1D
紫蘇ジェノベーゼができましたヨ。
76AFC093-DDFE-4A73-9645-792CA320D2EB
イタリアンだけど、ああ、ニッポン!って香り~♪。
 
茹でて氷水で締めてよく水を切ったパスタ(お素麺でも美味しい)と絡めてて出来上がり。
B49EF4CD-759E-4CB8-A99B-C2E8189C5DF6
トッピングに糸唐辛子をのせました。因みに、糸唐辛子は日本で求めましたが、一袋あるだけで結構使いでがあります☺️。


まだまだ暑さはつづきそうで、紫蘇も穂をつけずに育っているので、もう一回くらい作れそうなことも嬉しい😋。
6D906695-25AB-452D-89BF-EBEB11AA4454
 そうそう、なんちゃってジェノベーゼ、まだレシピがあるんです。そんなソースはまたいずれ☺️。

以前の紫蘇のお話



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

モンスーン越しコーヒー

モンスーン・マラバールコーヒーを頂いたよ!

 モンスーン・マラバールはインド発、インドならではのコーヒーです。

Devan'sとモンスーン・コーヒーに触れた過去記事↓
  

モンスーン・マラバールは苦味酸味限りなく抑え目、まある~い味わい。
C3F8755F-4CD7-4A97-9C5B-C4610DE643BE

Devan'sの説明、「メロウなテイスト」は、言い得て妙です。
EDCAA3F9-52A9-423C-9CD3-A4ADD5A68184
ガサツな人間なので、木や黴、ナッツの香りはわかりませんでしたが、雑味のなさがブルマンに通じる気がしました。


モンスーン越え・湿気越え
 高温多湿のモンスーン(梅雨みたいな時期)時に豆を乾燥熟成なんて、まるで梅仕事の梅雨越しのよう。梅干しをかびさせない苦労がわかるだけに、きっとこのコーヒー豆も手がかかっているのだろうと想像します。歴史を背負っているところもステキ🥰。
コーヒー好き、とりわけブルマン好きな方は、きっと好きと確信します。
ものが腐りやすい時期を自然の恵みと人々の知恵で乗り越えた豆は、身体にも良さげ。
こんなところも、梅干しと一緒だナア。
きっといろんな災いから守ってくれるような気がします(^^)。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

光に向かって

本日のお篭りごはん
豆腐丼。
トマトプロジェクトさんが届けてくださった元気屋さんの豆腐の絹ごしを使って。
インスタであがったレシピだけど、もう探せない〜💦。
オリジナルさん勝手に真似してごめんなさい🙏。
IMG_8016
チンごはんに、冷た〜い絹ごし元気豆腐をのせ、冷蔵庫のオクラ、たっぷり生姜、間引きした二十日大根の芽をのせ、アツアツごま油をジャジャジャジャ~。お醤油タラーリ。冷た〜いのと、あったか〜いのとの対比がゼイタク~♪。
簡単&美味しいお篭りごはんです😋。 

デリー首都圏首相のツイート

デリーのワクチンセンターの様子を、デリー首相ケジリワルさんがツイート。彼の発言には虚飾が無い。その彼に、エクセレント、アレンジメンツと評価されたワクチンセンターが頼もしいです。もしワクチンの量が充実していれば3ヶ月でデリーのワクチン接種目標に届くと言う。


生来の楽観的能天気人間なので、明るいニュースばかり追いかけてしまう。暗闇の中に明るくさす光に向かって飛べ。おそらく私の前世は羽虫だったのダ。灯りのその先で、何度もバッチーンと打たれたのかな。いや、哀れに思って毛嫌いせず逃がしてくれたはインドの人だったろうか。そして、生まれ変わるたびに飛び続けたからヒトとして生まれることが出来たのかしらん(昨晩、里中満智子さんの「ブッダをめぐる人々」を読んだので脳内輪廻モード😅)。
とにかく、頑張れデリー‼︎
私もニコニコ頑張ろう‼︎

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 

ロックダウンで伝わるインドの人情

昨日お昼過ぎ、良人から本日から始まるデリーの封鎖の知らせを電話で受け取りました。即、デリー首都圏首相・ケジリワルさんのTwitterを見ると
「今夜の午後10時(4月19日)から次の月曜日の午前6時(4月26日)までの1週間にわたる封鎖」
が既にアナウンスされていました。同じくケジリワルさんのTwitterで発表されていた18日のデリーの陽性率は、29%(東京は5%)を越えたので、仕方がないと思いました。

デリー・チーフ・ミニスター ケジリワルさんのTwitterオフィス
 

そこで慌てて(色々準備してたのになんで慌ててしまうのだろう😅😅)近所の八百屋さんに行ったら、やっぱりこれまでとは違う、ディスタンスを促す売り方。
F55E5F30-BBA8-4D87-9365-A4878F14F47F
黄色いロープの向こうへは行けません。
寂しい気持ちがし、思わず
「明日から来られないよ。」
と、話したら、八百屋のお兄さんが、レシート紙をビリビリ破って、
「ここに電話してくれたら届けに行くよ。」
と、仰いました。人情に惚れます。
98D0967D-0362-49AF-9220-8B9D5B5D9051

宅配サービスのサイトはたくさんあるけど、こうしたコミュニケーションがとりたくて、市場へ行くんだよナ。インド人との電話会話、スッゴク難しいけど頑張ってみるか。
それにしても、昨年のロックダウンで、インドに住んでいる人々は誰も彼も、沢山沢山、工夫したんだね。こんな一件でそれがとても良くわかる。そうしたものに助けられているなぁ。ありがとう、ありがとう。

そして、日は暮れ夜になり、良人が帰宅すると、運転手さんがビールケースを一箱持って来てくださった。我が家には既に瓶缶含め9ケースストックがあったけど、これで10ケース。安心感がいっそう増します。昨日なんて混んでいただろうに…。この数週間、彼と一緒に酒屋さんへ行って酒類のストックを重ねていた事を思い出し、目頭が熱くなりました。繰り返しになるけど、本当に人々の善意に守られている。だからこそ、気をつけて過ごそうと思います。
  にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
 
プロフィール

Yuketta

こんにちはYukettaです。回り回って最初の駐在地ニューデリーに戻って参りました。4コマ漫画のように、最後はクスッと笑ってしまう日々を与えてくれるインドが大好きです。大変化を遂げたこの大都市と初めて出会った場所のつもりで向き合っていきたいです。

非公開メッセージはこちらへ
最新コメント
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

https://b.blogmura.com/overseas/delhi/88_31.gif
https://b.blogmura.com/overseas/india/88_31.gif
  • ライブドアブログ